プロフィール

schnauzer

Author:schnauzer
脱原発にめざめました。
再生可能エネルギーにも大いに興味あり。
学んだこと、見聞きしたことを綴っていきます。一緒に考えませんか?

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

フリーエリア

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鹿児島2区、破れた有川さん「一滴の涙も出していない。大きな力に勝つために立ちあがった皆さんと繋がっていく」

2014.04.28 14:45|衆院鹿児島2区補選
数日、衆議院鹿児島2区の徳田毅氏の辞任に伴う補欠選挙に、山本太郎氏の「新党ひとりひとり」から立候補した有川美子さんの選挙戦の様子をツイキャスで追いながら、オバマ大統領の訪日ドタバタ劇を横見して日が過ぎてしまいました。

その選挙の結果です。

衆議院衆議院鹿児島2区の補欠選挙の結果

金子万寿夫(自民・新) 66,360
打越 明司(無所属・元) 46,021 民主、惟新、結、生活推薦
有川 美子(諸派・新)  5,858 新党ひとりひとり
三島 照 (共産・新)   5,507
松澤 力 (諸派・新)  1,283 幸福実現党 
碩利 昭 (無所属・新)   1,152

組織もおカネもない無名の新人が、保守王国で組織票に勝てるはずはないのですが、それでも多くのボランティアが日本中から集まり、供託金は寄付で賄えたようで、なかなか熱い選挙戦を繰り広げていました。
それでも島への交通費など選挙にはおカネが掛り、費用が寄付で払えない場合は山本氏が借金をすることになるはず。

山本氏は、国会の内閣委員会に属しているため日帰りの日もありましたが、何回も東京と鹿児島を往復し、出来るだけ一緒に有川さんの街頭演説に付き添い、顔が2まわりほど細くなったようにカメラ越しには見えました。

有川さんは、とてもよく通る美声の持ち主で、これだけで政治家にうってつけの人材。そして、毎日の演説でみるみる素質を磨き上げていき、演説の内容も徐々に尖鋭化してきていました。

それでも、原発に反対の意思表示をするのもなかなか難しい保守王国のようで、支持を広げることはなかなか難しかった。2年後にまた選挙があるので、それまで地道な活動が必要でしょう。

ちなみに、2012年の衆院選の得票は以下のようになっています。

徳田 毅 (自公)  109.744
打越明司 (民主)   45,707
三島 照 (共産)   9,177

山本氏は、どうして脱原発の共産党と別の候補を擁立するのかと問われ、その理由に三島氏が1万票を獲得できないからと語っていましたが、結局は、共産党が3670票減らしてその分が有川さんに流れた可能性があり、そうすると有川さんの新たに獲得した票は2188票ということになります。
まあ、そう言った手前、共産党よりほんの僅かですが得票が多くてよかったというところでしょう。

全有権者が28万人で、鹿児島市南部から指宿市までの細いエリアと、後は奄美大島を含む島嶼部に広がる広大なエリア。 ここで第一党になるのは至難の技です。 これからどうこの市民選挙運動を進めていくのかを、今回の結果をよく分析して考えていかないとなりません。

この選挙結果を見て、強気のschnazerも絶望の淵に立たされている気分ですが、選挙参謀の斎藤まさし氏が、全国から集まったボランティアの中に、自分の後を任せられる人材が育ってきていると喜んでいたことは特筆すべきことだと思います。
 
ポジティブな有川さんは、支援者の涙を見て「私は一滴の涙も流していない。この事実を受け止め、大きな力に勝つにはここから立ち上がった皆さんと繋がっていく。」とこれからも頑張る決意でした。

有川さんの演説を見て感動し、東京から駆けつけたジャーナリストの田中龍作さんジャーナルに、励まされます。

「でも、ここで諦める訳には行かない。 負けて益々、燃えてきた。」山本太郎オフィシャルブログ

太郎さん、応援していきますよ!!







スポンサーサイト

ありかわ美子氏を遠くから応援中

2014.04.16 22:37|衆院鹿児島2区補選
昨日4/15 衆院鹿児島2区補欠選挙が公示され、4/27の投票日まで選挙戦が始まっています。

立候補者は届け出順で
ありかわ美子 (新党ひとりひとり)政党要件を満たしていないからか諸派新となっています。
三島 照    共新
金子万寿夫   自新 =公
碩  利昭   無新
松沢 刀    幸福実現党新
打越 赤司   無元 =民惟結生

金子、打越陣営は「政治とカネ」を争点にしたいようですし、三島氏も憲法解釈などで政権批判をするようです。 はっきり川内原発の再稼働反対を打ち出しているのはありかわ氏だけ。

この補選で金子氏が勝てば、アベノミクスに打撃を与えるといわれる消費増税にお墨つきを与え、安倍政権に信任を与えることになります。 もちろん川内原発再稼働に弾みがつくのは必須。

日本中の脱原発派は、鹿児島2区のありかわ氏を出来る方法で応援しなくてはならないと思う。

このありかわ美子さんは、元介護福祉士。 仕事柄おおらかな優しさにあふれる人ですが、声もよく通り、自分の考えを上手く言葉に表現出来る人。
さすがに山本太郎陣営が選んだだけあるなと感心しています。

山本太郎議員は、国会と現地を行ったり来たりしていますが、出来る限りサポートするとのことです。
この選挙区は離島が多く、移動が大変です。 
公示日には、朝県庁で立候補の届け出をして、くじで1番を引き、ポスターの場所も1番をとったという運の強い女性です。

その後、与路島に飛び、生活センター前にて第一声。 請島に移動。 加計呂麻島に移動というスケジュールをこなしました。 (地図を見たいと思いながらまだ見ていませんが、どこにあるのかチェックが楽しみ)

何故与路島、請島を選んだのかというと、この2島は選挙日が前日4/26だそうで、twitterで、

この不利な条件、厳しい環境のなか暮らしす人々に光があたる政治を目指す政治家「ありかわ美子」の原点の地としたいと思い、選挙戦初日、この地を選びました。



そもそもこの選挙の発端となった徳田毅氏の議員辞職は「政治とカネ」とされています。
ありかわ美子氏の選挙は、ボランティアとカンパで行う、正に「政治とカネ」の対極にあります。
そして、既に供託金はカンパで集まったそうです。
そこで、少しですが寄付をして、遠くから応援です。

山本太郎さんの選挙を一面で支援した斎藤まさし氏(堂本暁子氏などの市民選挙を数多く手がけてきて、負けたことがない人)が、今回は前面に出ていて、非常に心強い。
斎藤さんの熱いメッセージをご覧ください。 どうしてこの選挙が大切なのかがよくわかります。


ありかわ美子事務所

TWICAS ここで選挙戦の生配信が見られます。









鹿児島2区 有川美子氏を当選させたい

2014.04.11 13:36|衆院鹿児島2区補選

川内原発 規制委の調査終了  審査見通し言及せず (4/4 東京)

原子力規制委員会は3日、再稼働の前提となる審査で作業を優先することを決めた九州電力川内原発1,2号機の地震、津波対策を確認するため、現地を調査した。 島崎邦彦委員長代理は終了後の記者会見で「九州電力の審査会合での説明と違ったところはなく、新たな課題はみつからなかった」と述べた。

ただ再稼働の前提となる審査の終了見通しは「今後の議論で課題が出ることもあり得る。 今の段階で、いつとは言えない」と明言を避けた。

地震、津波対策担当の島崎氏は、原子炉建屋の東4百メートルにある試掘溝で、断層部分の表土を削り、地質を調査。 その後、津波から海水ポンプ施設を守る高さ10メートルの防護壁の工事状況などを見て回った。

九電は調査後「安全対策工事をしっかり完遂したい」とのコメントを発表。

また市民団体が原発敷地近くで発見したとする断層について、川内原発の米丸賢一次長は「現場を確認したが、活断層ではなく、安全性に影響しない、と規制委に報告した」と説明した。

規制委は10原発17基を審査中。 先行する6原発10基のうち、川内原発は審査に合格する見通しとなっている。



規制委員会が一番初めに再稼働を目指したのは、プルサーマル原発ではありませんでしたが、これが再稼働すると次々に続く可能性があります。

15日告示の衆議院鹿児島2区での選挙で、脱原発を掲げて戦う「新党ひとりひとり」の有川美子氏が脱原発票を集められるかが、焦点になってくると思います。

都知事選で脱原発を唱えた細川・小泉陣営が本気なら、ここに応援に来なければならないはずですが、来るわけないでしょうね~。

今立候補表明しているのは、自民新人の金子万寿夫(67)、無所属で民主、維新、生活、結い支援の元職打越明司(55)、新党ひとりひとりの新人有川美子(42)、共産新人の三島照(72)、政治団体・幸福実現党新人の松沢力(31)、無所属新人の碩利昭(46)。

社民党は、何故だか他野党と共に打越氏支持を打ち出していましたが、9日に臨時常任幹事会を開き自主投票にしたとのこと。 打越氏は原発再稼働反対を明言しておらず、支援できないという声が多かった」そうです。

有川氏側も社民の推薦を申請していたようですが、自主投票により少し票が上乗せされますね。
組織票がないので、後はどれだけ地元の眠っている脱原発票を起こせるかにかかっています。
社民党としては、当然の措置ですよね。

また本日4/11政府は、国の中長期の「エネルギー基本計画」を閣議決定しました。 原発を「重要なベースロード電源」と位置づけ、安全と判断されれば再稼働する姿勢を明確にし、もんじゅについて「廃棄物の減容、有害度の低減、核不拡散関連技術の向上のための国際的な研究拠点と位置づける」と記載しています。


関連記事 (4/11 ロイター)は続きを読むへ

続きを読む >>

山本太郎氏、鹿児島2区に女性候補者を擁立

2014.04.01 21:57|衆院鹿児島2区補選
3/18に記者会見をして、鹿児島2区の補欠選挙に『新党ひとりひとり』から擁立する新人を公募すると発表した山本太郎氏ですが、本日再び鹿児島で記者会見を行い、新人の女性を擁立することを表明しました。
関連記事  山本太郎議員 「新党ひとりひとり」を立ち上げ

schnauzerが山本氏のサポータークラブ・Taro's NETWORK に入ってみたところ、まず初めの特典は、議員会館の部屋から政治にまつわるよもやま話のtwicas配信でした。 それによると公募に対して8名の応募があり、おじさんばかりということでしたが、本日の会見では、20代から60代の幅広い応募があったとのこと。

選挙に出ようという人が8人もいるということは驚きですよね。

有川美子さんは、祖父母が奄美大島の出身で、現在は鹿児島市在住。 介護士を辞めて選挙に臨むとのこと。 自身の様々な体験から自分の言葉で語れるしっかりした女性とお見受けしました。
声もとおり、ピンクの似合う元気で前向きな感じ。 初めての記者会見も難なく終えました。 
なかなか良い人が見つかりましたね。 さて、脱原発候補者が、保守的な鹿児島でどういう戦いをするのか遠くから支援したいです。
写真

山本太郎氏のHPに、氏の属す内閣委員会での質疑の様子が動画と文字起こしで載っています。 この質疑では、与えられた時間の半分はその日のメイン議題についての質問をしなくてはいけないと決まっているので、この日は「株式会社地域経済活性化支援機構法」についてだったので、質問を作成するための勉強で事務所はてんやわんやになるそうです。

この動画を見ると、これは大変なことだと思います。 精鋭スタッフがかなり必要ですね。

渡辺喜美氏の件で、ますます明らかになりましたが、現在の選挙には、おカネがかかるのは事実です。
それをヒモつきでない個人の寄付やカンパとボランティアでやっていくのは、これまた大変なこと。 
しかし、その方法で山本氏は戦っていこうとしています。 応援しないわけにはいかないでしょう。

山本太郎氏、衆院補選に新人擁立 鹿児島2区 (4/1 東京)

 (共同)山本太郎参院議員は1日、鹿児島市で記者会見し、徳田毅氏の議員辞職に伴う衆院鹿児島2区補欠選挙(27日投開票)に、介護福祉士で新人の有川美子氏(42)を擁立すると発表した。

 川内原発(薩摩川内市)の再稼働反対を軸に選挙戦を展開する。山本氏は「再稼働を止め、鹿児島から日本の政治を変えていきたい」と述べた。

 補選には、自民党の金子万寿夫元県会議長(67)、無所属の打越明司元民主党衆院議員(55)、共産党の三島照・党奄美地区副委員長(72)、政治団体「幸福実現党」の松沢力氏(31)が出馬表明している。





山本太郎議員 「新党ひとりひとり」を立ち上げ

2014.03.19 23:13|衆院鹿児島2区補選
山本太郎議員は、昨日3/18 鹿児島市内で記者会見を行い、鹿児島2区に擁立する候補者を募集し、候補者との出会いがあれば擁立して、衆院鹿児島2区補欠選挙(4月15日告示、27日投開票)に参加する。 希望者は「新党ひとりひとり」で検索して、応募フォームから応募してほしい。 締め切りは、3月28日と発表しました。
IWJ会見動画
 
これに従い、これまでの「新党今はひとり」が、政党要件を満たしておらず政治団体扱いだったため、これを一旦解散して、新たに「新党ひとりひとり」を立ち上げることも併せて発表しました。 「新党ひとりひとり」サイト

P1040431-s.jpg


「新党ひとりひとり」には、自分と全く同じ人はいない。 ひとりひとりの多様性を認めて、ひとりひとりが力を合わせて、この不条理をひっくり返していくんだという意味合いがあるそうです。

この党の、党員は山本議員と所属議員および立候補予定者。 党費は集めず、また団体からの寄付は受け付けない。 市民がスポンサーになるということで、市民による寄付と市民のボランティアで選挙などを戦っていく。

もし、山本議員が市民の政治が出来なくなれば、スポンサーは離れていく。 
今の政治は、自分達に利益供与をしてほしいために寄付をしてその恩返しをするような政治が行われている。 従って、団体、企業からの寄付は受けないとのこと。

参議院選では、1200人のボランティアの皆さんの本気が、国政に一議席をもたらした。 ボランティア力というのは非常に力を持っているので、これからの選挙は、市民の皆さんの寄付とボランティアで戦って行くそうです。

鹿児島2区での争点として、野党が金と政治の問題を挙げているが、それは大切な問題ではあるが今回は争点隠しになっていると強調しました。

山本陣営の争点:
1.原発再稼働させない: 2.2013年真夏のピーク時、原発ナシで、九州電力は70万Kwもの電力が余っていた! それでも電力会社の利益の為に経営問題の為に再稼働させますか

安全性は担保されていますか? 担保なんて出来ない。 地震大国ですから担保なんて出来ない。

日本を縦断するようにある中央構造線が、川内原発のそばを通っていると。
また、破砕帯、断層があるのではないかと先日報道された。 そこには触れないで再稼働するのか。 
避難計画はどうなんだ。 地元丸投げです。 じゃあ避難どうなるんですか? 30キロ圏内は大丈夫ですよと。40時間かけて皆避難できるようにしていますからというような雰囲気。 これ本当に現実的ですか?

何もかも出鱈目なんです。 じゃ何のために行われるのか。
お金のためです。 大企業、多国籍企業の論理で、この国に暮らす人の首が締まっていくということ。あり得ない。 国も事業者も責任をとらないということが福島東電原発。  泣き寝入りですか? 
772人の国会議員がいます。そのうち本当に命を守るという政治活動をやっている方は、ほんの一握りなんです。 
 
このままでは、世界が今飲み込まれているグローバリズムという波に、この日本も飲み込まれてしまうという状況だと思います。 話があちこちいってしまいましたが、この鹿児島2区での、選挙の争点は、全国にも通じるはなしだと思います。

原発再稼動は許してはならないということです。 電力は足りている。でも化石燃料が増えたらどうするの、コスト掛るでしょうと。 何言ってんだよ。 原発止めているだけでどれだけ掛っているんだよ。 それだけじゃない。 だったら総括原価方式も見直せよ。
 
2.消費増税 許さない:  裕福な者も貧しい者も同じ税率? あり得ません。反対!だけでは呪文と同じ。まずは生活必需品非課税を勝ちとります。

企業に対しては減税。 庶民に対しては増税。 随分優しい国ですね!という話。

金融資産1億円超えている200万人に累進性で課税していく。 
これを実現するために、政治活動を行っていきたい。

3.TPP 入らない:  最大限の規制緩和で首が絞まるのは国民。儲かるのは大企業。 鹿児島の顔の見える農家は壊滅、公共事業は多国籍企業に奪われます。

TPPはアメリカ議会内部でも反対が起こって今スタックしている状態だ。
けれどもこのTPPが決まってしまえば、この国は終わってしまいます。

ヒト・マネ・モノを環太平洋の中で行き来させようよというもの。 聞こえはいいが、その実像は、国民の代表である国会議員が条約の中味を知ることが出来ない。それだけでもおかしい。

でもその中味を知ることが出来る人がいる。 600の企業とそれに関わる関係者は、秘密交渉の中味を知ることが出来る。 誰のための交渉かははっきりしている話。 

農業分野に企業が入り、遺伝子組み換え作物が入り、顔の見える農業が壊滅する。
公共事業の入札に多国籍企業が参入してくる。
20にも及ぶ分野で、国民生活を根底から覆すもの

4.集団的自衛権 必要なし: 日本の防衛は個別的自衛権で対応できます。嘘と詭弁で戦争に巻き込まれるのは市民です。それで儲かるのは軍需産業のみ。

もちろん国連憲章の51条で、自衛権の中には、個別的自衛権、集団自衛権が各国に担保されている。 しかし先の戦争からの反省もあり、この平和憲法の元に個別的自衛権以外は手を出さないということは決まっていること。 だからこそ最前線に連れて行かれることはなかった。 それを今までの積み重ねを一夜にしてひっくり返そうとするのが今の政権。 

集団自衛権を認めることによって、数千社に及ぶ、戦車・戦闘機・武器を作る企業にもっと金儲けさせようということ。 武器輸出三原則を「防衛装備移転三原則」と言い変えて随分柔らかくして、一体誰のためにそれをしようとしているのか。 日本の防衛は、個別自衛権で、先守防衛という形で守られてきた。 それを変える必要なし。

それだけじゃない。 竹島諸島だけでなく、奄美群島にも、軍備が配備され基地が作られる。 正にこの鹿児島2区が狙われている。

5.特定秘密法の廃止: 権力者が隠したい数々の不都合を全てベールに包むのが秘密保護法、国防秘密は自衛隊法で、情報漏洩は公務員法ですでに守られています。 


自分達の不都合を隠すために、どれだけ大きな網を貼る気か。
国防のためにと言わせているが、現在の自衛隊法で守られていたではないか。 
公務員の情報は、公務員法で守られるだろう。それを広く網を広げる理由は何か。 

答えは簡単。情報を統制して、そして言論弾圧に向う、その先にあるものはファシズムでしかない。
すべてが繋がっている話。 
誰のための政治をしていますか。 

いまの数々の悪法が簡単に国会の中で通過してしまう。 日本版NSC、そして特定秘密保護法、社会保障の切り捨て、すべて数で決まる。 強行採決されてしまう。 今この状況をひっくり返さないことには、自分達の未来は勿論のこと、子どもたちの未来もない。そのためにも、この鹿児島2区からまず名乗りを上げる。 

********************
選挙争点の話しの後に、記者からの質問がありました。

鹿児島の反原発の市民の中に良い人はいないか?に対しては、いないこともないが、やはりこの補選に出るのはかなり覚悟がいる。 組む山本太郎は、今や政界のサンドバックみたいな存在だから、精神的にタフな人でなければ乗り越えられないと思う。 公募という形で手を挙げて頂きたいと。

共産党と手を組む気はないのか?に対しては、中では近い、親和性のあるのは共産党であると思うが、共産党は党として、選挙があれば候補者を立てるスタイル。 鹿児島県内の共産党の支持は、過去の選挙の得票率を見てみると善戦するのは難しい。 また国会の中で、山本太郎が共産党と一緒にというのは共産党の中にもいろいろな意見があるだろう。 何より再稼働に対して、また他の部分にもはっきり意見を言える候補者というのを考えると、自分達で立てるしかないのかと思うと答えました。 
とても的を射た答えでした。

たとえ今回鹿児島2区で候補者を立てられなくても、鹿児島2区を皮切りに、これから地方で行われる地方選挙に候補者を募ってやっていきたい

資金面では、候補者に持ちだしはさせず、寄付と山本氏の借金で賄う。また、選挙戦は自分の選挙だと思い、時間の許す限り共に選挙区を回り、話をしていくと語りました。

山本太郎さんらしい新しい選挙の方法で、とても納得出来、共感しました。 
schnauzerはすでにサポーターになってほんの少々ですが寄付もしました。

さあ、若者、山本議員に続け!!!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。