プロフィール

schnauzer

Author:schnauzer
脱原発にめざめました。
再生可能エネルギーにも大いに興味あり。
学んだこと、見聞きしたことを綴っていきます。一緒に考えませんか?

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

フリーエリア

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

廃炉検討する原発あれば、動かしたい原発もある・・・

2014.09.07 22:14|廃炉
美浜2基の廃炉検討 稼働40年超 老朽化 (9/5 東京)

関西電力が稼働から40年以上が経過している美浜原発1、2号機(福井県美浜町)の廃炉を検討していることがわかったそうです。

そもそも原子炉等規制法で原則40年と定められた運転期間を延長する場合、原子力規制委員会に来年7月までに申請することになっており、一連の「特別点検」や大規模改修に1年ほどかかり、経費も嵩むことになります。

関連報道で上がっている古い原発は以下のとおり。

1.関電    美浜1号機 (44年)
2.関電    美浜2号機 (42年)
3.日本原電  敦賀1号機 (44年)
4.関電    高浜1号機 (40年)
5.関電    高浜2号機 (42年)
6.中国    島根1号機 (40年)
7.九電    玄海1号機 (39年)

他に最近廃炉関連で報道された原発は、
当ブログ内関連記事→ 島根1号機、伊方1号機 廃炉の可能性

8. 中国  島根1号機 (40年)

加えて個人的には無理だと思っているのは
9.関電  美浜3号機 (38年) 実際に美浜原発を見てきましたが、海岸沿いの一般道路に原子力館があり、そこから橋を渡った島(実は島ではなく、北側に道があり陸続きではある)に美浜原発があり人里離れていない。そしてこの海岸沿いの道の先にはもんじゅがある。これは動かせないでしょう。
当ブログ内→→原発を見る旅 2

10. 日本原電 東海第二1号機 (36年) 3.11で原子炉は自動停止したが、福島第一と同様に外部電源をすべて喪失し、炉心に水を送る水中ポンプ3台のうち1台が水没してました。


そして、廃炉という流れに直ぐにはならないと思いますが、福島と同型のBWR(沸騰水型)は、再稼働は無理だと考えます。 

===============

一方、電力会社の経営上も、原発輸出の観点からも、安全保障上プルトニウムを減らすためにも、どうしても動かさなくてはならない原発もありそうです。

当ブログ内関連記事→→原子力規制委員会 再稼働に向けて着々と審査中

2/14までに原子力規制委員会に再稼働の申請をしているのは、次の10原発、17基
下線はPWR(加圧水型)、赤字はMOX燃料を使用するプルサーマル発電、*は3.11以前からプルサーマルで発電していた原発

九州電力: *玄海3号、4号 
       川内1号、2号
中国電力:  島根2号
四国電力:  *伊方3号
関西電力:  大飯3号、4号 
       *高浜3号、4号 
中部電力:  浜岡4号
東京電力:  柏崎刈羽6号、7号
東北電力:  女川2号
北海道電力: 泊1号、2号、 3号 

==============

報道によると、10日にも規制委は川内原発の再稼働適合審査書を決定するとのことです。
この後は、地元の同意取り付けのための説明会が開催されます。
避難計画などは一応はあるようですが、実現可能なものなのか、地元の反応など注視していきましょう。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。