プロフィール

schnauzer

Author:schnauzer
脱原発にめざめました。
再生可能エネルギーにも大いに興味あり。
学んだこと、見聞きしたことを綴っていきます。一緒に考えませんか?

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

フリーエリア

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

検察審査会が東電元3幹部は起訴相当と議決

2014.07.31 23:39|福島原発告訴団
福島事故に関して、始めて東京電力に司法の手が入ることになるのか?
いずれにしても、大きな前進に違いありません。

「東電元3幹部 起訴相当」福島原発事故 検審議決 検察、再捜査へ (7/31 東京


 東京電力福島第一原発事故は東電が津波対策を怠ったために起きたとして、福島県民ら約五千七百人が歴代の幹部六人の捜査のやり直しを求めている問題で、東京第五検察審査会は三十一日、六人を不起訴とした東京地検の処分に対し、勝俣恒久元会長(74)ら三人を業務上過失致死傷罪で「起訴相当」と議決したと公表した。議決は二十三日付。検察が再捜査するが、仮に再び不起訴としても、別のメンバーによる検審が再び起訴相当と議決すれば強制起訴される。 

 福島第一の事故をめぐり、市民で構成する検審が関係者を起訴すべきだと判断したのは初めて。今も約十三万人が避難生活を送る未曽有の事故で、刑事責任を問われる可能性が出てきた。

 ほかに起訴相当となったのは、武藤栄元副社長(64)と武黒一郎元副社長(68)小森明生元常務(61)は不起訴不当、別の元副社長ら二人は不起訴相当とした。

 捜査の最大の焦点は、東電が二〇〇八年に十五メートル超の津波を試算しながら対策を取らなかったことが過失に当たるかどうかだった。東京地検は「最も過酷な条件での試算で、数値通りの津波の襲来を予測することは困難だった」として過失を認めなかった。

 これに対し検審は「地震や津波が具体的にいつどこで発生するかは予見できない。想定外の事態が起こりうることを前提とした対策を検討しておくべきだ」と指摘。試算を受けた東電の対応を「時間稼ぎ」と断じた上で「容易に無視できないと認識しつつ、何とか採用を回避したいとのもくろみがあった」と批判した。

 勝俣元会長は事情聴取で「重要な点は知らなかった」と供述したが、検審は「信用できない」と一蹴。「想定を大きく超える津波が来る可能性について報告を受けたと考えられる。東電の最高責任者として各部署に適切な対応策をとらせることができた」とした。

 事故をめぐっては、福島県民らでつくる福島原発告訴団が一二年六月、「東電が津波対策を怠り事故を引き起こした」として東電や原子力安全委員会の幹部ら三十三人を業務上過失致死傷などの容疑で告訴・告発した。東京地検は昨年九月、告訴団と別の市民らが告発した菅直人元首相らを合わせ、四十二人全員を不起訴処分にした。

 告訴団は不起訴を不服とし翌十月、対象を東電幹部六人に絞り検察審査会に審査を申し立てていた。

 菅元首相ら当時の政権幹部三人を不起訴とした東京地検の処分については、別の検審が今年四月に不起訴相当と議決している。

 <検察審査会> 選挙権のある国民からくじで選ばれた11人の審査員で構成。審査は非公開。検察官による容疑者の不起訴処分について、11人中6人が納得できなければ「不起訴不当」、8人以上が納得できなければ「起訴相当」と議決する。従来は議決に拘束力がなかったが、2009年5月施行の改正法では、起訴相当と議決された事件を検察官が起訴しなかった場合、自動的に再審査。再び起訴相当と議決すると、裁判所が選んだ検察官役の指定弁護士が容疑者を強制的に起訴し、公判を担当する。再審査時は必ず審査補助員の弁護士が立ち会い、検察官の意見を聴く。



福島原告告訴団 の頁
東京第五検察審査会が出した「議決書」も見られます。



スポンサーサイト

福島原告告訴団の告訴人について

2012.10.06 22:59|福島原発告訴団
福島原告告訴団・関東のサイトに

被災地以外の住民でも告訴人・告発人になれる?
特別な被害は受けていないので「告訴人・告発人」にはなれないとお考えのみなさんへ

「告訴説明会」やお電話などで、「福島告訴団の運動の趣旨には賛同するが、自分は福島原発事故の被害者ではないので、告訴人・告発人になるのはどうなんだろう…」というご質問をいただきます。これに対しては、「ぜひ、多くの市民のみなさんに告訴人になっていただきたいし、なることができる!」とお答えします。

という記事がアップしています。是非ご覧ください。


schnauzerも電話をして尋ねたくらいですから、同じ考えの人は多いはずです。
告訴人になるという、一般人にとっては高いハードルを越えさせてくれる丁寧な説明がなければならないでしょう。この記事だけでは、直ぐに陳述書に向かう気にはなれないですが、これ以上の説明はないでしょうから、考えていないで書き出してみようと思っています。

感情で訴えることは出来るけれど、それでいいのかなという疑問が残ります。

考え過ぎなのかもしれませんが、かなり高いハードルだ!


福島原発告訴団について考えること

2012.09.20 23:57|福島原発告訴団
一昨日、福島原発告訴団について書きました。

陳述書を書かないとならないのですが、それを前にして、少し躊躇しています。

この告訴は、福島地方検察庁に対して、

1.東京電力福島第一原子力発電所が放射能を大量に放出させる事故を起こしたことによって被曝等の傷害を負わせたことに関し、業務上の注意義務を怠り、本件事故を発生・拡大させた、勝俣ら東電関係者、経済産業省、保安院・・・・・・・を業務上過失致傷罪で告訴もしくは告発する件 (他に2件の告発あり、立件して捜査せよとするもの)

「この被曝等の傷害を負った」ことについて、先日の説明では、目に見える傷害でなくても、精神的、経済的負担でもよいとのことでした。
schnauzerは専門ではないけれど、法律文書に少し接したことがあるので、この傷害にどうしてもひっかかります。

先日の集会に声をかけて下さった方や、昨日規制庁前の抗議でお会いした方に尋ねてみると、家が千葉で実害があったり、精神的に顕著に落ち込む状態であったとのこと。なので、告訴出来ると仰る。

schnauzerも、3.11以降一年半もず~っとハイな気分で、毎日原発のあれやこれやを考え続けています。
周りから見れば、ずっと躁状態であると云えるかもしれません。

しかし、目に見えた病はない。でもそれは年齢のせいもあり、たまたま我家の若者は当時日本にいなかったという幸運がありました。
東電や経産省、保安院、原子力安全委員会等、また文科省関係者は責任を取るべきだと考えています。それには、この告訴は、よい方法だとも。

また、今回の事故以降、自分がいかに政治に対してお任せであったかということを反省しています。
選挙を棄権したことはなかったし、なるべく無所属や女性に投票するように公報を読みました。
それでも、その後監視することはなかったし、全くお任せでした。

ましてや、告訴とか告発が、自分の生活の中に登場してくるとは考えたこともありません。

しかし、それではいけなかったのです。政治を語り、政治の動静を監視し、検察や裁判をもって身近に考えてこなかったこと自体が、原子力ムラをしたい放題にさせてきてしまった。
政治の劣化を招き、民意も劣化し、マスメディアに巨大な力を与えてしまった。言論も自由にならない窮屈な社会を形成させてきてしまった。

そういう意味でも、この告訴にチャレンジしてみたい。

本日、福島原発告訴団・関東に電話をして、上記の躊躇をお話してみました。
schnauzerのように考える人は少なくないと思うし、これを突破しないと一般人に告訴は難しい。

近いうちに、こういう躊躇に答えるような記事をアップしてくれるようです。よかった!
なので、少し待とうと思います。



福島原発関係者の告訴・告発人になれます

2012.09.17 20:42|福島原発告訴団
昨日9/16、「原発を考える品川の女たち」が主催した「福島原発告訴団団長、武藤類子さんのお話を聴会く」に参加してきました。

6/12東京新聞 こちら特報部 「東電幹部らの告訴状提出 責任うやむや許さん」を引用して、福島原発告訴団について説明します。

福島原発事故の責任者が誰も処罰されない中、武藤類子さんらは、6/11に1324人分の告訴状、告発状を福島地方検察庁に提出した。
原発当時福島県内に住んでいた人々が告訴人、告発人になり、容疑は業務上過失致死傷と公害犯罪処罰法違反。
対象者は、勝俣恒久会長や清水正孝前社長ら当時の東電役員15人のほか、原子力安全・保安院の寺坂前院長ら33名
告訴団長の武藤さん「一人一人が困難な生活を送り、日常生活を奪われた。人権を踏みにじられて、つらく悲しい思いをしている人のためにも成功させなければ」

告訴団の代理人弁護士は「住民に被害を与えた責任者の処罰を求める。事故の真の原因である原子力ムラの構造的癒着と責任の所在を明確にすることで、被害者の救済と真の福島の復興を実現する」のが目的。

河合弘之弁護士は、業務上過失致死傷容疑の立証について「低線量の被ばくを障害とみなすことができるかどうかは論点になるだろう。しかし、避難中の病院患者など、原発事故と相当な因果関係にあって死亡した被害者もいる。罪を問うことはできる」

公害犯罪処罰法違反容疑については「被ばくの傷害が当面は立証不可能となったときを考えて、告訴内容に入れた。これは事業活動に伴って人の健康を害する物質を排出し、生命や身体の危険を及ぼすだけで罪に問われる」と二段構え。

保田行雄弁護士は「今の政府や国会の事故調査委員会に刑事上の責任を求める動きはない。もう一度、事故の原因は何か、与えた最大の被害は何かを考える機会にしたい

福島地検は、告訴・告発状を受理せず、判断を保留した。関東学院大の足立昌勝教授(刑法)は「原爆の被害でも内部被ばくは長い間、認められてこなかった。具体的な被害がない以上、立証は簡単ではない。・・・」としながらも「1300人の告訴・告発状は社会への大きなアピール、検察へのプレッシャーになる。責任追及のために前進したことは間違いない」

=====
結局8月1日に、告訴・告発状は福島地検に受理され、それと共に広瀬隆、明石正二郎氏が昨年から東京地検に提出していた告発状などが一斉に受理されたそうです。

昨日は、武藤さんより、福島原発の4号機の写真や除染しても下がらない郡山駅前のモニタリングポスト、除染した家の様子と、敷地内に置いてある剥いだ土等を入れてズラ~ッと30個位並んでいる大きいブルーケースの写真を見ながら、現在の福島の話しを伺いました。途中で、郡山の森園さんも加わりました。

3.11直後、
*政府、県、東電が情報を隠したために、線量の低いところから高い所へ逃げたり、給水車やスーパーに長時間並んで子どもにも無用な被ばくをさせた。また、県が決めなかったので、学校単位で卒業式をした学校の生徒は、避難先から戻ってきて被ばくした。
*安定ヨウ素剤は、町単位で持っていたが、指示がなかったので住民に配布されなかった。三春町など数少ない町などが、町の役人で協議して配布したところもあったが。

現在
*福島では、本当に安全、安心だと信じている人がいる。
*国も県も動かないので何とかしなくては。
*学校の外での時間制限がなくなり、昨年は閉鎖されていたプールが、周りに鉄板や人工芝を敷いて始まっている。
*小さい子どもも参加するマラソン、多くの祭りが開催されて、元の福島に戻ったということを強調している。
*政府は1mSvを目指すと方針を出したが、20mSvが生き続けている。
*最近甲状腺がんの子どもが一人出たという報道があったが、詳しいことは個人情報ということで教えてもらえない。年齢だけでも大きい情報なのだが。

*教育現場では何も教えない。線量の高い木のベンチ(木は特に吸収)に座っている女子高生に、資料を渡して注意すると「ありがとうございます。初めて聞きました」と云われた。
*中には、退職金を前借りして30数名を北海道で保養させた先生もいた。
*除染ビジネスは、故郷を元に戻したいという気持ちにつけこんでいる。大手ゼネコンが利権をとり、作物を作れない地元農民が実際に除染をしているが、効果が見えない。10軒やると、1軒目が下に戻る状態。
*帰村宣言をした川内村は50億、飯伊達村は4000億。
*お腹の中では、皆分かっているが、声に出している人は1割もいない。現実は厳しい。
*昨年、広瀬氏と明石氏が東電等を告発したこと知って、二人から話を聞いて、刑事告訴・告発を知って、やってみようと思った。
*まず、福島の人で、告訴団を作り告訴・告発した。広瀬氏らが、1年待たされたことを考えると、早くに受理され、他の関連した告発等も一緒に受理されたので、検察も一応取組もうという意志は感じた。
ドイツのFoEの人に、2000以上の告訴を提出して、現在があると云われ、この国民の権利を使わない手はないと思う。
*第二次告訴として、1万人を目指して告訴をしようとしているので、是非参加してほしい。
現在日本全国に事務局が立ちあがっているので、必要書類はダウンロード出来る。10月15日までと時間がないが、是非。

次に福島原発告訴団・関東の方から、具体的に、告訴団に加わるにはという話。

*そもそも、告訴と告発はどう違うのか。告訴は、被害者が犯人を捜査して処罰してほしいという意志表示をするもの。告発は、被害者でも犯人でもない第三者が、捜査機関に犯罪を申告して犯人の処罰を求める意思表示のこと。
*福島原発については、例えば東京でも放射能が降り、水が汚れ、食品を選んだり等の具体的な被害と共に、美しい大地が汚れて精神的被害を被ったなどでも告訴人になれる。もし、特定の被害を感じていないが、東電等々をゆるせないという人は告発ということになるそうです。なるべくなら告訴人になってほしいということでした。

*書類は3枚あり、
1. 弁護士への委任状 住所氏名などを記入し、2ヶ所に印。河合弘之、保田行雄(薬害エイズ)海渡雄一弁護士が代理人になっています。原発訴訟の最強の布陣。
2.陳述書 これは具体的にどういう被害があったのかを記入します。例があります。
3.福島原発告訴団・関東への入会申し込み書を記入し、1000円以上を振り込む。

*これは裁判ではない。検察に捜査をさせること。個人名が出ることはない。(検察に書類はいくが、行動することはない、すべて3人の弁護士が代理してする)どんなことでも原発事故によって被害を被ったことを陳述書に書くことが、検察を動かすそう。

告訴・告発は一人でもできるそうで、広瀬氏がよく言っていたのですが、schnauzerも自分には関係ないことだと聞く耳を持ちませんでした。固定観念がいかに情報をシャットダウンするかを身をもって体験。

告訴団としては、まず1万人。次々に増やしていきたいと思っているそうで、原発の政策的なことは追っているのですが、やはり福島に目がいっていなかったと反省。
あまり知られていないこの告訴ですが、周知が徹底すれば、多くの人の共感をよぶはず。

こんな大きい事故が起きて、処理も出来ず日本の将来が危ぶまれるというのに、大きい告訴がないというのもおかしな話。立件は難しいという声は多々あるのですが、福島事故を糾弾する、非常に論理的かつ有効な方法だと思って、告訴団に入ろうと考え中です。

まず、サイトを見て下さい。

そして、こういう方法があることを、周りの方に是非知らせて下さい。

広瀬隆氏と明石昇二郎氏は、田中俊一氏も告発したようですよ。こちら



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。