プロフィール

schnauzer

Author:schnauzer
脱原発にめざめました。
再生可能エネルギーにも大いに興味あり。
学んだこと、見聞きしたことを綴っていきます。一緒に考えませんか?

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

フリーエリア

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国、ロシアは遺伝子組み換え食品を追放

2014.10.09 23:11|気になっていること

中国 初めて民意を理由に遺伝子組み換え大豆の輸入審査を中止 (9/29 新華ニュース

ロイター通信は26日付の報道では、2人の情報筋によると、遺伝子組み換え食品が好まれないので中国が遺伝子組み換え大豆の輸入審査を中止したと伝えた。

情報筋によると、中国農業部が民意を理由に遺伝子組み換え作物の輸入審査を中止したのは初めてで、この決定で遺伝子組み換え作物は業界で注目され、中国への輸入がますます難しくなる可能性がある。

業界連合会のある幹部は「これまでに農業部が輸入審査で許可しなかった新製品は普通十分な科学データがないのが理由だった」、「しかし今年は初めて好まれないことを理由にした」と言った。

情報筋は、遺伝子組み換え大豆の具体的品種に関しては言及しなかった。中国の大豆輸入量は世界の大豆取引量の60%を占める。

中国は現在飼料用として8種の遺伝子組み換え大豆、15種の遺伝子組み換えとうもろこしの輸入を許可している。



中国:遠のくGMイネ商業栽培 栽培許可を延長せず

既にロシアでは、
Russia will not import GMO products - PM Medvedev (4/6 RT)

なぜ中国とロシアは「遺伝子組み換え食品を追放」したのか? 地産地消を賞賛するワケ (9/21 Livedoor News)

さて日本は?



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。