プロフィール

schnauzer

Author:schnauzer
脱原発にめざめました。
再生可能エネルギーにも大いに興味あり。
学んだこと、見聞きしたことを綴っていきます。一緒に考えませんか?

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

フリーエリア

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンゴルに使用済み燃料の処分施設構想はいまだくすぶっている

2014.08.06 22:26|モンゴル
8/5 東京新聞 こちら特報部 
再稼働に躍起だが、原発ごみの問題がある 「モンゴルで処分」くすぶる
(リンクがないので、スキャンしました。クリックすると別ページで読めます)
20140805東京新聞 核廃棄物モンゴル1

(要約)
2011年5月に毎日新聞が、モンゴルに使用済み核燃料の国際的な貯蔵・処分施設をつくる計画についてスクープした。
モンゴルの事情に詳しい大阪大の今岡良子准教授は、この計画が消えたとは思えない。くすぶっていると考えるのが自然だと語る。

モンゴルはウランの埋蔵量が世界最大と言われている。この計画はモンゴルのウランを原発導入国に輸出し、使用後の処理も担う「包括的燃料サービス(CFS)の一環

主導しているのは米・日で、両国は自国の使用済み核燃料の処分が出来るしモンゴルでの処分を含めて原発輸出をしやすく出来るというもくろみがあった。

モンゴルは否定しているが、同国は20年までに実験炉を作り、原発を本格的に導入する意向がある。CFSの見返りに日米から原発技術を得たいという思惑があると今岡氏はみる。

また、昨年10月、フランスのアレバとモンゴルの原子力企業モンアトムが、東部のウラン鉱山開発で合意。三菱商事もアレバ子会社の株式34%を将来保有する約束で、調査費を一部負担していた。

今岡氏は「ウラン採掘が続けば、残土の処理問題が浮上してくる。どうせその処理をするなら使用済み燃料も受けいればいいといった話になりかねない」と懸念する。


「核燃サイクル」アジア分担  海外押し付け 倫理的にゆるされぬ
20140805東京新聞 核廃棄物モンゴル2

日本国内の使用済み核燃料は計1万4370トンで、すでに総容量の7割が埋まっていて、再稼働が始まればすぐに一杯になる。しかし、処分場はめどが立っていない。

日本と米国が結ぶ原子力協定では、使用済み核燃料を再処理してプルトニウムを取り出す権利を、核兵器を持たない国では唯一保障されている。 日本はこの協定を維持するためには、核燃サイクルにしがみつくしかない。

2018年に日米原子力協定は期限を迎えるが、核燃サイクルに消極的と判断されると、再処理の権利が認められい可能性がある。また、核燃サイクルがないと原子力に関連した技術開発が進められなくなるし、核兵器開発の道が閉ざされる。

しかhし、核燃サイクルは瀕死の状態だ。使用済み燃料からプルトニウムを取り出す六ヶ所の再処理工場、プルトニウムを燃料にして増やす高速増殖炉「もんじゅ」は満足に稼働していない。

原子力規制委員会の委員に9月から就任することになった田中知氏は、核燃サイクルの旗振り役を担ってきた人。原発の規制より、再稼働や核燃サイクル推進に向けた人事とみられかねないと、勝田明治大准教授は話す。

田中氏は06年に核燃サイクル推進のほか、老朽原発を高速増殖炉に立て替えていく方針を記した「原子力立国計画」という報告書を出している。また、13年3月には、ウラン濃縮や再処理、貯蔵といった役割を、アジア各国で分担して核燃料サイクルを進める案の報告書を出している。

モンゴルの核問題について研究する芝山豊・清泉女学院教授は(遠いどこかに邪魔なものを押し付ける発想は倫理的に許されない。モンゴルには広大な土地があるといっても、遊牧民が営む場所だ」とくぎを刺す。

********************
以下の写真は、知人が仕事でモンゴルに行き、一日郊外をドライブした時に撮った写真です。
首都はすでに高層ビルもある都会で、各国がインフラ整備と称する商売をしています。しかし、一歩郊外に出ると、ゲルで生活する人々が美しい自然の中で暮らしています。 近い将来には、都会に人が集中していくことは避けられませんが、この自然の中に、日本を含めた各国の使用済み核燃料の墓場を作ることは許されないと思います。

P1030699-s.jpg

P1030726-s.jpg




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。