プロフィール

schnauzer

Author:schnauzer
脱原発にめざめました。
再生可能エネルギーにも大いに興味あり。
学んだこと、見聞きしたことを綴っていきます。一緒に考えませんか?

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

フリーエリア

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原発豚でなく原発利益共同体の狙いを見定めよう

2014.08.26 22:12|脱原発
8/23 デモクラTV 本会議 

吉井英勝氏(日本共産党中央委員、前衆議院議員)がゲストとして登場して、原子力村について簡潔に説明してくれています。
原発再稼働と原発輸出は不可分なものであること。そして、家畜小屋の原発豚ばかり見ていると事の本質を見失うと警告しています。

吉井さんは、京大工学部原子核工学科を卒業しており、3.11以前より原発の危険性についてするどく指摘していました。70歳になったので衆議院選挙に出馬せず引退しています。

発言のほんの一部ですが示唆に富んでいますので、ご紹介します。

吉井
さきほど原子力村とか村人とか話が出ていましたが、きちんと見ておかなくてはいけないのは、原発1基作るのに5000億くらいかかります。電力は原発をいくらやったって、総括原価方式ですから損はしないんです。

原発1基作れば5000億の仕事で、東日本は東芝・日立ですし、西日本は三菱が中心ですが、原発メーカーが独占的に仕事をとるわけですね。
原発の建物はよく見れば、あれは鉄鋼とコンクリートの塊なんです。鉄鋼というのは、新日鉄などですね。巨大メーカーです。それから計画して電気を送りだすまで10年かかりますから、長期の資金調達はメガバンクが引受けるわけです。

この電力・鉄鋼・メガバンクというのは、日本財界の中枢ですね。

私は、これを原発利益共同体と呼んでいるんですけれども、原発利益共同体が経営している一見みれば家畜小屋の原発豚みたいな人達が、よく村人と呼ばれる人達だと思うんです。そういう財界中枢から500万や1000万の献金をもらってちょろちょろしている豚達、財界中枢部をいっしょくたにして村人と呼んでしまうと、事の本質を曖昧にしてしまうんです。物事はそこにあるんです。

原発利益共同体は今何を考えているかといったら、原発輸出と再稼働です。

原発輸出というのは、自動車の輸出と全く違うところは、システム輸出ですから、相手国で原発を建設している間に、日本の原発へ相手国の若者を連れて来て教育訓練する必要があるんです。

運転の訓練だけでなく、定期点検の時にはどこを修理して点検しなさいよ、検査機器はどういうふうに扱いなさいよということの訓練を受けてもらわなくてはいけない。つまり原発輸出と原発再稼働は一体不可分のものなんです。

横尾
再稼働してないと出来ないですもんね。

吉井
そうです。これが原発利益共同体の狙いであって、そのセールスの営業課長の役割をする政治屋さんもおれば、審議会メンバーに選んでもろうたとか言って喜んでいる学者と称する人がおったりとかですね、まあ家畜小屋の中には様々な豚がおりますけれども、やっぱり事の本質だけはきちっと見定めておくことが大事だと思います。

高瀬
なかなかこれ巨大な壁というか、まずいですよね。

吉井
それは半端でないですね。ですから原発利益共同体が今原子力産業協会を作っていますね。あの会長は新日鉄の元会長で、日本経団連の名誉会長をやっている今井(敬)さんですね。

山田
今の官邸の安倍の主席秘書官(今井尚哉たかや 資源エネルギー庁次長から政務担当の筆頭首相秘書官 by schnauzer)の伯父さんですね。 僕は、今井さん(敬?)がそういう意味では今力をもっている人だと思うんですけどね。

吉井
不思議なのは、普通は官僚出身の秘書官は事務方の秘書官が多いでしょう。政務秘書官ですから。ですから、営業課長として走ってもらう上では、非常によく考えた人事かなという感じがしますけどもね。

====================
安倍首相は、何回外遊をしたでしょうか。 そのすべてに経済界を代表する会社が何十社も同行しているそうです。
国民が土砂災害に苦しもうがゴルフを楽しみ、原発の被害で家をおわれる人が3年半たっても沢山いようが原発を再稼働しようとするなど、この政権は露骨に財界の方を向いています。リニアしかり、カジノしかり・・・。

集団的自衛権の問題も、企業の海外進出がテロなどに巻き込まれる危険性が非常に高まったので(アルジェリアなどで)、戦後これまであまり心配してこなかった経済界からの圧力も強いと思います。







スポンサーサイト

今年もよろしくお願いいたしますワン!

2014.01.02 15:42|脱原発
新年おめでとうございます!!

2014年も少しずつブログを更新していくつもりで、テンプレートを一新してみました。

東京都は都知事選が2月にあり、東京電力の原発の電気を利用してきた都民としては、脱原発の都知事が絶対に必要です。
この都知事選は、突然降ってきたような僥倖のように思えますが、よく考えればここで原発推進の都知事が当選してしまったら、これまでより形成不利になりそうなので、要注意です。

脱原発の新都知事を当選させ、東電が再稼働を目論んでいる柏崎刈羽原発のある新潟県で再稼働に抵抗してくれている泉田知事と新都知事の二人に、東電管内の市民が連帯して、何とか再稼働を阻止して行きましょう。

よろしくお付き合い下さい。




サッチャー氏の死で、脱原発を考える

2013.04.10 00:13|脱原発
4/8 サッチャー元英首相が亡くなりました。
長年英国の保守党政権を担い、その強硬姿勢を「鉄の女」と呼ばれ、その経済政策に対する評価も、賛否両論あります。 
schnauzerの最近の関心事からすると、当時、政権を揺るがす炭鉱労働組合の弱体化を図るために原発の推進を計画し、その根拠としての「地球温暖化」に大きな影響を与えた人という理解です。新聞には一言も書いてありませんけれど。

このニュースから考えたことを一言。

3.11後、古い友人たちと会った時、「原発に反対している」と言ってみたところ、一人が「原発なくなったら電気はどうなるの?」と問うので、「火力発電所があるので大丈夫」
するとすかさず「だって、火力発電所でCO2出したら、地球温暖化はどうなるの!」と叫ばれました。 その洗脳され振りは素晴らしい。
「地球は温暖化していないし、局所的に温暖化しているところがあったとしても、それはCO2のためだけではないのだ・・・」と言ってみたところで、説得出来るわけもありません。

その後、この「地球温暖化CO2犯人説」については、本を読んだり、動画をみたりしています。
長いストーリーがあります。 マスメディアを盲目的に信じる日本より、欧米の方がこの呪縛は少ないようで、情報は沢山あります。
一方、日本のメディアではタブーのひとつであるのか、疑問の声は上がりませんが、政治家も環境省もみな分かっていて、信じている振りをしているのだと考えています。

すなわち、政治的に利用された「地球温暖化CO2犯人説」ですが、そもそも地球は温暖化しているとはいえないし、むしろ、寒くなる方向にある。 もし局所的に温暖化している所があってもCO2のせいとはいえず、それは様々な影響による。
地震の予知が出来ないのと同様に、地球の事はまだよく分かっていない。 
しかし、誰にとっても、単純で分かりやすいこの正義は、政治的に利用され、排出権の問題となり、原発の推進にも明らかに利用された。
地球は寒冷化するより温暖化した方が、人間にとっては住みやすい。

schnauzerはこのCO2温暖化説については、かなり前から疑問を持っていたので、呪縛を解くのは早かったのですが、今のメディアの状況を考えると、これを全国区にするのは、なかなか難しいと思っています。
ですが、脱原発をうたい、代替エネルギーには、火力はCO2が出て温暖化するので再生可能エネルギーを推奨すると説く人には疑問を感じ、脱原発を志す同志か否かを見分けるのに、よい指標になっています。

こんな動画がありますので、時間のある時にご覧ください。
地球温暖化詐欺 5/8

schnauzerも知らない動画がありますね。見るのが楽しみ~。
地球温暖化CO2犯人説のウソ
丸山、赤祖父、渡辺の各氏は、「温暖化」説に疑問を呈する学者です。




年の初めに

2013.01.01 23:47|脱原発
あけましておめでとうございます

今年も脱原発の実現に向けて頑張りましょうね!

1



除染も避難も やらなければ・・・

2012.05.20 23:36|脱原発
しばらくなかった被曝した人々の実態を追った番組、NHK Eテレ 『ETV特集 除染と避難のはざまで ~父親たちの250日~』
今見終わりました。

南相馬市の除染指導を行っている東大の児玉教授
・・・「避難か除染かという風に問題を2分しないで、避難も除染も徹底的に行う。そして住民の判断を尊重する。住民がこういう府にしたいというところを応援していくという風に、いろいろな力をあわせることが今一番大事になっている。」

南相馬市ではまだ本格的な除染は始まっていない。

再放送は、来週5月27日(日) 午前0時50分にあります。



脱原発にエールの贈り物

2012.04.05 18:19|脱原発
昨日手作りのすてきなお湯のみを戴きました。
写真が苦手なので上手く撮れませんが、とてもよい色合い。
ありがとうございます。

時々一服しながら、脱原発をめざします。

4/4



明日再稼働の政治判断始まる?

2012.04.02 23:55|脱原発
大飯原発3、4号機の再稼働問題について、3日に関係4閣僚の協議が行われると報道されました。
ただ、同日中に政治判断の結論までは出さず、協議を重ねる方向とのことですが。
あくまでも再稼働ありきですが、国民の命をこの顔ぶれに任せるというのも苛立ちを通り過ぎて何か滑稽。
海外から見ると、おかしな国なんでしょうねぇ。

本日(2日)の参議院予算委員会での枝野経産相の答弁を新聞各紙から拾ってみると、

*安全評価(ストレステスト)の1次評価結果に関し「今の段階で私自身が内容に納得してなく、国民に一定の理解をいただけると得心しているわけでもない」(47NEWS)

*現時点では私も再稼働には反対だ」
*「地元の理解」について、「日本全国に福島(原発)の事故は直接、間接の影響を及ぼしている。そういう意味では『日本全国』が地元だ」(朝日)

*政府が再稼働に踏み切る判断材料として「(地元の)同意という言葉は使っていない」とも述べ、手続き上は「同意」は必要ないとの認識も示した。(毎日)

=====
さすが弁護士だけあって、言葉を巧みに使い言質をとらせません。

「さようなら原発1000万人アクション3/24」

2012.03.25 17:53|脱原発
さて、ご承知のように、東京電力管内の原発で唯一動いている柏崎刈羽6号機が定期検査のため、25日午後2時より出力を下げ、26日未明に原子炉を停止します。

これで、東京電力管内では、原子力発電所の発電による電気はなくなります。
2003年にもすべて止まっていたことがあったのですから、全く問題なしです。
東京電力のサイトのでんき予報も、昨年の同時期の日曜日、この日は皆で節電していたと思いますが、この日より本日の方が使用電力量は低いです。 (このでんき予報は、サイトの奥にかくれてしまっています。 節電しなくていいということね)

昨日schnauzerは、日比谷野外音楽堂で開かれた「さようなら原発1000万人アクション3/24」の集会とデモに参加してきました。

呼びかけ人の鎌田慧氏。 雨がまだ降っていて寒かった。
3.24-1

天気予報どおり雨が止んできました。
3.24-2

数寄屋橋交差点付近
3.24-3

東京駅八重洲口前を通り、解散地の常盤橋公園に到着。 その後のグループ
3.24-4

主催者の発表で6000人の参加者があったようですが、マスメディアでは何の報道もなかったようですね。
東京新聞でも、こちら特報部の「橋下思想に地方共鳴」の記事のデスクメモに少し触れられていた程度。
しかし、貴重な報道なので引用します。

大阪をしのぐ「日本憂う」熱気と志を集めた週末の東京・日比谷野音。再稼働の動きを前にした「さようなら原発1千万人アクション」の訴え-。「原発が54基あって食品放射能測定器もない国だとは」「原爆2世、3世と同じ差別が福島で始まった」「天災は止められなけど、人災は止められる」

報道されなくても、なるべく参加して意思表示していこうと考えています。






3.11 脱原発デモに参加

2012.03.12 23:07|脱原発
昨日の3.11をどう過ごされたでしょうか。

schnauzer.jpgは、「3・11 東京大行進」と「国会囲もうヒューマンチェーン」に参加してきましたので、その様子を紹介します。

3.11-1日比谷公園の噴水の周りでは、3/10~11東日本大震災市民のつどい『Peace On Earth』という催しがありました。 報道では国立劇場の政府主催の慰霊祭に対比した市民の慰霊祭のような扱いでしたが、少し違っているようです。



3.11以降、市民はこれまですべてをお上に任せしてきたことを反省し、市民の側から立ちあがろうという場のように思います。 それぞれの主張をもった市民のテントが沢山あり、山口県上関原発に反対している祝島の皆さんの「寒干し大根」を購入。 裏に<<原発のカネに頼らない町づくり・島おこしの運動の一環として特産品づくりをしています>>



3.11-3「3・11 東京大行進」は、日比谷公園の図書館脇に集まりました。 主催者や協力団体の挨拶のあと、いわき市のママから、こどもにマスクをさせたいがさせられる雰囲気でないので、署名を集め県に学校からマスクを配ってほしいと頼んだが、インフルエンザなどなら可能だがと拒否されたとの報告。 

ドイツ緑の党連邦議会議員・原子力政策担当ジルビア・コッティング=ウールさんは、ドイツでは、多くの市民がデモをして国の政策を変えた。もっと声をあげよう。 今回、日本の1000万人署名にと、ドイツの国会議員や市民の5000人の署名を持ってきた。 一緒に頑張りましょうと挨拶。 大きな拍手が上がりました。

人類学者で最近「グリーンアクティブ」を興した中沢新一さんは、3・11前もその後も多くの集団が脱原発を掲げて運動してきたが、大きな力になっていない。その間を結ぶ『のり』の役目を果たしたい。

テノール歌手のステファノ・ロドラさんが、ヘンデルの『オンブラ・マイ・フ』とプッチーニの『誰も寝てはならぬ』を熱唱。 (写真中央) こういう時に歌といえば「ふるさと」が定番ですが、この横並びの選曲が苦手なのでイタリア語、よかったですよ。 
その後2時46分に黙とう
主催者から、もし原発の再稼働があっても、運動はずっと続けていきましょうに呼応した大拍手で、行進が始まりました。


3.11-4このデモ行進の参加者は、6・11に6万人集まった集会とは違い、個人や小さい団体の集まった感じ。 ほとんどが3・11に脱原発のデモや集会に行きたいと、インターネットで情報を得たと思います。

HPによると、いくつかのグループに分かれているようでしたので、ドラムのグループに入りたかったけれど、全くオーガナイズされていないので、どこのグループに入ったのかよく分からずデモに加わる。
             おもしろいコスチューム3.11-5

3.11-6    東電前 
3.11-7
  






    マリオン前

3.11-7 パントマイム?

3.11-8
延々と続くデモ隊

3.11-8
経産省前のテントとその前で手を振る人々

3.11-9
ドラムグループ 赤黄の旗の間にドラムや太鼓が乗っていて、それを赤黄の旗の人が前に動かす。 叩く人は歩きながら。 よく考えてあります。 元気の出る音が響きます。
3.11-9

3.11-10
デモを終えて国会議事堂に移動中。 経産省前にまだ続くデモ。

3.11-12
国会議事堂正面までやって来ました。 国会を囲むと云っても、道をはさんで囲むということのようです。
3.11-12
国会を囲むヒューマンチェーンの人々が既に囲んでいます。 どこまで行けばよいのか見当がつきません。
3.11-13
解散の日比谷公園でこういうキャンドルを配ってくれました。 準備が大変だったことでしょう。 無料なのでカンパをしました。
3.11-16
こんな感じです。 途中で通り雨がふってきたり・・・。

3.11-15
キレイですね。

しかし、正門からはずっと離れていたためいつチェーンが国会を囲んだのかよく分かりませんでした。 結局総理官邸の近くに人々が立ち寄れなかったようで、本当の意味でのチェーンにはならなかったけれどその場所以外は繋がったとのことでした。 もう少し上手くオーガナイズしてくれたら2重のチェーンになったかもしれません。

政治家のいない国会議事堂を取り囲むということに何ほどの意味があるかよくわかりませんが、(というのは、議事堂の横の門から出前の自転車が出入りしていたので)市民がネットで集まり行動するという新しい動きを体験出来ました。
今回は初デモの知人と一緒。 会場で脱原発世界会議で知り合った人と偶然出会い三人で行動。 ヒューマンチェーンに参加した知人とは残念ながら出会えませんでしたが、体験は共有できたと思っています。

また次の機会に参加します。



強い藤波さん 応援します

2012.03.01 22:54|脱原発
昨日話題にした15歳の藤波心さん。 どうして脱原発を発言するようになったのかが、この記事で分かります。 (1/22 東京新聞)

脱原発のココロ  中学生アイドル 藤波 心さん(15)
危機感語ったブログ炎上

・・・・・普段は兵庫県内の公立中学校に通うが、テレビのニュースで、原発の安全性を繰り返すことに疑問を持った。 重大な事故にもかかわらず、同級生が「震災や原発事故の報道ばかりでつまらない。 早くバラエティーやドラマを見たい」と不満を口にしたことに衝撃を受けた。 自分は毎日、放射能の不安におびえながらニュースを見ているのに。 「とんでもないことが起こっているのに、これでいいのかな」・・・・・

その後自身のブログに・・・・・
原子力 それはまさにパンドラの箱です。 檻から解き放たれた猛獣・・・。 いつおそいかかるかわからない猛獣と同居できるほど私は神経太くない・・・。 あなたはそれでも、便利と引き換えにこれからも、パンドラの箱を開き続けますか??? ・・・・・

反響はすさまじく、心ない中傷も少なくなかった。 友人からも距離置かれ、アイドルをやめることになるかもしれないと一時はひきこもり状態になったが、著名人や文化人からコメントに賛意を示し、母親から背中をおされた。

藤波心1

藤波さんのお母さんは、十代で原因不明の病気にかかり命の危険を伴いながら娘を産んだ。 健康には人一倍気を使って育てられた。 インスタント食品やファーストフードはほとんど口にしていない。

・・・・・青春時代を謳歌できなかったという後悔があり、「健康なうちに好きなことを一生懸命やりなさい」と小さいころから繰り返し言われた。・・・・自分が素直に思ったことを人前で発言することが「少しでも多くの人に原発のことを考え、議論してもらうきっかけになる」と信じているから。

藤波心2


大阪、神戸、京都の3市 「脱原発」意見書を関電に提出

2012.02.27 23:53|脱原発
都庁への給電を要請された中部電力は、管内の浜岡原発が運転停止していることや、関西電力や九州電力に電力を融通していて供給力が安定していないと断り、猪瀬副知事もそれを了承したようです。 

東電の値上げを受けて、都庁と同様に東京電力管内の会社など10社前後から電力を供給してもらえないかという要請があったそうです。 

副知事 「電力会社の管内をまたいで電力を供給することは論理的に可能であり、需給が安定したらいつでも供給について話し合おうと合意できた。そのときは中部電力が提示する価格と東京電力が提示する価格がどっちが安いかを利用者が考えて市場価格が決まることになる。そのほうが電力の安定供給につながる」

関電:大阪、神戸、京都の3市 「脱原発」意見書を提出 (2/27 毎日

大阪、神戸、京都の3市は27日、関西電力に対し、脱原発依存や発送電分離を求める意見書を連名で提出した。「大規模集中型電源の脆弱(ぜいじゃく)性は明らか」と主張している。3市は関電株を保有しており、大阪市の橋下徹市長は株主提案権を行使する方針。意見書で3市の足並みをそろえ、提案権行使での連携につなげる狙いがある。

意見書は「再生可能エネルギーを中心とした小規模分散型電源の普及と地産地消のエネルギー社会の構築が必要」と指摘。天然ガスを利用した火力発電など、原発に依存しない供給体制の確立▽発電・送電部門の分離▽需給情報の開示▽料金低減や安定化に向けた経営方針の転換--の4項目について、3月15日までの回答を求めている。

 

何か腹立たしい!

2012.02.26 23:51|脱原発
また、何かあったようです。

東京電力 プレスリリース 柏崎刈羽原子力発電所5号機熱交換器建屋内(非管理区域)における発煙の発生について 平成24年2月26日 

平成24年2月25日午後11時36分頃、5号機中央制御室において鉄イオン注入設備*の異常を示す警報が発生したことから、当社社員が速やかに現場の確認を行ったところ、運転中の鉄イオン注入ポンプ(海水供給ポンプ)軸受け付近より発煙を確認しました。ただちに消防署へ通報するとともに、当該ポンプを停止いたしました。
消防署により現場の確認をいただいた結果、2月26日午前1時41分に火災ではないと判断されました。
       
当該事象が発生した際に、現場で作業は行っておらず、作業員はおりませんでした。
なお、本事象による負傷者および外部への放射能の影響はありません。
今後、原因について詳細に調査いたします。

=====
作業員がいないところで、発煙していた・・・もし先日の「もんじゅ」のように ヒューズが切れて電源が落ちて警報機が作動しなかったらどうなるのでしょう。 ニュースによると消防車が9台出動したとのこと・・・。 
5号機は定期検査により停止中でした。 ここの7号機(ABWR)はヨルダンへ輸出しようとしている型と同じものなので、再稼働出来ないとヨルダンへ輸出しにくいという話しもあります。 よって今のところ再稼働の気配はないけれど注意していく必要があると考えています。 ヨルダンに提案中の型は、ATMEA1型という資料も読んだので、ここの再稼働は心配しなくてもよいかもしれません。(2/29 追記)

原発が止まると電気が足りなくて日本経済がダメになるので、再稼働やむなしという意見がまだありますが、(本日のNHK 日曜討論にもそういう政治家がおりました。 勉強不足です。 情けなし)日本にとって大切なのは、産業なのでしょうか。 国民は主権者で一人一人が大切なのでは? 経済効率ばかり追ってきて、今わが国は傾きかけています。 

安定した電気が足らないと企業が海外に逃げてしまうという意見もまかり通っていますが、アジアの方が電気はもっと不安定。 企業が海外に行くのは、日本では人件費が高いから。 そしてすでに海外に出て行っています。

たかが電気が夏場の数時間に足りるか足りないかということで、何故原子力発電所を動かさなくてはならないのか、全く分かりませんね。 100歩譲って原発再稼働と電気代金の値上げを天秤にかけるなら、喜んで電気代金の値上げを選ぶに決まっているでしょう。

電気値上げ 燃料高値買いは背信だ(2)

2012.02.25 23:59|脱原発
猪瀬東京都副知事はフットワークが軽い!!

東電17%値上げ 再考促す 都、中部電に電力要請 庁舎分 (2/25 東京

東京都が新宿区の都庁舎で使用する電力の供給を中部電力(名古屋市)に要請していることが24日、分かった。2005年4月の電力自由化で、電力会社が営業区域を越えて、企業や自治体など大口需要家に電力供給することが容易になっており、都が中電と契約を結べば、他の大口需要家へ波及する可能性がある。大口需要家向けに平均17%の値上げを表明している東京電力に値上げの再考を促す狙いもある。

都が中電東京支社を通じて契約を打診した。都庁舎では今月末までの一年間では約3千8百万キロワットと見込まれ、東電へ支払う電気料金は5億5千万円に上る見通し。東電が4月以降に17%を値上げすると1億円の負担増になる。

都は停電リスクを避けるため、今年4月から西新宿の高層ビル群に地域冷暖房を供給している東京ガス子会社の発電施設から、都庁舎に3千キロワットの電力供給を受ける方針。都庁舎の契約電力は1万1千キロワットで、残る8千キロワットをすべて中電との契約に切り替えたいとの意向を示している。

東電株式の2・7%を保有する第三位株主の東京都は、東電のリストラ策など経営効率化の取り組みが不透明だとして、東電に値上げの根拠を示すよう要求。大口需要家向けの一律値上げは中小企業への打撃が大きいとして、値上げ案に強く反対している。

中電はもともと、他の電力会社と比べて原子力発電への依存度が低く、昨年5月に浜岡原発の運転を停止した後も供給余力があり、この冬も九州、関西、東北の各電力会社に電力を融通。東日本と中部を含む西日本では周波数の違いがあるが、計120万キロワットまで周波数を変換して融通できる。東日本大震災を受けて、変換設備の増強も検討されている。

中電は本紙の取材に、東京都から申し出があったことを認め「現在、検討中であり、具体的にはお話しできない」としている。

電力会社が営業区域を越えて電力供給する例としては、九州電力(福岡市)が05年11月から広島市内の大型スーパー・ジャスコ宇品店に年間1300万キロワットを供給している。

電力業界に競争原理 (2/25 東京新聞より)
東京電力の値上げ発表後、自治体や企業が相次ぎ、東電離れが広がっている。 都内23区のうち19区が入札を実施もしくは検討していた。 しかし、全国の販売電力量に占めるPPSの割合はわずか3.5%。 自治体や企業が切り替えようとしても、供給量が足らず、逆にPPSも値上げを検討せざると得ないという皮肉な状況も起きている。 

一方、中電は原発停止の影響が少なく、PPSが送電網を使う場合販売価格の2割を占める使用料もほとんどかからないというメリットもある。 東京都と中電の契約が成立すれば、中電にとっても首都圏進出への足掛かりとなる。

=====
思わぬ展開ですね。 
PPSが高くなっているという話しも聞くので、中電から買いたいという企業や自治体が続くかもしれません。
しかし、中電が値上げするとしたら、意味がないですが・・・。

原発は動かさないでおく時のコスト(固定費)がとても高いそうです。 
動かさないと赤字がどんどん増えていく・・・。 

枝野氏も、再稼働か廃炉かはっきりせずにおきその分の赤字と、一方火力発電用の燃料が増えたのでその分を払えというような電力会社の方針を認めるなど、二股をかけた政策分を消費者に負担させるのは、はっきり云って納得できません。

電気値上げ 燃料高値買いは背信だ(1)

2012.02.25 23:21|脱原発
電気料金:大幅値上げ「必然」 原発再稼働も必要--枝野経産相

枝野幸男経済産業相は24日、BS朝日の番組の収録で、原発の停止分を火力発電で代替する際の燃料費増加に伴い、電気料金が今後「1%とか2%でなく、5%とか10%とか15%というレベルで上がる」と述べ、大幅な値上げは避けられないとの見通しを示した。枝野経産相が具体的な数値を示して大幅値上げが不可避であることを認めたのは初めて。

枝野経産相は「原発を使わず、その分火力をやれば、コストはものすごくかかるので電気料金は大きく上がる」と強調。原発を使わない場合、電気料金の大幅な値上げは「必然的だ」と述べた。

 また、原発の再稼働問題については、需給逼迫(ひっぱく)を理由に安全性が未確認の原発を再稼働させることはないとした上で、「安全が確認でき、地元の理解が得られたら、今の電力の需給状況では稼働させていただく必要がある」と発言。安全性の確認と地元の理解を前提に再稼働は必要との考えを示した。

東京新聞 社説 電気値上げ 燃料高値買いは背信だ (2/25 東京

火力発電の主力燃料、液化天然ガス(LNG)を世界一の高値で買えば電気料金も自(おの)ずと高くなる。唯々諾々と産ガス国の言い値に従い、消費者にツケを回す電力業界の構造は限りなく背信に映る。

東京電力は企業向け料金の値上げ発表に続き、家庭向けも国に値上げ申請する。原発が失った発電能力を火力で補っているため、燃料費が年八千億円以上増え赤字経営に陥るからだという。

日本が保有する原発は計五十四基。福島以外の原発も周辺自治体の反対などで定期検査終了後も再稼働できず、今や動いているのはわずか二基だ。

その結果、日本の総発電量に占める原発の割合は著しく低下し、火力発電は49%から72%へと膨らんだ。東電以外も遅かれ早かれ料金を引き上げるのだろうが、値上げ理由をうのみにはできない。

火力発電にはLNGや石炭、石油が使われ、LNGが四分の三を占めるが、そのLNG調達には不可解な点があまりに多い。輸入LNGの六割は電力向けで、昨年十二月の購入価格は百万Btu(英国熱量単位)当たり約十六ドル。ところが、欧州は約十ドルで輸入し、米国は自国の地中に堆積した頁岩(けつがん)層からのシェールガス生産が始まり、三ドル前後と極めて安い。

ドイツはパイプラインで輸入するロシア産と、LNGで輸入するカタール産などを競わせて値引きを迫れるが、日本には産ガス国との間を結ぶパイプラインがない。

電力業界は高値の理由をこう説明しているが、同じ条件下の韓国は日本企業が投資したロシアのサハリン2から日本の半値以下で輸入し、三年後にはガス輸出国に転じる米国とも安値で契約済みだ。なぜ電力業界は、のほほんと大手を振っていられるのか。主たる理由は原燃料費調整制度の存在だ

産ガス国が値上げしても、為替変動で輸入価格が上昇しても、上がった分を電気料金に自動的に上乗せできる制度なので、過保護を見抜かれた電力業界は産ガス国の言い値で押し切られてしまう。

産業界からの批判を避けるため、大口企業と割引契約を結んでいるともいわれている中小・零細企業や家庭など、力の弱い需要家ばかりにツケを回し、声の大きい企業は割引で黙らせる

こんなあしき構造を許しては原燃料費調整制度を続ける政府も背信のそしりを免れない。円高を活用した海外ガス田の権益獲得など燃料調達も視野に入れた料金制度のゼロからの見直しを求める

=====
既に、毎月燃料費調整として料金値上げされています。 電気料金のお知らせをご覧ください。





明日から福井県議会が始まるようです

2012.02.23 23:50|脱原発
明日から福井県議会が開催されるそうです。 大飯原発の再稼働についての議論がどうなるのか注目しましょう。
田中龍作ジャーナルには、福井入りした田中さんを迎えた「もんじゅくん」の写真が。 「もんじゅ君」はtwitterの人気者です。

国際環境NGOのFOEなどの6市民団体が国会議員によびかけて、「原発再開は、国会の事故調の結果を待つべき」という署名を集めていました。
20日に署名を政府に提出しました。
こちら 集まった47人は誰なのかはここで確認できます。

この署名をした馬淵澄夫氏、谷岡郁子氏(先日カーター元大統領にインタビューした)などは、原子力バックエンド問題勉強会を立ち上げ、中間報告を枝野経産大臣に渡しました。
原子力バックエンド問題勉強会HP 
正面から使用済み核燃料に立ち向かっていこうということのようです。 馬淵氏は脱原発については明言を避けているところがあります。 菅総理の補佐官として福島第一原発の4号機の使用済み核燃料プールの補強などを指示し、実際に4号機の中に入ったことがきっかけで、この問題を考えるようになったということです。 現政権では、原発に対してこういうアプローチしか出来ないようです。 かなり政治的な立ち振る舞いが目立つ人のようですが、この問題は具体的にどうするのかを考えていく時期ですよね。
まあ、与党議員であっても力が発揮できないのですね。 





地震の活動期

2012.02.09 23:58|脱原発
もう一度確認しておきましょう。

プレート

佐渡の地震について政府の地震調査委員会は,しばらくの間、強い揺れの余震に注意すべきだとしています。
東京大学名誉教授で地震調査委員会の阿部勝征委員長は「今回の地震がどういったメカニズムで起きたのかは現時点ではよく分からない。・・・・」と述べたそうです。

富士山付近にしても、佐渡にしても、プレートの境界付近ですよね。

大飯原発のある若狭湾には活断層が沢山。
本当に大丈夫?
再稼働については、責任を取るの一筆を野田君に書いてもらおう。

若狭湾




原発:40年廃炉、一転「60年」容認へ

2012.01.17 23:52|脱原発
原発:40年廃炉、一転「60年」容認へ 政府が方針 (1/17 毎日

政府は17日、原則40年で廃炉にすると公表していた原発の運転期間について「20年を超えない期間、1回に限り延長を可能とする」との方針を新たに明らかにした。今月6日に細野豪志環境相が「40年で廃炉」方針を公表した際には例外もあり得るとの見解を示していたが年数は明らかにしていなかった。この「例外規定」が適用されれば、国内で今後認められる原発の運転期間は最長60年となる。【江口一】

政府は、24日に召集される通常国会に関連法案を提出し、4月1日施行を目指す。

内閣官房原子力安全規制組織等改革準備室によると、関連法案では、原子炉等規制法に「40年」の運転期間制限を明記する一方、「環境相の認可を受けて20年を超えない期間、1回に限り延長を可能とする」との規定を追加する。具体的な期間は、20年を上限に政令で定める。

延長の考え方は米国のやり方を踏襲したもの。米国では法律で認められた40年の運転期間の後、原子力規制委員会の許可が得られれば、最長20年の延長が何度でも認められる。同準備室は(の誰からの情報なのでしょうか????)「国際的な動向を参考にした」と説明する。・・・・・


元旦のトップ記事

2012.01.01 22:33|脱原発
世もかなり変わってきました。

朝日新聞の元旦のトップ記事は、

原子力業界が安全委24人に寄付 計8500万円

東京電力福島第一原子力発電所の事故時、中立的な立場で国や電力事業者を指導する権限を持つ内閣府原子力安全委員会の安全委員と非常勤の審査委員だった89人のうち、班目(まだらめ)春樹委員長を含む3割近くの24人が2010年度までの5年間に、原子力関連の企業・業界団体から計約8500万円の寄付を受けていた。朝日新聞の調べで分かった。

・・・・・中でも寄付は使途の報告義務がなく、研究者が扱いやすい金銭支援だ。安全委の委員へのその詳細が明らかになるのは初めて。委員らは影響を否定している。 (1/1 朝日

毎日新聞のトップ記事は、

核燃サイクル:直接処分コスト隠蔽 エネ庁課長04年指示
 
 経済産業省の安井正也官房審議官が経産省資源エネルギー庁の原子力政策課長を務めていた04年4月、使用済み核燃料を再処理せずそのまま捨てる「直接処分」のコスト試算の隠蔽(いんぺい)を部下に指示していたことが、関係者の証言やメモで分かった。全量再処理が国策だが、明らかになれば、直接処分が再処理より安価であることが判明し、政策変更を求める動きが加速したとみられる。

 試算は通産省(当時)の委託事業で、財団法人「原子力環境整備センター」(現原子力環境整備促進・資金管理センター)が98年、直接処分のコストを4兆2000億~6兆1000億円と算定した。直接処分なら再処理(約19兆円)の4分の1~3分の1以下ですむことを意味する。

毎日新聞が入手したメモは、経産省関係者が04年4月20日付で作成した。「部下(メモは実名)が昨日、安井課長に(試算の存在を)伝えたところ『世の中の目に触れさせないように』との厳命が下った」と記載されている。

 部下は取材に対し、安井氏から「試算を見えないところに置いておいてくれ」と指示されたことを認め「目立たないよう他の資料も山積みにしていた、いすの後ろの床の上に置いた」と証言した。

・・・・・安井氏は取材に対し「(部下が試算を持ってきたことは)あったかもしれないが(隠蔽指示は)記憶にない」と話した。(1/1毎日





 

新年のご挨拶

2012.01.01 19:06|脱原発
                  schnauzer


4月に全原発の停止濃厚 

2011.12.31 23:58|脱原発
4月に全原発の停止濃厚 80年代以降では初めて (12/31 東京)

全国の商業用原発54基が4月に全て停止する可能性が強まったことが30日、共同通信のまとめで分かった。現在稼働中の6基は来年1月以降に定期検査で順次止まり、最後の北海道電力泊原発3号機が4月下旬に停止。検査中の原発再稼働にはめどが立っておらず、政府が現状を打開できなければ稼働する原発が完全にゼロとなる。

日本原子力発電の東海原発が1966年に初の営業運転を始めて以来、草創期を除くと全原発停止は極めて異例。電力各社が競って原発事業を推進した80年代以降では初めての事態となる。
事態が長期化すれば、火力、水力発電に頼る綱渡りの電力供給が続くことになる。

=====
事実上、原発がなくても火力発電や揚水発電を使えば電力は足りていると考えています。
しかし、綱渡りの電力供給をマスコミを使って騒がれてもおもしろくないので、家庭の省電をお薦めしたい。
大企業は既に自家発電を持っているけれど、PPSに変更出来ない中小企業が、高い電力料金と電気不足によって一番打撃を受けるようです。それを助ける意味でも、家庭での省電は有効だと思います。
不要な電気は使わない。お金のある方は電球をLEDに変える。具合の悪いエアコンや冷蔵庫は思い切って新しい省エネタイプに買い替える。ゆたんぽを使う(素晴らしい省エネ健康グッズ!)などなど。

個人一人々が発電所と思って省エネをすることは、電気を余らせて発電をしていることになり、それが必要なところで使われればいいですね。
国も総理大臣がインドまで行って原発を輸出する布石を打っているので、実は国内での原発政策は諦めざるを得ないというのが本音だと思われます。しかし、新しい政策を出せずにいるので、原発がなくても電気は足りるという実績が先行するのが一番早い道なのでは。


さて、年も押し迫って参りました。
今年は自然の力の凄まじさと、知ってみれば非常におぞましい原発の裏世界に翻弄された一年でした。

個人の力は小さいものですが、それでもそれが集まって全体を形作っているのだから、出来ることをしてみようと稚拙ながらブログを綴ってきました。 
振りかえってみると、3.11の直後から簡単であっても一言ずつ書いておけばよかったと、つくづく思います。
かなりの部分が忘却のかなたです。

来年も、このブログは続けていくつもりです。
少し的を絞った方がいいのかなと考えていますが、どうしたいのかも未定。
来年もよろしくお願いいたしますschnauzer


何だかな収束宣言

2011.12.20 16:33|脱原発
野田総理が、国民が誰も信じていない前のめりの事故収束宣言をしましたが、それについて国会に設置された事故調査委員会の黒川委員長は、「どういうジャスティフィケーション(正当性)があるのか。国民とは少し受け取り方にギャップがある」と疑問を呈した。(12/19 東京)

昨日プレスクラブで細野大臣らを招いた記者会見で、原子力安全委員会の原子力安全・保安院の山形浩史原子力安全基準統括管理官は、その根拠となる「冷温停止状態」について英語で何というかとの問いに、自分の意見としてではなく、「Quasi cold shutdown(冷温停止に準ずる、もしくは擬似冷温停止)」との表現があると答え、冷温停止とは違う様相である認識を示していました。
辞書の用例には、quasi cholera 疑似コレラとのっていましたが、これってコレラではないですよ。

この収束宣言をCNNは、「日本政府は画期的な出来事としようとしているが、現実は違う。過去、約半年間の原発の安全性に関する状況は基本的に変わっていない」、ニューヨーク・タイムズは、「事故に対する世論の怒りを鎮めるためだけの勝利宣言」、ドイツの公共放送ZDFは「危機が存在しないというような言い方は間違いだ」、新華社は、日本メディアの見方として「広範囲の除染や被災者の帰宅など多くの課題を抱え、(日本政府は)社会の批判にさらされるだろう」と指摘。

国力と共に、国の信用力も落ちていくのに、拍車をかけるような野田発言ですが・・・。

そんな中、少し前のニュースですが、こんなのを見つけました。が、何だか騙して観光客を呼び込もうといっても・・・何だかですね。 この企画は正しいのでしょうかね? 立ち消えるかも。

3月11日の東日本大震災後、福島第1原発危機が発生し、外国人観光客が激減した。そのため、日本は数多くの著名人の協力(レディガガも日本観光の振興に貢献)を得て、日本を敬遠する観光客の安全不安を払拭することに努めてきた。

しかし、震災発生から半年以上経った現在でも観光客の回復がみられず、観光庁はレディガガをも超える観光促進キャンペーンを新たに画策している。今度は、何と無料で日本に招待する方針。

観光庁は来年に1万人の外国人観光客を旅費無料で日本に招待する企画を提案した。

ただし、この計画で観光客に提供されるのは航空運賃のみ。観光客は食費や宿泊費、その他費用を負担しなければならない。それでも、実施された場合のコストは約11億円が見込まれている。この金額は観光庁の2012年度予算の概算要求の約10%であり、日本観光の落ち込みの深刻さを物語っている。12年度予算は来年3月に国会で承認される予定だ。 (10/12 The Wall Street Journal


琉球新報からの記事

2011.12.04 23:46|脱原発
少し更新をお休みしてしまいましたが、実は沖縄に行っていました。
期せずして、沖縄防衛局庁の不適切発言の件で市川防衛相が仲井真知事と会談するという日に、沖縄市の県庁にほど近い場所にいることになりました。

この発言をいち早く報じた「琉球新報」を読みましたが、この事件をうけて、400年にわたって沖縄が中央から受けてきた構造的な差別についての言及が目立ちました。

初めての沖縄。観光旅行の域を全くでませんでしたが、それでも考えること多かったです。

全国紙1面で報道 社説やコラムでも言及 (12/1 琉球新報)

米軍普天間飛行場移設問題をめぐる不適切発言で田中聡前沖縄防衛局長が更迭されたニュースは、全国紙なども29日付夕刊や30日朝刊でも大きく報じた。
30日朝刊は、読売、朝日、毎日、日本経済、産経、東京新聞がいずれも1面で誌面を大きく割いて記事を掲載。2、3面や社会面でも関連記事と扱った。
社説では朝日「アセス強行はあり得ぬ」、毎日「言語道断の地元侮辱だ」、東京「政府の本音が露呈した」と、各紙が取り上げた。1面コラムでも読売、毎日、産経、東京が言及した。
======
こんなことが記事になっていました。

玄海1号機 定検で停止(12/2 琉球新報)

新MOX工場 英、建設の方針  日本所有分も加工可能 (12/3 ロンドン共同)

英政府は1日、原発の使用済み核燃料から取り出したプルトニウムを再利用するため、新たなプルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料工場を建設する方針を発表した。新工場は、英国が所有するプルトニウム役121トンを加工するのが第1の目的だが、日本の電力会社10社も11.6トンを英国に保管しており、英政府は外国所有分も新工場でMOX燃料に加工することが可能としている。

また、日本などが英国で保管するプルトニウムを譲り受けることも検討する方針。プルサーマル計画の遅れで日本が英国に保管するプルトニウムは行き場を失った状態にあるが、今後は英国への譲渡も選択肢になる可能性もある。
英メディアによると、新工場の建設地は中西部セラフィールドの原子力施設敷地内が最有力。ただ、完成までには10年以上かかる見通し。


東芝の実験炉 (川崎)

2011.11.29 23:00|脱原発
川崎の実験炉 再稼働へ 東芝「研究ニーズある」 (11/26 東京

川崎市川崎区にある東芝の原子力研究施設「東芝原子力技術研究所」の実験用原子炉が、28日にも運転を再開することが決まった。同社から通告を受けた市が25日、発表した。実験炉は3月4日から運転を停止しており、東日本大震災時は稼働していなかった。 

 東芝によると、震災発生後の3月11~12日に施設を点検し、原子炉などに異常がないことを文部科学省と川崎市に連絡。その後も同省の定期検査を受け今月28日に合格証を得たという。

 この実験炉は民間が持つ国内唯一の臨界実験装置。1963年に運転を開始し、最大熱出力200ワット。研究用なので、発電装置はない。例年、60日前後稼働させている。

東芝実験炉再稼働 市民団体「説明の場を」 文書で要求 市に問い合わせ相次ぐ (11/29 東京

 東芝の原子力研究施設「東芝原子力技術研究所」の実験用原子炉運転再開をめぐり、川崎市の主婦ら約100人でつくる「子供を放射能から守る会@川崎」は28日、市に対し「市民には原子炉の存在を知らなかった人も多い。市民への説明の場をつくって」と文書で求めた。 

 この原子炉が2004年7月には、出力上昇中に原子炉の中性子を計測する測定器の一つで設定値を超え、自動停止するトラブルを起こしたことが、文部科学省の記録にあることにも触れ「不安が募る。企業任せにしていないで」と訴えた。

 同会によると、会員の中には、市内に原子炉があることを、今回の再稼働報道で初めて知った人も多く、心配する声が寄せられているという。・・・・・

 市危機管理室にはこの日、市民からの電話が相次いだが、多くは市が再稼働の許可権限を持っていると誤解したものだったため、権限がないことを説明し、東芝の連絡先を伝えたという。

======
東京新聞朝刊に依ると、
東芝は、28日実験用原子炉を再稼働させ、その後停止させたことを、本紙の取材に明らかにした。 実験終了後に再び止めたとみられる。 ・・・・・抗議行動は、・・・・同社が米国内の原発に周辺機器を納入することにも、「原発輸入反対」と抗議した。

たった数時間稼働させたのでしょうか? 紙上にあり、ネット記事にはないので疑問です。

企業がもっている実験炉は東芝だけのようです。 
出力は少ないですが研究や教育のために大学が設置している原子炉は、近畿大学炉、京都大学研究用原子炉(大阪府 小出氏のところ)、東京大学炉((弥生」東海村 廃炉予定)、立教大学炉(横須賀市 廃炉中)、武蔵工大炉(川崎市 廃炉中)などがあります。 (廃炉については、廃炉予定なのか、廃炉中なのかははっきり分かりません)

他にも「もんじゅ」の隣に運転終了した「ふげん」、高速実験炉「常陽」、照射試験炉センター(大洗町など知らなかった炉もまだあります。 何か事故で止まっている炉が多いんですけれど・・・・・。 止まっているのに、国民の眼が届かなくて生きながらえている炉もあるのでは?と 疑いたくなります。

高浜原発2号機 定期検査へ

2011.11.24 23:55|脱原発
関電高浜原発2号機、定検へ 国内の運転中は10基に (11/24 朝日

 関西電力は24日、高浜原発2号機(福井県高浜町、82.6万キロワット)が25日から定期検査に入ると発表した。電力供給が切迫するなか、18日の予定だった定期検査入りを遅らせ、法定期限いっぱいまで運転を続けていた。

 高浜2号機の停止で、関電の11基の原発のうち8基が止まり、国内の商業用原発54基のうち運転中は10基に減る。関電は運転中の残り3基をいずれも法定期限ぎりぎりまで稼働させ、大飯2号機は12月16日、美浜2号機は12月18日、高浜3号機は来年2月20日に定期検査入りする。

 高浜2号機は今回の定期検査で2003年以来となる原子炉容器の溶接部の超音波検査をするほか、福島第一原発の事故を受け、非常用電源で動く水位計と監視カメラを使用済み燃料プールに新設する。

東電管内は脱原発が出来ます!

2011.11.22 23:47|脱原発
東電が“原発抜きの夏”を試算 今年上回る供給力 (11/22 47News

 東京電力が来年の夏に向け、保有する全ての原発が東日本大震災の影響や定期検査で停止しても、火力発電や揚水式発電の増強により、今夏の最大供給力を上回る約5700万キロワットを確保できるとの試算をまとめたことが22日、東電関係者への取材で分かった。

 東電は福島第1原発事故後も「原子力は重要な基幹電源」との立場を変えていないが、実際には原発がなくても計画停電などの影響が出ない可能性が高い。原発を中心とした供給計画を立てているほかの電力会社にも影響を与えそうだ

 国内の商業用原子炉54基のうち、東電は電力会社トップの17基を保有している。

======
何をいまさら。 そんなこととっくに分かっていますよ。

もう事実上東電管内では原発による発電は出来ません。

しかし、何を今ごろという感がぬぐえません。 原発は海外=まずはベトナムに輸出する方針転換の確約が出来たということか・・・。

反原発の記事 中傷 東京新聞の記事

2011.11.20 22:19|脱原発
本日の東京新聞の一面トップ記事は、「反原発の記事 中傷 エネ庁への報告 詳細判明」(11/20 東京

経済産業省資源エネルギー庁(エネ庁)がメディアの原発報道を監視してきた問題で、チェックされた報道の詳細が、本紙が情報公開請求で入手した同庁資料で分かった。・・・・・・

資料によると、2008~10年度までの3年間で新聞や週刊誌の記事計275件が「不正確」として報告された。事業は外部委託で行われ、各年度とも異なる財団法人が受注しており、いずれも電力関係者らが役員を務めている。

報告記事は、原発に関する日々のニュースを伝える一般記事のほか、社説、読者投稿、広告まで及び、漫画も含まれていた。・・・・・・

2009年1月6日の朝日新聞に掲載された電機メーカーの広告は、太陽光発電への取り組みをPRする内容で原発に触れていないにもかかわらず「原子力の数倍の発電量を生み出せるような誤解を招く」と指摘していた。

報告された275件の8割は、主に原発が立地する自治体をエリアとする地方紙の記事で、最多は県内に伊方原発がある愛媛新聞の28件。以下、柏崎刈羽原発を抱える新潟日報が25件、玄海原発がある佐賀新聞が21件と続いた。

新聞や週刊誌を対象とした同事業は昨年度で終了しているが、本年度はブログやツイッターなどのインターネット情報に対象を変更して継続。外部委託費の総額は四年で一億三千万円に上る。エネ庁によると、(あくまで検討資料で)これまでメディアに訂正を求めたことは一度もない

東京新聞の社会面には、具体的な沢山事例があげられています。後半がエネ庁への報告

・小沢鋭仁環境相(当時)が原発推進の姿勢を明らかにしたことを批判した南日本新聞社説(09/9/30)⇒⇒環境とエネルギーは切り離せない。環境相がエネルギーの観点をふまえた意見書を出すのは当たり前。幼稚な社説

・(原発依存は)遠い将来の核廃棄物の処理まで考えれば、最悪の政策(09/10/6 東京 本音のコラム)⇒⇒原発依存をやめればエネルギー対策として重大な支障を生じて、もっと重大なツケを子孫に残す

・(もんじゅ運転再開について)「原発推進の一機関にすぎない保安院が(再開)を認めても信頼できず・・・」(10/2/11 福井新聞)⇒⇒国の権威ある機関(保安院)の決定であり、これ以上の決定機関はない。

本年度のエネ庁のこの事業の目的は、

「原子力の数倍の発電量を生み出せるようなツイッター、ブログなどインターネット上に掲載される原子力等に関する不正確な情報又は不適切な情報を常時モニタリングし、それに対して速やかに正確な情報を提供し、又は正確な情報へ導くことで、原子力発電所の事故等に対する風評被害を防止する。」となっており、競争入札により株式会社アサツーディ・ケイが7400万円で契約しています。

これは、仕分けの対象ですね。

福島での駅伝

2011.11.15 23:33|脱原発
学ぶことが多すぎて・・・。

13日に、福島で「第27回東日本女子駅伝」が開催されてTV中継されたようですね。

この開催を心配する声が多かったようですが、心配して様子を見に行き、線量を計ったりした人がUSTREAMで報告しているのを見ました。この人によると、地元のタクシーの運転手も、実施するとは思わなかったと驚いていたとのこと。
17都同県から女子選手が集まったようですが、大丈夫なのでしょうか。 一生の卵子を体内に持っている若い女性には、なるべく危険には近づかない方がいいと考えているので、非常に困惑しています。

福島では競馬場も線量を下げるために芝を張りかえたりしてしたようですが、この秋も開催を見合わせていると知りました。

実は、13日の女子駅伝に先立って、スタートとゴール地点になっていた信夫ヶ丘競技場の除染作業が行われていたようです。

今月13日の東日本女子駅伝を前に競技場の除染が行なわれました。除染作業が行われたのは福島市の信夫ヶ丘競技場です。福島市から委託を受けた業者が高圧洗浄機などを使い、トラックやスタンドを除染しました。東日本女子駅伝ではコースについても放射線量の測定が行われていて、選手や観客がより安心して参加・観戦できるように競技場の除染が行なわれました。第27回東日本女子駅伝は今月13日、福島市の信夫ヶ丘競技場をスタート・フィニッシュに行なわれ、今年は岩手・宮城・福島の合同チームを加えた18チームが参加します。 (11/1 福島テレビ)


20日には、福島駅伝が行われるそうです。福島民報


福島原発の本当の姿

2011.11.11 23:24|脱原発
11/8の朝日ニュースター「ニュースの深層」は、福島第一原発に入った数少ないジャーナリストの今西憲之氏の話でした。
ニュースの深層

今西氏の記事は週刊朝日に3週にわたって連載されたようですが、福島原発が一般的に報道されているより酷い様子であることを示す写真が沢山紹介されました。
中に入った経緯は、福島原発の偉い東電社員と懇意になり、職場に連れて行ってあげると入れてもらったそうです。 これまで何回も入っているが、撮った写真はよい写真なので特定の日のもの。出来たらこれからも続けたい意向。

現場と本社との温度差があるようで、現場では世界的危機なのに、本社はそれを小さく見せたいという思いがあるのでは。また、本社は現場を別会社の失態という感じで捉えているのでは。そういう思いがあって、現場の人が真実を知らせたいと入れてくれたのではと語っています。
本社の人には、今西氏は中に入って撮っていないと疑われたそうです。それは、本社の人は実は現場のことを知らないからだとも。

写真は我々が知っているより酷い状況ですが、海外メディアは追求も鋭いので、日本で公表されているより壊れた写真は出ているそうで、何故そういう写真を国内で出さないかは、もちろん事故を過小評価してみせたい、大事故だと分かったら、会社がつぶれてしまうからという危機感の表れだそうです。

まあご覧下さい。

3号機の様子 MOX燃料を使用
F1

4号機の様子 
F2

示されているところは、使用済み燃料プールで、天井もないので野ざらしになっている。報道されていませんが、1~3号機と共に4号機も非常に危険とされている。
F3


4号機は定期点検中で、示されているのは外されていた格納容器の蓋。その横には圧力容器の蓋も見えたそうです
F4

圧倒的に大きい建屋。 壁のコンクリートは両手を広げた程の厚みがあるそうで、爆発した時の凄まじさを窺えます。
F5

明日12日、報道陣が福島第一に入ることになり写真が公表されると思いますが、今、その準備が着々と進んでいるようです。どんな場所が公開され、マスメディアがどういう写真を使用するのか注目しましょう。

他に興味深かったのは、先日キセノン騒ぎがあった時に、部分的臨界って何だ?と現場から電話で訊ねられたこと。また、冷却に水を入れているが、中が見えないので、要するにカンでいれていると聞いたということです。



フリージャーナリスト、原発取材に許可なし

2011.11.01 23:10|脱原発
ベルギーでも、紆余曲折あったようですが、日本の原発事故は大きく影響して、脱原発の路線に進んでいるようです。
一方、日本では昨夜から玄海原発の稼働準備が始まっているようで、急に今夜11時から再稼働するようです。
周辺住民の意思など無視と決めたようですなぁ!

本日朝日ニュースターの「ニュースの深層」は、タイムリーに慶應義塾大学総合政策学部准教授廣瀬陽子さんのアルメニア原発をめぐる話でした。アルメニアのメツァモール原発や、アルメニア、トルコ、アゼルバイジャンなどコーカサス地方の国々の話、また、リトアニアと日立、カザフスタンと東芝とロシアの原発政策についてなどで、非常に興味深い。
廣瀬陽子さんによるメツァモール原発の記事
チェルノブイリ事故後も原発をやめない旧ソ連諸国の実情 原発輸出をめぐる日露の緊張関係

司会の上杉隆さんより、福島原発への取材許可はマスメディアのみで、フリーの記者には許可されていないと知りました。何かフリーメディアに報道されると困ることがあるのでしょうか? あるのでしょうね!! 福島の現実を国民は知りたいのです。
犯罪を犯している会社を「御社、・・社長様」と呼ぶ記者クラブ御用記者に、何が報道出来るというのでしょうか??

脱原発で計画具体化へ=15年着手は不透明-ベルギー主要政党 (10/31 jijicom

 【ブリュッセル時事】ベルギーの新政権樹立に向け連立の枠組みを固めた主要6党は30日、同国が2003年に決定した段階的な原発廃止を実現するための具体的な計画づくりを、新政権発足後に進めることで合意した。ただ、当初の予定通り15年に脱原発に着手可能かどうか不明という。同国メディアが31日伝えた。
 報道によれば、6党は30日夜の会合で「持続成長型経済への移行」で基本合意。新政権は発足から6カ月以内に、短期・中長期の自国の電力供給を支える多様な発電能力の確保に向けた整備計画の策定を目指す。
 ベルギーは電力の55%以上を原発に依存。段階廃止への着手は、脱原発に伴う供給減の影響を再生可能エネルギーなどでどこまで穴埋めできるかがカギを握る。

関連記事のブログ「フランスねこのNews Watching

玄海原発:4号機の再稼働を発表 福島事故後では全国初 (11/1 毎日

 九州電力は1日夜、記者会見を開き、トラブルで停止している玄海原発(佐賀県玄海町)4号機を同日午後11時ごろに再稼働させると発表した。これに先立ち九電は同日、自社の判断で再稼働させることを玄海町の岸本英雄町長に伝え、町長は受け入れる考えを表明。同県の古川康知事も報道陣に容認の意向を示した。東京電力福島第1原発事故後、定期検査やトラブルで停止していた原発の再稼働は全国で初めて。

 九電によると、4号機は2日午後に発電再開し、4日までに通常運転(フル稼働)となる見通し。12月中旬には定期検査のため再び停止する。

 再稼働は法律や協定上、地元自治体の同意が不要だが、福島第1原発事故や「やらせメール問題」などで原発と同社への不信が高まり、地元の意向は無視できない状況にある。

 山元春義副社長は岸本町長に対し、4号機のトラブルに関する九電の報告書を受け、国の原子力安全・保安院が「おおむね妥当」と評価し、再稼働を容認したことなどを説明。町長は「国が安全と言ったので納得している」と応じた。

 一方、古川知事は1日夕、県庁で報道陣に「国が大丈夫だと判断した以上、これまでの手続きに沿って対応した」と述べた。知事は九電から直接説明を受けていないという。

 玄海4号機は10月4日に2次系冷却水を海水で冷やす復水器の異常で原子炉が自動停止。九電は部品交換に関する作業手順書に不備があったことが原因とする報告書を保安院に提出していた。

 4号機は12月中旬から定期検査に入る予定で、再稼働せずに検査入りするとみられていたが、九電は、保安院が10月31日に下した評価を受け、自社の判断で再稼働する方針を佐賀県や玄海町に連絡していた。

 保安院によると、今回は設備の故障ではないことから、定期検査のような大がかりな検査は必要なく、安全評価(ストレステスト)の1次評価の対象外としている。

福島第一、原発敷地内の同行取材認める 細野原発相 (11/1 朝日

 細野豪志原発担当相は1日の閣議後会見で、12日に東京電力福島第一原発を視察し、敷地内での記者団の同行取材を認めると発表した。対象は内閣記者会加盟の常勤19社、福島県政記者クラブ7社、外国プレス代表取材の計36人。政府が事故後、同原発内で多人数の取材を認めるのは初めて。

 細野氏は「現場が徐々に落ち着いてきて、メディアを受け入れる環境が整った」と説明した。内閣官房が11日にJヴィレッジ(福島県楢葉町・広野町)で記者団に事前説明を行い、12日は細野氏の視察の同行取材、記者会見を行う方向で調整している。

原発をめぐるニュースが沢山

2011.10.26 22:22|脱原発
本日も様々なニュースがありました。
衆院科学技術・イノベーション推進特別委員会が提出を要求し、東電が「知的財産保護や核テロ対策」を理由に、何回も黒塗りして情報公開を拒んでいた事故時運転操作手順書が、明らかになったようです。それによると理由にしていた危険は見当たらなかったとのこと。

黒塗り一転公開 手順書 機能せず (10/25 東京新聞

経済産業省原子力安全・保安院は二十四日、福島第一原発1号機でシビアアクシデント(過酷事故)が発生したときに使う東京電力の手順書などを公開した。東日本大震災に伴う大津波で、手順書では想定していなかった電源盤の水没が起き、機器類の操作もできず、状況もつかめなくなり、手順書そのものがほぼ役に立たなくなったことが浮かび上がった。・・・・

東日本大震災:福島第1原発事故 被害弁護団が発足 被災者相談受け付け開始 /福島 (10/26 毎日

 東京電力福島第1原発被災者の損害賠償を法律の専門家の立場から支援しようと県内外の弁護士による「福島原発被害弁護団」が発足し、25日いわき市内で会見、被災者の相談受付業務を始めたと発表した。

 弁護団は県弁護士会いわき支部の広田次男弁護士と東京弁護士会の小野寺利孝弁護士が共同代表。会見した両弁護士は、「東京電力と国は賠償支払い義務を免れようとしている」と指摘し、「被害への謝罪、全面的な賠償の実現、原状回復と被害根絶をめざす」と話した。被災者からの相談を受け、内容によっては弁護士が受任者となって訴訟も含めた対応をとる。・・・・・

先日旅の帰途立ち寄った長浜市に動きがありました。長浜市は先日示された緊急防護措置区域の50キロ圏内に、ほぼ全域が入り、屋内退避や安定ヨウ素剤の準備が必要となります。

長浜市原発検討委:初会合 避難体制など、具体策策定へ /滋賀 (10/26 毎日

 福井県内の原発事故を想定した災害対策を進める長浜市は25日、原子力の専門家らによる「原子力災害対策計画検討委員会」を立ち上げた。県が進める地域防災計画の見直し作業とも連動し、住民の避難体制などの具体策を来年3月末までに策定する。

 同委員会(委員長、竹田敏一・福井大付属国際原子力工学研究所特任教授)は県防災危機管理局、長浜・木之本署、同市連合自治会などの11人で構成。この日の初会合で、市内避難区域の設定▽他市にまたがる避難体制の整備▽住民への速やかな情報伝達--などを今後の討議課題に挙げた。住民代表の委員、野坂僖友(きょう)子さん(39)は「敦賀原発に近い地域に住む私たちはとても不安。住民の声を委員会に反映させたい」と話した。・・・・・

資源エネルギー庁の総合資源エネルギー調査会基本問題委員会の第2回目が本日開かれ、インターネット中継されました。
阿南委員、飯田委員、橘川委員、崎田委員、高橋委員のプレゼンテーションと質疑応答がありました。
来夏に策定される「革新的エネルギー環境戦略」に反映される大事な会議です。

本日はゴリゴリ原発推進派はいませんでしたが、脱原発の阿南、飯田氏には豊田、田中といった原発推進派委員がしっかり質義したり、日経連を代表して東レの榊原氏が質問でなく、ながながとエネルギーの選択肢を確保すべき論を唱えたりなかなか立場がはっきりしています。 そのうち議事録でも掲載されたらお知らせします。
脱原発派は少なくお飾りにならないためにも、脱原発派のプレゼンのときには後押しする質問をしないといけまんね。
阿南氏のときには、大島先生が後押し質問をしていてよかたです。

第1回目の委員の立ち位置

原発:定期検査中の東海第2で水漏れ (10/26 毎日

 日本原子力発電は26日、定期検査中の東海第2原発(茨城県東海村)で、原子炉圧力容器の下部から放射性物質を含む水約22.4立方メートルが格納容器に漏れたと発表した。作業員4人が水をかぶったが、被ばくや原子炉建屋外部への放射性物質の漏れはないという。

 原電と経済産業省原子力安全・保安院によると、同日午前10時20分ごろ、協力企業の作業員2人が、制御棒の検査中に誤って圧力容器の底の止水板を緩めた。このため、4時間近く使用済み核燃料プールとつながっている炉内の水が漏れ、近くで作業していた別の2人の作業員も水をかぶった。プールに水を補給し、燃料の冷却に問題はないという。漏れ出た水の放射性物質は約880万ベクレルだった。

 同原発は3月11日の東日本大震災で自動停止し、来年8月まで定期検査する予定。


 

 

世界的ダンサー 脱原発を後押し

2011.10.21 17:26|脱原発
この国の芸能文化人と云われる人達のなかには、脱原発を声高に云う人は数少ないですね。
本来なら、社会的に影響力のあるこういう人こそ、脱原発と叫んで世論を引っ張っていくべき。
様子見なのでしょうが、情けない。

世界的ダンサーはこのように語っています。

被災地で公演のギエム「温かな時間共に過ごしたい」 (10/20 スポニチ

 東日本大震災の被災地、福島県いわき市や盛岡市で公演するため来日した世界的バレエダンサーのシルビー・ギエム(46)が20日、東京都内で会見し「この公演は一人の人間としての私の義務。被災地の人々を励まし、一瞬でも温かな時間を共に過ごしたい」と話した。

 東京電力福島第1原発の事故が収束しない中での公演だが「将来のため私たちはいま、動かなくてはならない。放射性物質は何万年も影響が残る恐ろしいもの。それを知らないことは危険です。電気の無駄遣いをせず暮らせば、原発がない方が豊かな生活ができる」と力強く話した。

 震災前から予定された来日ツアーだったが「悲しみの中にある人に『あなたは一人ではない』と伝えたかった」と被災地での公演を加えるなど内容を変更し「HOPE JAPAN」と銘打って、開催に踏み切った。

 ギエムは「100年に一人」と称される人気ダンサー。1980年代から来日公演を重ねている。

テーマ:「原発」は本当に必要なのか
ジャンル:政治・経済

MOX燃料 2

2011.10.18 23:12|脱原発
北海道電力:「やらせ」問題 プルサーマル一時凍結 道、地元に戸惑い (10/18 毎日

 泊原発3号機のプルサーマル計画について、北海道電力の佐藤佳孝社長が17日の記者会見で述べた「今一度立ち止まって整理したい」との発言は、具体的期間や内容の説明がなかったため、道や泊原発の地元に戸惑いを広げた。計画を凍結させれば、プルサーマル受け入れ自治体に下りる国の「核燃料サイクル交付金」60億円の交付が遅れる可能性もあり、予算編成や地域計画にも影響する。道の竹内秀幸環境・エネルギー室長は「(北電に)ちゃぶ台を返される(ご破算にされる)ということなのか、先行きを知りたい」と困惑した表情を見せた。

 高橋はるみ知事は、有識者検討会議や道議会議論などをへて09年3月、プルサーマル同意を表明。北電は当初、12年度にもプルサーマル発電を開始させたい考えだった。

 同交付金は都道府県が作成する地域振興計画に基づき、ウラン・プルトニウム混合燃料「MOX(モックス)燃料」による発電開始年度まで10億円、その翌年度から5年間で50億円が下りる。高橋知事は記者会見で、泊など原発の地元4町村のために使う姿勢を示し、国に交付申請する予定だった。・・・・・

 泊原発の地元町村で最大の街・岩内町の岩内商工会議所前会頭、馬場柳太郎さん(77)は「こうなったらプルサーマルの遅れは仕方がないが、地元にどんな影響が出るか想像もできず心配だ」と話した。また、牧野浩臣泊村長は「交付金の使い方はまだ道とすり合わせをしていないので、村の予算も白紙だった」と、影響は小さくて済むとの見通しを示したうえで、「安全性をクリアしているのであればプルサーマルは問題ない。国のエネルギー政策にかかわる難しい問題なので、立地村として今後の推移を注視したい」と強調した。・・・・・

北電委託分MOX製造「中止せず」 仏メロックス社副社長 計画断念でも (9/24 北海道

 北海道電力が泊原発(後志管内泊村)3号機のプルサーマル計画で使用予定のプルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料の製造委託先であるフランス・メロックス社のユルゲン・クレルマン副社長(経営担当)は23日、北海道新聞の取材に対し、同計画をめぐる「やらせ」問題で延期されているMOX燃料の製造が中止になることはないとの見方を示した。

 クレルマン副社長は、日本の使用済み核燃料をフランスで再処理して得られたプルトニウムは、ウランと混ぜてMOX燃料に加工して日本に返還する-という「日仏両国政府間の取り決めがある」と指摘。

 それを根拠に、「製造が中止されることはない」と明言。北電が計画を断念した場合でも「メロックス社がプルトニウムを買い取ったり、プルトニウムのまま日本に返還したりすることはできない」とし、「MOX燃料に加工して日本に持ち帰るしかない」と強調した

=====
核燃料サイクルの幻想から覚めて、使用済み核燃料を「核のゴミ」と認め、そのまま処分する(場所はないけれど)ことにしないとなりません。

MOX燃料1

2011.10.18 19:07|脱原発
外堀からも脱原発が加速しています。

日本負担の数十億円無駄に 英MOX燃料工場の閉鎖で (10/18 東京)

 原発の使用済み核燃料を再利用するプルサーマル計画をめぐり、日本の電力10社が費用負担して改修工事が進んでいた英国のプルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料工場の閉鎖が決まったため、既に拠出した少なくとも数十億円が無駄になったことが18日、分かった。関係筋が明らかにした。

 工場閉鎖の直接的な原因は、東京電力福島第1原発事故で「日本がMOX燃料を受け入れる見通しが立たなくなった」と英側が判断したためだ。
 工場の改修が必要になったのは以前から故障が相次ぎ、計画通りにMOX燃料の製造が進まなかったという英側の事情からだった。

日本原燃:英国から返還のガラス固化体、基準47倍放射性物質 再検査後で初 /青森 (10/14 毎日

 日本原燃(六ケ所村)は12日、9月に英国から返還された高レベル放射性廃棄物ガラス固化体の表面から、同社の安全基準値の最大47倍の放射性物質を検出したと発表した。再検査し、基準値を上回ったのは14回の受け入れで初めて。外部への影響はないという。

 同社によると、返還された固化体76本中、九州電力分28本の受け入れ検査を9月21日から実施。このうち3本で、再検査後も基準値を上回る汚染が確認された。同社は表面のふき取りなどの低減措置を行いながら、検査を継続する。3本のうち1本は現在、基準値を下回ったという。

 基準値を超えた状態では、同村の高レベル放射性廃棄物貯蔵管理センターに貯蔵できない。残る関西、四国両電力分計48本の検査は今後行う。

当ブログ内関係記事の
英国から返還物あり
使用済み核燃料について
高レベル放射性廃棄物が英国から返還されます

======
廃棄物から取り出したプルトニウムは、一部MOX燃料に加工されますが、残りのプルトニウムは返還されないのでしょうか。ニュースになりませんね。
東電分4.6tは英国に預かってもらっているらしいですが、日本のどこに核兵器の元になるプルトニウムが保管されているのかは、軍事機密になるということなのか一向に報道されません。
日本国が核兵器を造れる能力を保持していることが、安全保障上抑止力になるという論者は、それではプルトニウムを他国に抽出、保管してもらっているという事実をどう考えているのですか。


近況報告

2011.10.17 22:16|脱原発
schnauzerは、急に忙しくしていました。

おまけに、とうとう『もんじゅ』を遠目でみる旅までしてきてしまいました。

気持ちを入れ替えてまた学んだことを綴っていきます。




鉢呂前経産相 語る

2011.10.11 23:32|脱原発
今夜の夜8時台のテレビ番組は、NHK「歌謡コンサート」、日本テレビ「踊る踊る踊る!さんま御殿!・・・」、テレビ朝日「ワールドカップサッカー」、TBS「ニッポン大女優伝説・・・」、テレビ東京「関ジャニありえへん・・・」、フジテレビ「世界おもしろ珍メダルバカデミー・・・」。ほとんどが3時間番組。サッカーに対抗するための電通がらみの低俗番組編成か。
いくらなんでも、この国どうかしていませんか?

schnauzer は、お気に入りの朝日ニュースター「ニュースの深層」で鉢呂吉雄前経産相の話を聞きました。 聞き手は上杉隆。

「死の町」と云ったことに対しては、軽はずみで云ったことではない。原発の中に入り、立地町を現実に見て、適切な言葉で伝える義務があると思った。福島の人々が怒っているという報道を見て、この言葉は適切でなかったと決意した。新政権の船出直後だったので、傷をつけてはならないと思った。

記者会見でも、経産省の官僚の前でも、原発について経産省のやってきたことは崖っぷち。根本的に原子力行政を見直すことが責任だという文脈で「死の町」と云ったのが、「死の町」だけが一人歩きした。

福島や首長からの’良く云ってくれた’という声は届かなかったのか。という問いに対しては、ネットもやらないので、当時はそういう声が全く入ってきていなかった。 「死の町」一色だった。その後、沢山そういう声を聞いたり見たりした。そういう福島の声があったのなら、どうして誌面に出てこないのか。

「つけちゃった」発言については、そういう表現を使った覚えはないが、聞き手の専門家3~4社がそう云ったというのなら、云っていないともいえなかった。
ただ、一番初めに報道したフジテレビは、そこの記者はその場にはいなかったと記憶している。後から政治部長がやって来て、実はフジテレビの他の記者はいたのだと聞いた。(赤坂議員宿舎の玄関なので、他の議員を追いかけている記者は沢山いたのでは・・。これについては、レコーダーで記録していた人がいたが、それを出すように要求したか?上杉)これに対してびっくりしたように否定。

放射能の扱いについては、除染を1mSvに向かって下げていくという方針でやっていくべきという姿勢。

総合資源エネルギー調査会のメンバーに、原発に批判的な委員を半数にするようにというと、役人が3分の1でいいですねと云うので、それはだめだ、半数は必要とメンバーも自分で決め名簿と共にそういう文章も次の経産相に申し送った。(結局経産省の役人の云うように3分の1になりましたね。上杉)

発送電分離については、在任中から研究中と言っている。まだ研究中だが、おのずから分離していく方向か。

経産相を辞めさせられるような力があったのかとよく聞かれるが、はっきりとそういうものがあったとは感じていない。

TPPのプロジェクトチームの座長になった。党内も国民も意見が大きく分かれるところ。まとめ役に徹して、ここでは自分の意見は云わない。ただ国論を分裂させる方向でなく・・・。

などなど・・・・・でした。

======
話せば分かる、分からないことは分からないと云う誠実な面をもっていると思えます。
脱原発についてもかなり踏み込んだ考えを持っていたようなので、残念。
TPPのとりまとめでまた突き落とされないように・・・。このまとめ役はどちらに転んでも微妙な立場ではありますが。





まだまだあります

2011.10.10 22:35|脱原発
10/10
原発予算:除染・賠償に 野田首相が転用検討を表明 (10/8 毎日

 野田佳彦首相は7日、東京電力福島第1原発事故を受け、従来の原発推進のための関係予算や資金の見直しを行い、放射性物質の除染や賠償金支払いの費用に転用する考えを明らかにした。首相は同日、首相官邸で共産党の志位和夫委員長、社民党の福島瑞穂党首と個別に会談し、「エネルギー政策の見直しの中で原発関係予算を洗い直し、除染や賠償に回したい」との考えを示した。

 これに関連し、藤村修官房長官は7日の記者会見で、11年度の原発関係予算が4330億円に上ることを説明。その上で「来年度、このままの額が計上されることは多分ない。関係団体への補助金なども含まれ、どれだけ削るかというのはありうる」との見通しを示した。

 志位氏は首相との会談で、電力各社による使用済み核燃料の再処理に充てる積立金や高レベル放射性廃棄物の最終処分のための積立金などを廃止し、除染や賠償、廃炉の費用に充てるべきだと主張。志位氏によると、首相は「11年度第3次補正予算案と来年度予算で計1兆2000億円の除染費用を考えているが、それでは到底足りない」との見通しを表明。国民の負担軽減に向け、原発関係予算を除染と賠償の支払いに転用する考えを明らかにした。

 一方、福島氏は会談で、原発立地自治体のために積み立てられた周辺地域整備資金のうち、約660億円を震災復興などに活用するよう会計検査院が経済産業省に求めたことを指摘した。福島氏が周辺地域整備資金のあり方を見直すよう求めたのに対し、首相は「原発関連予算は、洗い直さなくてはいけない」と応じた。

原子力教育に過剰計上 交付金42億円、半分使わず (10/10 東京

 文部科学省が原子力教育を主な目的として進めてきた自治体への交付金事業で、同省が2002年度の制度創設から昨年度までの9年間に、教育現場のニーズを大きく上回る計42億円の予算を計上し、ほぼ半分が使われていなかったことが分かった。予算が余っても、毎年度ほぼ同額の予算を計上していた。 

 事業は「原子力・エネルギー教育支援事業交付金」。全国の小中学校や高校を対象に、文科省が都道府県を通じて支給してきた。一県当たり1000万円が上限だが、福井、静岡県など原発立地自治体は増額が認められる。文科省は簡易型の放射線測定器や原発副読本の購入費などへの活用を期待してきた。

 本紙の調べでは、交付金予算は毎年度、4億円台を計上。昨年度までの総額は42億円に上ったが、実際に支出されたのは23億円で、予算の執行率は55%だった。

 昨年度は、都道府県の3割近くが「学校のニーズがない」などとして申請すらしなかった。事業仕分けの影響もあり、ようやく文科省は本年度分について、昨年度より3割少ない3億5千万円を計上し、来年度の概算要求では3億2千万円に減らした。

 実際の交付金の使われ方をみると、原子力以外のエネルギー教材に活用するケースが目立った。全国最多の原発14基が立地する福井県ですら、昨年度まで多くは風力発電機や燃料電池実験器などの教材購入に利用。原子力関連では、敦賀市の原発PR施設「あっとほうむ」を訪れる児童・生徒の見学費用などだった。

 文科省原子力課の担当者は「制度創設時は自治体の認知度も低く申請件数が少なかったが、近年は増加している。自治体の判断により、原子力も含めバランスよく(エネルギー教育に)取り組んでもらっている」と強調している。

 交付金の原資は、電力会社の販売電力に応じて課税される電源開発促進税で、最終的には電気料金として消費者が負担している。エネルギー対策特別会計(エネ特会)から支出しており、文科省は余った予算をエネ特会に戻してきた

 原子力教育をめぐっては、同省などが09~10年度に一般競争入札で教材作成などを委託した事業のうち、6割以上が一者応札だったことが本紙の取材で判明。落札したのはすべて官僚OBや電力会社の現役または元役員が理事などを務める公益法人だった。

<原子力教育> 2010年6月に閣議決定したエネルギー基本計画では、「小・中学生などの次世代層について、将来、原子力を含むエネルギーについて自ら考え、判断するための基礎をはぐくむため」に原子力教育支援事業などを進めるとしている。09年3月に改定された高校の学習指導要領では、12年4月の入学者から、物理基礎で放射線や原子力の利用と安全性などを教える。

======
増税前に切り込めるところはすべてやるべし。


 

原発稼働率10%台に?

2011.10.07 23:53|脱原発
原発稼働率:20.6%…過去最低を更新 9月 (10/7 毎日

 日本原子力産業協会は7日までに、9月の国内の商業用原発54基の設備利用率(稼働率)は20.6%との調査結果をまとめた。同協会や電気事業連合会が記録している1977年4月以降では、今年8月の26.4%を下回り、過去最低を更新した。

 原発の停止が長期化し、再稼働した原発はない一方、九州電力川内2号機(鹿児島県)と四国電力伊方1号機(愛媛県)が定期検査に入った。

 稼働率は3月の58.3%から下がり続けている。再稼働には、国に地震や津波に関する安全評価の結果を報告し、認められる必要があるが、安全評価を終えた原発はまだない。10月に入っても4日に九州電力玄海4号機(佐賀県)がトラブルで自動停止し、稼働率低下は今後も続く見通し。

 東電が廃炉を表明した福島第1原発1~4号機は現役の原発として調査対象にしている。本年度上半期(4~9月)の稼働率は34.9%。2010年度は67.3%だった。

======
4日に玄海原発4号機が異常で停止したので、稼働率はおそらく10%台になっているでしょう。

検証委:初会合 原発コストに賠償費も…見直しに着手 (10/7 毎日

 政府は7日、「エネルギー・環境会議」(議長・古川元久国家戦略担当相)に設置した「コスト等検証委員会」の初会合を開き、電源別発電コストの見直し作業に着手した。福島第1原発事故を受け、最も割安とされてきた原子力発電のコストを厳しく見直すとともに再生可能エネルギーのコスト低下の余地も検証する。政府は年末までに検証結果をまとめ、12年夏までに行うエネルギー政策の見直し作業に反映させる。
・・・・・・
 政府は従来、1キロワット時当たりの発電単価を原発5~6円▽液化天然ガス(LNG)6~7円▽太陽光37~46円などとし、原発が最も割安として推進の根拠としてきた。・・・・・・

 委員に就任した大島堅一立命館大教授が電力各社の有価証券報告書を基に試算したところ、原発は稼働率低下や再処理費用の膨張などで11~12円と倍増。事故時の賠償費用などを加えれば、更にはね上がる可能性がある。

 また、火力発電は新興国の需要急増などで燃料費の上昇圧力にさらされる。温室効果ガス排出削減対策などの費用も増えそうだ。
 一方、再生可能エネルギーは固定価格買い取り制度などで普及が促進される見通しで、量産効果や技術開発によるコスト削減が期待される。最も割高とされる太陽光発電も、技術革新の余地が大きいとされ、今後20年で7円程度まで下がるとの試算もある。ただ、再生エネは出力が不安定な弱点をカバーするための技術開発や投資が必要。技術開発の見通しなどの前提にも大きく左右されるため、適切な試算は難しそうだ

放射性気体漏えい原因は微小異物 柏崎刈羽原発 (10/7 東京

 東京電力は7日、柏崎刈羽原発7号機(新潟県)で昨年9月に発生した燃料棒から放射性の気体が漏れるトラブルについて、原子炉に混入した微小な異物が原因と発表した。

 発表によると、混入したのは、原子炉に通じる配管を磨いた際に使用したステンレス製ブラシの先端(長さ約0・7ミリ、幅約0・3ミリ)で、燃料棒の被覆管に突き刺さっていた。
 7号機は、昨年9月に気体廃棄物中の放射線値が最大で通常の約2100倍まで上昇した。東電は、漏れがあった燃料棒を含む燃料集合体付近に制御棒を挿入し、通常運転を継続。今年8月からの定期検査で原因を調べていた。

======
経産省の委員会と内閣府の「エネルギー・環境会議」の両方に、大島氏が委員として加わっているのは心強い。というか、原発のコスト計算などまともにした人は他にいないのですから当然なのですが、逆にこの人の地道な努力がなかったらと思うと・・・。

柏崎刈羽の件は、何を今ごろになって発表するのでしょう。原発の隠蔽体質がまた露わになっていますが、またか~と諦めの気持ちにもなってしまって、それも怖い。

立地町村に、原発マネーに頼らない体質になってもらうビジョンを示さなくては解決にならないのですが、妙案はないですね。再生可能エネルギーで、日本興しか・・・・。








九電と中電

2011.10.05 22:22|脱原発
九州電力 プレスリリース 玄海原子力発電所4号機の原子炉自動停止について

 玄海原子力発電所4号機(加圧水型軽水炉、定格電気出力118万キロワット)は、通常運転中のところ、本日13時40分、「復水器真空異常低」の信号により、タービンが自動停止し、原子炉が自動停止しました。
 非常用炉心冷却設備(ECCS)の動作はありません。また、放射線モニタの指示等に異常はなく、外部への放射能の影響はありません。

 詳細については、現在調査中ですが、本日午後から復水器真空を維持するタービングランド蒸気元弁の補修作業をおこなっており、この関連についても調査を行い、原因が判明次第お知らせします。
 なお、現在、復水器真空は回復しており、プラントは高温停止状態で安定しています。

======
昨日、玄海原発4号機が復水器が異常を感知して自動停止してしまいました。

これで、九州電力管内の原発で稼働しているのは、玄海1号機、55.9万kWのみ
停止した玄海4号は14年と新しいのですが、1号機は36年経過と古くとても脆弱と問題視されています。
幸いにも、復水器系は放射能には触れないようなので、放射能漏れの危険はなさそうです。
発電力の大きい4号機の停止なので、これから九電や知事の電気足りない攻撃がありそうですが、今となってはこの方面からの発言は信用されないでしょう。
九電は、直ぐに小さいガス・ドンバインドサイクル発電所ををあちこちに4、5こ造るべし。
大消費地の福岡県が火力発電所を造ってもいいですよね。

玄海原発4号機が自動停止 松浦市と県が線量確認や情報収集 (10/5 長崎新聞

 九州電力玄海原発4号機(佐賀県玄海町)が自動停止した4日、松浦市と県は九電から直接通報を受け、放射線量の確認や情報収集などに当たった。
 原発から11・8キロの松浦市役所鷹島支所ではトラブル発生時、職員が11月の原子力防災訓練の避難誘導について打ち合わせていた。発生から14分後の午後1時54分、原発の広報担当者から電話連絡が入り、打ち合わせを中止。2時10分には「異常時通報連絡」のファクスが届いた。

 神田稔支所長らはインターネットで情報を集めるとともに、原発から約10キロ地点にある島内のモニタリングポストで放射線量や風向風速を確認。放射線量の数値に異常がないことを確かめた。神田支所長は「早急に連絡が来たのは良かったが、自動停止と聞いて一瞬言葉を失った」と驚きを隠さなかった。松浦市役所にも九電から連絡があり、総務課4人が夜間待機した。・・・・・・

中電、原発抜きの冬も融通か (10/6 中国新聞

 中国電力は、来年1月以降に原子力発電所が全停止するため、火力発電所の稼働増などの準備を急いでいる。電力の安定供給の目安となる予備率8%は確保できる見通し。関西電力など他の電力会社は冬場に電力不足に陥る恐れがあり、夏場と同様、電力融通をする可能性がある
・・・・・中電は全原発が停止しても「8%は何とか確保できる」としている。・・・・・・中電は、発電所の補修を冬場の需要期からずらすなどして火力の供給力を高める。

 昨冬は稼働していた出力82万キロワットの島根原発2号機(松江市)が、来年1月下旬に定期検査に入る。再稼働が未定の1号機、運転開始前の3号機を合わせ、中電の全原発は停止するものの、現時点で数値目標を掲げた節電要請はしない方針だ。

 

テーマ:「原発」は本当に必要なのか
ジャンル:政治・経済

後藤政志氏

2011.10.02 20:50|脱原発
経産省資源エネルギー庁の総合資源エネルギー調査会に、新しく脱原発の考えをもった人が数人加わったことを前にお伝えしました。
その委員会が明日開かれ、ニコニコ動画で生中継されます。(10/3 18:30~20:30)

自然エネルギー推奨派の飯田哲也氏のtwitterで知ったのですが、飯田氏は、10年前にこの会の委員をしていたそうですが、エネルギー政策についての反対意見を添付されて、その後この会より排除されていたとありました。再任ですか。
今後のエネルギー政策について 報告書  平成13年」 全58ページの52ページに反対意見。
こんな風に、反対意見の添付で終わってしまうのでは、意味がありません。
是非注目して、原発ありきの委員会で終わらせないようにしたいです。 また、他の委員の意見も拝聴いたしましょう。

東芝で圧力容器の設計をしていて、今の原子炉の様子を教えてくれている後藤政志氏は、この原子力資料室のUSTREAM配信で定期的に現在の原子炉の様子を教えてくれています。
9/29の配信で、原子力・安全保安院から、現在各電力会社で行っている所謂ヨーロッパでのストレステストの評価について意見をきく会を作るので、そこへの参加要請があったとの報告がありました。

こういう会の内容にについて納得しているわけではないが、、技術的な問題点を突き付けるというのが自分の立場なので、断らない方がいいと考えて関わることにしたとのことでした。

原子力・安全保安院の委員会も時々中継で見ますが、非常に緊張感のないつまらない、会ありきの会なので、熱血後藤氏の熱意が無駄にならないといいと危惧しています。脱原発派の意見も一応聞いたという免罪符にならないように注視しましょう。

テーマ:「原発」は本当に必要なのか
ジャンル:政治・経済

リニア新幹線にちょっと待った

2011.10.01 22:06|脱原発
リニア新幹線のニュースを時折目にします。

リニア新幹線の先行開業断念 JR東海、神奈川―山梨間 (9/30 asahi.com

JR東海が2027年に東京―名古屋間で開業を目指すリニア中央新幹線について、神奈川―山梨間で先行して開業させる方針を断念したことが29日わかった。大深度地下での工事期間に余裕がないうえ、運行管理システムの構築も間に合わないことが主な理由。リニアを実際に運行させて、運営ノウハウを蓄積することができなくなった。

先行開業は昨年1月、JR東海の葛西敬之会長が名古屋市内の会合で「リニアの部分開業は既定路線。神奈川―山梨間が適当だろう」と発言したことで表面化した。
だが、その後、実現性を検討したところ、神奈川―山梨間は市街地が多く、深さ40メートル以上の「大深度地下」でのトンネル工事は長期化が見込まれることが判明。先行開業できるほど、工事期間に余裕が無いことが分かった。

山梨リニア実験線:見納め 先行区間、見学者ら最後の撮影 /山梨 (10/1 毎日

山梨リニア実験線先行区間(都留市-大月市、18・4キロ)での走行試験が30日に完全終了し、カメラを持った見学者らが県立リニア見学センター(都留市小形山)に詰めかけ、見納めとなった。実験線の延伸工事(上野原市-笛吹市、42・8キロ)が完成する13年度まで、走行試験は中断される。9月21日には中断前の最後の姿が報道陣に公開されていた。・・・・・・

======
9/2に広瀬隆氏の講演会「新エネルギーが世界を変える原子力産業の終焉」に参加して知ったのですが、リニア新幹線というものは、原発5基分の電気を使うということです。
JR東海は独自の発電所を持たないので、この計画は、明らかに東京電力管内と中部電力管内の電気を使用することを前提に進められてきました。
中間駅が決まったりしているようですが、JR東海はこれを国に頼らず行うようですが経営的にの無理なのではないでしょうか? この計画を進めることによって原発の再開を望む声が大きくならないようにしたいです。

ちょっと調べると、都市部では大深度地下を、またアルプスにトンネルをぶち抜き、そこをを無人で走行するようで、恐い乗り物です。海外でも今ではどこも計画がなく、技術を輸出する当てもないようで、原発と同じような流れを感じます。
詳しくはこちらをリニア・市民ネット




テーマ:「原発」は本当に必要なのか
ジャンル:政治・経済

放射能暫定基準値の矛盾

2011.09.30 23:21|脱原発
エネ特会の原発予算 天下り法人に半額超支出 (9/30 東京

原子力の研究や立地対策を目的とする政府のエネルギー対策特別会計(エネ特会)の電源開発促進勘定の半分以上が、2008年度に経済産業省や文部科学省など官僚OBが役員を務める独立行政法人や公益法人、民間企業などに支出されていたことが本紙の調べで分かった。電力料金に上乗せされ、知らないうちに徴収された資金が、補助金や事業委託などの名目で、原発推進を旗印に多額の税金が天下り法人に流れ込んでいた。

電源開発促進勘定は電力会社が電力の販売量に応じて支払う「電源開発促進税」が財源だが、最終的には電気料金に一世帯当たり月平均約110円が上乗せされ、消費者が負担している。

本紙が入手した経産省の資料によると、同勘定は2008年度に3300億円を支出。うち51%の1700億円近くを、原発の新技術や核燃料サイクルなどの研究・開発費として官僚OBが在籍する独立行政法人や財団法人などに支払っていた。
・・・・・・
エネ特会から多額の税金がOBが役員を務める団体、企業に流れていることについて、経産省資源エネルギー庁総合政策課の担当者は「現時点では個別の支出額を確認していないのでコメントできない」と話している。

9.30東京新聞

都が輸入食品の放射能検査中断 国産と異なる懸念 (9/30 asahi.com 

東京都が、1986年のチェルノブイリ原発事故以来続けてきた輸入食品の放射能検査を今年度から中断している。理由は、東京電力福島第一原発事故で決まった国内産食品の放射性物質の基準が、輸入品の基準と異なるためだという。放射能汚染に関心が高まるなか、輸入品のチェックはなおざりになっている。

輸入の際、国が特定の産地や品目に絞って検査しているのに対し、都は市場などで様々な食品を抜き取り、広く網をかけている。2009年度は野菜や肉類、きのこ、ジャムなど616品目を調べ、仏産ブルーベリージャムが基準値を超えた

しかし、都はその作業をやめている。国は原発事故の後、国内産の肉や野菜などの放射性セシウムの暫定基準値を1キロあたり500ベクレルとした。一方、輸入食品の基準値は370ベクレルと定められてきた。「両方の基準の間の輸入食品が見つかった場合の対処に困る」(都の担当部署)。400ベクレルの食品が出た場合、国内産なら流通可能だが、輸入品だと回収になり、消費者の混乱を招く恐れがあると考えたという。

======
さて、ご心配の冬場の電力についてですが、東京電力管内では、暖房を使うにせよ冬場は夏場の電力を上回ることはないので問題ないと考えています。しかし、東電の考えについての報道は下記の2つでかなり違い、何か意図的なものを感じざるを得ません。

冬場の電力需給にめど 東電副社長、東北に融通も (9/29 47NEWS

東京電力で電力需給を担当する藤本孝副社長は29日、共同通信のインタビューに応じ、冬場のピーク時の電力供給力について「(昨冬の最大需要を上回る)5200万~5300万キロワットを確保できる」と述べ、一定程度の節電があれば、電力の安定供給は十分に可能だとの見方を示した。その上で「余裕がある範囲で東北電力には電力融通したい」とした。

藤本副社長は、冬の最大需要について「昨冬の最大需要だった5150万キロワット以上になることはない」と説明。「需給バランスを考えても何とかなりそうだ。無理のない範囲で節電をお願いしたい」とした。

冬場も節電不可避=「電力量」削減要請も―東電副社長 (9/29 asahi.com)

東京電力の藤本孝副社長は29日、インタビューに応じ、柏崎刈羽原発5号機の定期検査入りなどで今冬も厳しい電力需給が続くとの見通しを示した上で、「トータルとしての節電をお願いする形になる」と表明。今夏に実施した最大消費電力のカット(ピークカット)ではなく、使用電力量そのものの削減を要請する可能性を指摘した。

冬場は夕方から夜にかけて電力使用のピークを迎え、しかも需要の多い時間帯が長く続く。火力発電などの稼働時間も長くなる傾向がある。
同副社長は、節電を義務付ける電力使用制限令が解除された9月9日以降、節電効果には「明確に『戻り』がある」と指摘。こうした点を踏まえ、10月中に冬場の電力需給見通しを公表する考えを示した。また、再稼働させた古い火力発電所などのメンテナンスの重要性も強調した。

 JCO臨界事故:国を痛烈批判 茨城・東海村で臨時の朝礼(9/30 毎日

茨城県東海村の核燃料加工会社「ジェー・シー・オー(JCO)」で社員2人が死亡し、住民ら666人が被ばくした臨界事故から30日で12年になるのに合わせ、村は同日午前、臨時の朝礼を開いた。村上達也村長は職員約100人を前に「人に冷たく無能な国に原発を持つ資格はない」と国を痛烈に批判。「脱原発」の姿勢を鮮明にした。

村上村長は、東京電力福島第1原発事故について「JCO事故時と同様、政府、東電の対応は全くなっていない」と指摘。村内にある日本原子力発電東海第2原発の30キロ圏内の人口が100万人規模であることに触れ「こういう地帯に原発があっていいのか」と述べた。

東海第2原発は定期検査のため停止しており、タービンのトラブルなどで再稼働のめどが立っていない。村上村長は「本当に原発事故を恐れている村民も多く、曖昧な妥協は許されない」と話し、民意を重視する考えを強調した。



テーマ:「原発」は本当に必要なのか
ジャンル:政治・経済

少しずつ動いています

2011.09.29 23:29|脱原発
原告団の「公募」を開始 玄海原発廃止・集団提訴

九州電力玄海原発の廃止を求める訴訟の準備を進めている九州7県の弁護士や研究者らが28日、準備会を立ち上げ、千人以上の原告団の公募を始めた。具体的な請求内容は未定だが、福島第1原発事故を受け、原子力政策を推進してきた国と電力会社の責任を追及し、訴訟を通じて原発の危険性を問う。被告は国と九州電力で、12月中にも佐賀地裁に提訴する。

準備会には九州7県の元弁護士会会長のほか、長谷川照前佐賀大学学長ら大学の研究者を含む約70人が参加。反原発団体にも参加を呼び掛け、原告団は県内を中心に九州全体で1000~1500人規模を見込んでいる。・・・・・・
準備会は福島の事故について「人災にほかならず、原発の安全神話は虚構で、安全かつ平穏に生活する権利を踏みにじった」とし、訴訟を通じて原発の危険性を問う。国を被告とすることで、事故の詳細なデータなどを開示させることも想定する。

同会は10月23日、佐賀市で市民集会を開き、訴訟の具体的な内容を公表するほか、福島県の現状などを報告する。唐津市などでも集会を予定し、広く訴訟への参加を呼び掛ける。資料請求は同会、電話0946(23)9933。 (9/29 佐賀新聞)

浜岡原発:停止決議 知事「当然のことだ」 中電「津波対策を着実に」 /静岡

川勝平太知事は26日の定例記者会見で「牧之原のリーダーたちが安全安心が確保されない限り永久停止をする(と決めたのは)、当然のことだと思う」と述べ、肯定的に受け止めた。一方で、同市議会の議決が県の再稼働についての判断に影響することはないとし、県独自に安全性を検証して再稼働の是非を判断する意向を改めて示した。

川勝知事は「(牧之原市の決議は)確実な安全管理ができない以上、浜岡原発の再稼働はないという私たちの立場と一緒。背景にある不安は100%牧之原市と共有している」と理解を示した。また、県独自の安全性判断のため、「安全をチェックできる能力を組織として持たなければいけない」と訴えた。

◇中電支店がコメント「津波対策を着実に」
牧之原市議会の決議について中部電力静岡支店広報グループは「現在取り組んでいる津波対策を着実に実施し、浜岡原発の安全性を一層向上させると共に、丁寧に説明し、地元をはじめ社会の安心につながるよう全力で取り組んでいきたい」とコメントした。(9/27 毎日

浜岡原発:「廃炉にすべきだ」 牧之原市の隣、吉田町・田村町長が初表明 /静岡

吉田町の田村典彦町長は28日の定例会見で、政府の要請を受け全面停止中の中部電力浜岡原発(御前崎市)について「廃炉にすべきだ」と述べた。県内では湖西市長や御殿場市長が廃炉に言及しているが、牧之原市議会が26日に「永久停止」を決議して以降、首長が廃炉を求める意向を表明したのは初めて。

吉田町は浜岡原発から20キロ圏で牧之原市の東隣にある。田村町長は毎日新聞の取材に、「東京電力福島第1原発の事故で、原発は一度安全が崩れたら歯止めが利かないものだとわかった。浜岡原発で事故が起きれば町民の生命や企業活動に影響を及ぼす可能性が極めて高い」と廃炉を求める理由を述べた。
田村町長によると、福島の事故以降、企業を町内誘致のために訪問すると「浜岡原発は大丈夫なのか」と問われることが増えたという。田村町長は「町内には富士フイルムなど大手企業の生産拠点は多い。企業が原発を不安視して撤退すれば、町民の雇用や生活に直結する。ならば不安材料は取り除くべきだ」と強調した。

隣接する牧之原市が「永久停止」を求めたことについて、「住民の生命や企業の流出を考えたら、再稼働に問題があると考えるのは当然だろう」と評価した。田村町長も町議会に意見の集約を求めているという。

永久停止ではなく廃炉が必要な理由については、「浜岡原発は地震と津波のダブルパンチを受けることが分かっている。立地上、建てるべきではなかった場所だと分かった以上、更地にすべきだ」と語った。(9/29 毎日


テーマ:「原発」は本当に必要なのか
ジャンル:政治・経済

気になったニュース

2011.09.28 23:27|脱原発
地熱発電 開発資金を支援へ

経済産業省は、将来の再生可能エネルギーの柱の1つとして期待される「地熱発電」の開発を促すため、地熱発電に取り組もうとする企業に対し、巨額の初期投資の一部を支援する新たな制度を設ける方針を固めました。

「地熱発電」は、地下深くにある高熱の蒸気を取り出し、その熱で発電するもので、火山の多い日本では、将来の再生可能エネルギーの柱の1つになるとして期待されています。
経済産業省は、原子力発電への依存度を減らす一環として、地熱発電への企業の参入を促す必要があると判断し、企業への支援を行う新たな制度を設ける方針を固めました。具体的には、地熱発電に適した場所を探すための費用について、独立行政法人を通じて補助金や出資金を出す形で支援することにしています。また、熱を地中からくみ上げるための井戸を掘るのに50億円から100億円程度かかるなど、初期投資の大きさが課題になっていることから、企業がそのための資金を金融機関から借りる場合、債務保証も行うことにしています。
経済産業省は、新たな制度に必要な費用を来年度予算案の概算要求に盛り込むことにしています。(9/25 NHK 動画あり)

高速増殖炉研究予算、7割減へ 文科省が方針

プルトニウム利用の柱となる高速増殖炉の実用化に向けた研究開発費について、文部科学省は2012年度予算の概算要求で今年度の100億円から7~8割減らす方針を固めた。試運転中の原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)については、維持管理費として今年度並みの約200億円を計上する。

東京電力福島第一原発事故を受けて、政府は来年夏ごろまでに原子力政策を見直す方針。その間、実用化に向けた技術開発を事実上凍結することにした。文科省は「エネルギー政策の方向性が決まらないなかで、研究を進めるわけにはいかない」と判断した。

試運転中の「もんじゅ」では、施設の安全対策や機能を保つための維持管理費が必要とし、予算を削るのは難しいという。現在は昨夏の部品落下事故の修復のため、停止している。(9/27 asahi.com )

サンマ水揚げ制限 道東4港に集中

東日本大震災により三陸地方の港が被災した影響で、サンマの水揚げが北海道東部の四つの港に集中し、市場の競りが追いつかずに一部が水揚げできない異常事態になっている。漁業者でつくる組合は、水揚げの制限を決めた。・・・・・・

根室水産協会などによると、8月初旬の棒受け網漁の解禁から今月26日までの全国の水揚げは計6万トンで、うち道東部の4港に9割以上が集中。特に現在の漁場から最も近い根室市の花咲港には7割の4万2千トンが水揚げされた。

三陸の港では加工業者などの買い手がまだ十分集まらないため、被災地からの船が道東部の港に水揚げしていることが原因という。

花咲港では12日、水揚げが初めて3千トンを超え、競りを夜まで行った。その後も3千トン超えの日が続き、輸送するトラックが不足する事態も発生した。
全さんまの八木田和浩組合長は「制限は批判もされるが、今の状況が続けば仕方がない。制限しても生鮮、加工用とも必要数量は確保できる前提で方針を決めた」としている。 (9/27 asani.com

エルミタージュ美術館:「原発近い」と所蔵品貸し出し拒否

群馬県立近代美術館(同県高崎市)で12月開幕予定だったガラス工芸品展「皇帝の愛したガラス」を巡り、所蔵品を貸し出すロシア国立エルミタージュ美術館が「東京電力福島第1原発から近く、展示品が放射能で汚染される可能性がある」として中止を通知してきたことが近代美術館への取材で分かった。

近代美術館によると、5月12日にエルミタージュ側から中止の申し入れがあった。ロシア大使館などを通じ「群馬県は東京都と同様に空間線量が低い」などと説明したが、8月4日に正式に中止の通知が届いたという。

同展は12月23日~来年3月25日の予定だった。6月から北海道と東京都を既に巡回、10月には岡山市で予定通り開かれる。近代美術館は「楽しみにしていた人がたくさんいたので残念」と話し、代替の企画展を開く。(9/28 毎日 jp


テーマ:「原発」は本当に必要なのか
ジャンル:政治・経済

枝野経産相 総括原価方式に言及

2011.09.26 20:48|脱原発
賠償請求書に「一切異議申し立てぬ」 東電、署名求める文言は削除へ

枝野幸男経済産業相は26日午後の衆院予算委員会で、福島第1原子力発電所事故を巡り東京電力が作成した損害賠償の請求書類に関して「合意書・示談書の中に『一切の異議・追加の請求を申し立てない』という文言があり、それに署名をさせようとしている、署名をさせているとの情報が入った」ことを明らかにした。

そのうえで、「その文言を削るよう、事務方に東電への申し入れを指示したが、東電側から『もう印刷して配っている』との返事があった。これから(被災者)に署名させないように対応するよう、副社長に伝える」と方針を示した。・・・

参考人として出席した東京電力の西澤俊夫社長は、文言について「非常に誤解を招くという形もあるので削除の方向で見直す」との考えを示した。 自民党の吉野正芳氏への答弁。(9/26 日経

東電給与、公務員並みに 経産相

枝野幸男経済産業相は二十六日、原発事故で損害賠償を迫られる東京電力の役員報酬と社員の給与をめぐり「現在の構造ならば公務員か独立行政法人並みで当たり前だ」と述べ、人件費削減が不可欠との認識を示した。原子力損害賠償支援機構の開所式のあいさつで述べた。

枝野経産相は、積み上げたコストに利潤を上乗せして電気料金を決める「総括原価方式」に言及。「電力会社はまったく競争がなく、利益がほぼ確保できる状況にありながら、競争にさらされる民間に準じて役員報酬が決められるのは論理矛盾だ」と指摘。「厳しくコストをチェックしていく必要がある」と述べた。

本日は、北海道浦河沖と福島県会津で震度4の地震がありました。
東京直下型地震の確率も上がっているようですので、備えましょう。

プレート地震:首都圏直下急増 M7級、30年で98% (9/16 毎日)

直下地震の発生が懸念される首都圏で東日本大震災以降、プレート(岩板)境界型の地震が急増していることが、東京大地震研究所の酒井慎一准教授らのチームの解析で分かった。マグニチュード(M)7級の地震発生で1万人以上の死者が出ると国の中央防災会議が予想した東京湾北部など、首都圏直下の3カ所のプレート境界で地震活動が活発と推定している。
・・・
チームによると、大震災後の半年間に首都圏で起きたM3以上の地震は計347回で、過去5年間の合計530回に迫り、半年当たりの回数では6.6倍に上った。これらの約8割がプレート境界型だった。・・・

国の地震調査委員会は、首都圏で境界型以外も含めM7級の地震が今後30年以内に起きる確率を「70%」と予測している。酒井准教授は「直近のデータを踏まえると、今後30年間で98%になる。東日本大震災の影響が反映されるべきだ」と話す。



テーマ:「原発」は本当に必要なのか
ジャンル:政治・経済

綱引き

2011.09.25 21:50|脱原発
上関町長選:原発推進派の柏原氏が3選確実に 山口県

中国電力が上関原発を計画する山口県上関町の町長選が25日投開票され、原発推進派の現職、柏原重海氏(62)=無所属=が反対派で新人の前町議、山戸貞夫氏(61)=同=を破り、3選を確実にした。福島第1原発の事故後、原発新設計画のある自治体としては初の首長選挙。野田佳彦首相は新規原発建設に否定的なため、柏原氏は原発なき後の町づくりも見据えた選挙戦を展開して票を伸ばした。当日有権者数は3206人。投票率は87.55%(前回88.08%)

独シーメンス、原子力事業から撤退
ドイツの電機・金融大手シーメンス(Siemens)のペーター・レッシャー(Peter Loescher)最高経営責任者(CEO)は、18日に出版された独ニュース週刊誌シュピーゲル(Der Spiegel)で、原子力エネルギー事業から撤退する考えを示した。

「われわれは今後、原子力発電所の建設や投資の全体的な運営に関与しない。われわれにとって、この章は閉じられた」とレッシャーCEOは述べ、シーメンス社の活動が今後兼用技術にのみ制限されると説明した。(9/18 AFPBBNews

浜岡原発周辺の生産・開発拠点、移転を検討 スズキ
スズキの鈴木修会長は23日、浜松市の本社など静岡県西部に集中している国内生産・開発拠点について、移転など再配置を検討していることを明らかにした。地震災害や原子力発電所の事故のリスクを避けるためという。
・・・・今後は原発周辺での新規投資は行わない方針という。(6/23 asahi.com) 

スズキ、浜岡原発近くから工場移転検討 相良工場の一部
スズキが、中部電力浜岡原子力発電所(静岡県御前崎市)から十数キロにある相良工場(同県牧之原市)の一部機能を県内の別の工場へ移す方針を固めたことがわかった。自動車大手が東日本大震災後に拠点を移すのは初めて。

また、海から100メートルほどしか離れていない二輪車の技術センター(同県磐田市)も津波災害の懸念があるため、浜松市北部の高台の工業用地へ移す。(7/7 asahi.com

今が社会変革の時」 スズキ会長が静岡で講演

清水平成政経塾(百々勇司塾長)の9月例会が22日、静岡市清水区で開かれた。
鈴木修スズキ会長兼社長が講演し、「明治以来の社会構造やシステムがこれからも続くかと言えば、絶対にない。
日本の制度は疲労し、社会は急速に変わっている」と今が社会変革の激動期にある認識を示しながら、原発問題やスズキの経営実践を語った。

電気料金は上がってもいい。仮に『千年に一度』といっても、福島の悲惨さ、苦しみは自分たちの子孫に経験させたくない。極端な脱・原発ではなく、減・原発を考えなくては」と語り、浜岡原発の運転再開にも否定的な考えを示した。

国鉄やNTT、郵政民営化の歴史やJALの破綻に触れた上で、東京電力の福島原発の事故対応を批判し、「公共的な事業を独占してきた企業の体質を徹底的に検証するべき」などとゼロベースでエネルギー問題を見つめ直す必要を訴えた。
923 静岡新聞




テーマ:「原発」は本当に必要なのか
ジャンル:政治・経済

鉢呂氏の置き土産

2011.09.25 18:34|脱原発
鉢呂前経産相は、辞任後のインタビューで次のように語っています。

「政府はエネルギー政策を大臣レベルの『エネルギー・環境会議』と経産省の『総合資源エネルギー調査会』の二段構えで検討する段取りになっていた。前者は法律に基づかないが、後者は法律(注・経産省設置法)に基づく会議だ。調査会は今年中に中間報告を出して、来年、正式に報告を出す方針だった」

「このうち総合資源エネルギー調査会は私が着任する前の6月段階で、すでに委員の顔ぶれが内定していた。全部で15人のうち3人が原発反対派で残りの12人が賛成派だ。私は事故を受けて、せめて賛成派と批判派が半数ずつでないと、国民の理解は得られないと思った。それであと9人から10人は反対派を加えて、反対派を合計12、3人にするつもりだった。委員に定数はないので、そうすれば賛成と反対が12人くらいずつで半々になる」

このうち、総合資源エネルギー調査会に新しいメンバーが加わるようです。飯田氏本人のtwitterでも知りましたが、videonews.comで発信されました。(9/24 videonews.com

新たに委員に任命された5人は、

飯田哲也 環境エネルギー政策研究所長
大島堅一 立命館大学教授
伴英幸 原子力資料情報室共同代表
八田達夫 大阪大学招聘教授
阿南久 全国消費者団体連絡会事務局長

八田氏を除く4人は、いずれも原発に反対する立場を取ることで知られる。また八田氏は電力の発電・送電分離論者として著名だ。
この委員会の決定が、日本のエネルギー政策のかなりの部分を決めてしまう。ここの答申に基づき、閣僚会議で最終的な決定がなされる。この答申を無視する決定はないということなので、両論併記ならば政治決着があり得るが、ここで原発推進や自然エネルギーにはアクセルを踏まないという決定が出ると政治決着はないということになる。

既に17人が決まっていて、そのうち3人が脱原発派。すなわち、脱原発派が7人に対して容認派は15人という構図だという説明があります。

======
八田氏の発送電分離論は2度ほどBSなどで見ましたが、明快でした。ゴリゴリの原発の推進論ではなさそうです。
飯田氏と伴氏がここの委員になったのは、影響力大です。
また、大島氏の原子力の値段についての研究は、公にも算出の基礎に利用されていて、他の追随を許さないのですから、当然な人選だし、鉢呂さんよくやったというところです。
しかし、パワーポリティックスではないが、数も大切です。鉢呂氏の決めた残りの4~5人は、どこへいってしまったのでしょうか。

この委員会は原則公開なので、傍聴したいですし、これだけ国民の関心が高いのですから生中継で発信されるとよいのですが・・・。成行きを見守りましょう。

参考までに、前回の(2007年)総合資源エネルギー調査会のメンバーなどをご覧ください。 なかなかのメンバーです。 東電勝俣氏とか・・・。また、こんな人たちに日本のエネルギー政策を決定されていたのかと(すなわち、お飾りの人もいた) びっくりします。

脱原発に目覚めて、経産省のサイトの奥の方までみることになるとは思っても見ませんでしたが、普通はこれくらいは常識だったのか?それとも原発によって、密かに行われていたことが白日の下にさらされることになったのか?どっちなのでしょう。



テーマ:「原発」は本当に必要なのか
ジャンル:政治・経済

野田佳彦君の動静

2011.09.23 23:01|脱原発
フクシマの教訓共有し原発推進 国連原子力会合が閉幕

ニューヨークの国連本部で開かれていた原子力安全に関するハイレベル会合は22日午後、福島第一原発事故の教訓を踏まえた世界最高水準の安全対策を共有することを確認して閉幕した。国際社会は今後も原子力利用を推進していくことで事実上、合意した。 (9/23 asahi.com

野田首相:原子力安全会合演説(要旨)
野田佳彦首相が国連の「原子力安全会合」で行った演説要旨は次の通り。

◆福島第1原発事故
巨大地震と津波に被災した日本国民は、世界中から心温まる励ましと支援をいただいた。全国民を代表し、深く感謝する。わが国は半世紀以上にわたって原子力の安全な活用の方途を研究・応用し、原子力産業を育成・発展させてきた。それだけに今回の事故は日本国民に深い衝撃を与えた。

関係者のひたむきな努力により、事故は着実に収束に向かっている。原子炉の冷温停止状態は予定を早めて年内を目途に達成すべく全力を挙げている。津波への備えに過信があったことは疑いがない。炉心損傷に至る過酷事故を想定した準備も不十分で、ベントの作業に手間取り、貴重な時間を失った。何よりも急がれるのは、教訓に基づいて内外で原発安全性の総点検を進めることだ。

◆事故情報の開示
事故の全てを迅速かつ正確に国際社会に開示する。事故調査・検証委員会が来年には最終報告を示す。国際原子力機関(IAEA)と共催の国際会議を来年、わが国で開催し、原子力の安全利用への取り組みの方向性を国際社会と共有する。

◆エネルギー政策
原子力発電の安全性を世界最高水準に高める。原子力利用を模索する国々の関心に応える。新興諸国をはじめ世界の多くの国々が原子力の利用を真剣に模索し、わが国は原子力安全の向上を含めた支援をしてきた。今後とも、これらの国々の高い関心に応えていく。
再生可能エネルギーの開発・利用の拡大も主導。中長期的なエネルギー構成の在り方は来夏を目途に具体的な戦略と計画を示す。

◆核セキュリティー
核セキュリティー確保に積極的に参画。来年の核セキュリティー・サミットに参加し、国際社会の共同作業に積極的に参画するとともに核物質や原子力施設に対する防護の取り組みを強化する。

◆結び
人類が英知によって原発事故の突きつけた挑戦を克服し、福島が「人々の強い意志と勇気によって人類の未来を切り開いた場所」として思い起こされる日が訪れると確信する。日本は事故の当事国として全力で責務を担い、行動する。【共同】
9/23 毎日

福島の団体、NYで反原発訴える 国連本部前でデモ集会
【ニューヨーク共同】原子力安全首脳会合が開かれたニューヨークの国連本部前で22日、福島県の市民団体メンバーらがデモ集会を開き「国連よ、原子力利用を推進するのはやめろ」「原子力による惨事はもう見たくない」と訴えた。
「子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク」や米市民団体の呼び掛けで、約30人が参加した。

佐藤幸子さん(53)は「野田首相、原発を止めて世界の手本になってください」と訴えた。(9/23 共同



テーマ:「原発」は本当に必要なのか
ジャンル:政治・経済

古賀茂明氏のその後

2011.09.23 18:52|脱原発
経産省の古賀茂明氏のその後
22日(木) テレビ朝日 モーニングバード

枝野経産相の「古賀氏については、海江田大臣、鉢呂大臣によって積み重ねられた判断と手続きが進められてきている。私としてはこれまでの判断を引き継ぎ、これを『了』とし、のちの手続きについては事務方に任せることした。」(枝野氏しっかりペーパーを読む)発言を放映し、
9/14 英国 エコノミストの記事 ”The good bureaucrat" の中(実際は、日本の恥 -すぐれた一人の官僚ーという題)から、
この国を著しく改善できることの出来る数少ない人物の一人で、失うなら、それは日本にとって誠に残念なことである・・・官僚のトップ事務次官にと枝野大臣に提案した(番組の訳が少し違う。 枝野大臣に判断力と勇気があるなら、改革をやり通す権限をもつ事務次官に彼を昇格させるだろう・・・)」とあると紹介。

21日(水)に本人に直接取材
古賀氏「私の人事は事務官に任せているということで、多分それは自分が責任をとりたくないっていうそういう感じがあるんだと思いますけれども、まあ仕事が与えられないんだったら、いてもしょうがない。明日(22日)もう一度官房長と話をして最終決断をしようかと思います」

仮に決断して辞めた後は?に答えて
「辞めることは改革を諦めることではない。改革を進めようという人は沢山いらしゃるので、政策立案のサポートとか
コンサルタントのようなこととかですね・・・」

------
松尾 「改革の象徴のような人を重用出来ないということは、枝野さんは改革をする気はないと意思表示していると同じこと」

玉川「(21日に直接会った)辞めざるを得ないだろう・・・と云っていた。 実はこれは大きな問題なんです。今の政権は官僚に支配されている。増税も朝霞の公務員宿舎の問題も、官僚の世界を変えられるかどうかを表している。つまり後ろにいるのが財務省。財務省に支配されている今の政権。民主党の皆さん、新聞の世論調査を気にしているようですが、こういう具体的な問題ほど、ボディーブローのように後から効いてきますからね」

松尾 「大臣の意見と云うよりは、全官僚を敵にまわすんですかという恫喝めいたことが、緩やかにあったのではないか・・・」

立花「海外から見ても古賀さんを事務次官にと云っているんだから、やっぱりそうなんですよね。」

玉川「エコノミストの人も、何で古賀さんが云っている通りやらないのか分からないんですよ。」

立花「みんなちょっとバカなんじゃない。」 

玉川大笑い。松尾下を向いて苦笑。

羽鳥「まあ、乱暴に云うとそうなっちゃいますね。」

小松アナ「世界的に権威のあるメディアはこれを取り上げました。世界は日本の出方を見ているという状況です。」

立花さん、よく云った。schnauzerも「バカなんじゃない!」と激しく同意して吠えてしまいました。

その後です。
23日(金) テレビ朝日 スクランブル

昨日、経産省の自室で、「月曜日で辞めることになりました」と電話に答えるところや、カメラの前で9/26付の辞表の日付と名前を書くところが映る。
部屋には段ボールがいくつか積み上げられている。

今朝古賀氏に直接取材。
「いても仕方ないということで、辞める決断をしました。若い方々にもっと政治に関心を持ってもらい、参加してもらうということを盛んにするような活動が出来たらと思っています。 (経産省に対しては)本気で改革をやる時代がきたら、また呼んでもらいたい」と語りました。

以上

======
??????


テーマ:「原発」は本当に必要なのか
ジャンル:政治・経済

原発をめぐるあれこれ

2011.09.21 23:19|脱原発
原発冷温停止「年内に」 細野原発相、IAEA総会で
細野豪志原発相は19日、ウィーンで開かれた国際原子力機関(IAEA)の年次総会で演説した。東京電力福島第一原発事故をめぐり、「冷温停止状態を予定を早めて年内をめどに達成すべく、全力を挙げて取り組む」と宣言。来年1月中旬をめどとしてきたこれまでの事故収束の達成時期について、年内に前倒しする考えを表明した。

細野氏に続き、野田佳彦首相も23日に予定される国連総会演説で、事故収束の年内達成に言及する方向で調整が進んでいる。
細野氏が前倒しを表明したのは、原子炉内の温度を100度以下に安定して保つ冷温停止状態の達成時期を明示することで、国際社会に向けて着実な事故収束を訴える狙いがある。こうした考えに基づき、野田政権は福島第一原発から20~30キロ圏の緊急時避難準備区域について月内に解除を決める方針で、周辺住民の帰還問題の具体的な対応を加速させる。 (9/20 asahi.com)

原発行動計画の実効性に懸念=事務局長、見直しに言及―IAEA総会
【ウィーン時事】19日からウィーンで開かれている国際原子力機関(IAEA)年次総会で、IAEAが策定した原発安全強化のための行動計画に対し、実効性を懸念する意見が欧州諸国を中心に相次いでいる。天野之弥事務局長は各国の不満に配慮し、将来の見直しの可能性に触れた。

総会で承認される見込みの行動計画には、原発保有国への安全調査団の派遣が盛り込まれている。しかし、原発依存度を強める新興国などが規制強化に反発した結果、自主性を強調した内容になり、当初案より後退したと指摘されている。

福島第1原発の事故後に脱原発に転じたドイツのオットー経済政務次官は「透明性が十分に考慮されていない」と批判。脱原発を堅持するオーストリアのシュピンデルエッガー外相は「実施期限などの重要な点が抜けている」と指摘した

また、ベッソン仏エネルギー担当相は、福島の事故後、国内の全原発でストレステスト(耐性検査)を実施する方針を決めたと説明し、「検査は世界中で行うべ(きだ」と主張。天野事務局長は「今後の状況に応じて行動計画を改定する」と述べ、理解を求めた。(9/21 asahi.com

【インタビュー】原発再稼働はできるものから―来年夏には必要=野田首相

【東京】野田佳彦首相は20日、ウォール・ストリート・ジャーナル/ダウ・ジョーンズ経済通信とのインタビューで、現在停止中の原子力発電所を来年夏までに再稼動していく考えを示した。国民の間では反原発の機運が高まっているが、原発を再稼動しないことや、すぐに原発を廃止することは 「あり得ない」と述べた

首相は原発政策について、「例えばゼロにするとすれば、他の代替エネルギーの開発が相当進んでいなければいけない。そこまで行けるかどうかも含め、いま予断をもって言える段階ではない」と答えた。 (9/21 WSJ

福島第一 建屋に地下水大量流入か 収束作業に難題
東京電力福島第一原発1~4号機の原子炉建屋やタービン建屋地下に、一日数百トンの地下水が流入している可能性のあることが分かった。汚染水処理の実績などから計算すると、五万トン強まで減っているはずだが、実際には八万トン強も残る。東電も地下水流入の可能性を認めており、地震で建屋地下の壁が損傷し、流入していることが考えられる。今後の収束作業に影響が出そうだ。 

建屋からくみ出した汚染水の移送量や原子炉への注入量など東電が公表したデータを本紙が集計したところ、約十万トンあった汚染水は、十三日時点で約五万千六百トンにまで減っているはずだった。
しかし、実測の地下水位から東電が推計した汚染水残量の最新値は約八万千三百トン。移送量などから逆算した値とはほぼ三万トンの開きがある。

東電はこれまで、汚染水がなかなか減らない理由を、雨水の影響と説明してきた。福島第一周辺では、七月以降の三カ月間に三回まとまった雨が降っており、一部は屋根の損傷部などから建屋に流れ込んだとみられるが、水位の変動は小さく、三万トンの差を説明できるほどではない。

建屋のひび割れなどから地下水が流入している可能性は、以前から指摘されていたが、あらためてその可能性が高まった。東電に本紙の計算結果を示すと、「日量百トン単位でわき出ていると思う」との回答があった。
地下水流入が事実なら、汚染水処理はさらに膨大な量になるばかりか、原子炉への注水量を絞る必要があるなど、事故収束に向けてさまざまな影響が出ると予想される。(9/20 東京

浜岡原発:牧之原市議会が「永久停止」決議を可決へ

中部電力浜岡原発(静岡県御前崎市)の半径10キロ圏にある同県牧之原市議会は21日の全員協議会で「確実な安全・安心が担保されない限り、浜岡原発は永久停止にすべきだ」との決議案を26日の本会議に提案することを決めた。定数17人中12人が賛成しており、地元議会で初めて「永久停止」を求める決議が可決される見通し。津波対策により地元同意を得て運転再開を目指す中電にとって、高いハードルが課されることになりそうだ。(9/21 毎日

川内原発:3号機増設困難 県議会で知事答弁 /鹿児島

伊藤祐一郎知事は20日の県議会で「未着工の原発の新増設については事実上困難になっていく」と述べ、九州電力が川内原発(薩摩川内市)に計画する3号機増設は難しいとの認識を示した。

県民連合(民主、社民、無所属)の代表質問に答えた。3号機は出力159万キロワットと世界最大級で、九電は14年3月の着工、19年12月の運転開始を目指している。伊藤知事は昨年11月、3号機増設に同意したが、今年3月の福島第1原発事故を受け4月以降、増設手続きを凍結している。(9/21 毎日)

テーマ:「原発」は本当に必要なのか
ジャンル:政治・経済

おじさんも立ち上がってください!

2011.09.21 22:01|脱原発
地熱発電:中学生「知って」 ステッカー、アニメで呼びかけ
◇愛媛・伊方原発プルサーマル化への疑問が発端



四国電力伊方原発(愛媛県伊方町)のプルサーマル計画に疑問を持った同県久万高原町の中学1年生、鷲野天音(わしのあまと)さん(13)が、代替エネルギーの提案として「はじめよう!地熱発電」と呼びかけるステッカーをつくった。アニメも制作され、ユーチューブで公開されている。

鷲野さんは小5のとき、伊方原発にウラン・プルトニウム混合酸化物燃料が運び込まれたことを聞き、図書館でプルサーマル計画について調べた。「危ないものだ」と感じ、学校などで288人の署名を集めて09年7月、県議会に中止を求め請願した。不採択となった際、県議から「代わりになるエネルギーがない」と言われたことが心に残った。

さらに調べを進め、地下の蒸気や熱水を利用するクリーンな地熱発電に着目。「多くの人に知ってもらいたい」と、熱を発する地球の絵を描き同年秋、縦10センチ、横11センチのステッカーにした。1枚300円で販売し、約1500枚が売れた。

売上金をもとに父宏さん(43)の友人で松山市在住のアニメーション作家、山内知江子さんとバイオリニストの柏原大蔵さんの協力で今春、35秒のアニメも完成させた。山内さんはステンドグラスに絵を描き、1コマずつ撮った。回転する地球内部でさかんにエネルギーが作られる様子が音楽入りで表現されている。

鷲野さんは「もっと勉強して、安心して暮らせる未来をつくりたい」と話す。ウェブサイト「はじめよう!地熱発電」(http://www.tentsuki.asia/amato/index.html)でアニメが見られ、ステッカーも申し込める。(9/21 毎日




テーマ:「原発」は本当に必要なのか
ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。