プロフィール

schnauzer

Author:schnauzer
脱原発にめざめました。
再生可能エネルギーにも大いに興味あり。
学んだこと、見聞きしたことを綴っていきます。一緒に考えませんか?

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

フリーエリア

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

綱引き

2011.09.25 21:50|脱原発
上関町長選:原発推進派の柏原氏が3選確実に 山口県

中国電力が上関原発を計画する山口県上関町の町長選が25日投開票され、原発推進派の現職、柏原重海氏(62)=無所属=が反対派で新人の前町議、山戸貞夫氏(61)=同=を破り、3選を確実にした。福島第1原発の事故後、原発新設計画のある自治体としては初の首長選挙。野田佳彦首相は新規原発建設に否定的なため、柏原氏は原発なき後の町づくりも見据えた選挙戦を展開して票を伸ばした。当日有権者数は3206人。投票率は87.55%(前回88.08%)

独シーメンス、原子力事業から撤退
ドイツの電機・金融大手シーメンス(Siemens)のペーター・レッシャー(Peter Loescher)最高経営責任者(CEO)は、18日に出版された独ニュース週刊誌シュピーゲル(Der Spiegel)で、原子力エネルギー事業から撤退する考えを示した。

「われわれは今後、原子力発電所の建設や投資の全体的な運営に関与しない。われわれにとって、この章は閉じられた」とレッシャーCEOは述べ、シーメンス社の活動が今後兼用技術にのみ制限されると説明した。(9/18 AFPBBNews

浜岡原発周辺の生産・開発拠点、移転を検討 スズキ
スズキの鈴木修会長は23日、浜松市の本社など静岡県西部に集中している国内生産・開発拠点について、移転など再配置を検討していることを明らかにした。地震災害や原子力発電所の事故のリスクを避けるためという。
・・・・今後は原発周辺での新規投資は行わない方針という。(6/23 asahi.com) 

スズキ、浜岡原発近くから工場移転検討 相良工場の一部
スズキが、中部電力浜岡原子力発電所(静岡県御前崎市)から十数キロにある相良工場(同県牧之原市)の一部機能を県内の別の工場へ移す方針を固めたことがわかった。自動車大手が東日本大震災後に拠点を移すのは初めて。

また、海から100メートルほどしか離れていない二輪車の技術センター(同県磐田市)も津波災害の懸念があるため、浜松市北部の高台の工業用地へ移す。(7/7 asahi.com

今が社会変革の時」 スズキ会長が静岡で講演

清水平成政経塾(百々勇司塾長)の9月例会が22日、静岡市清水区で開かれた。
鈴木修スズキ会長兼社長が講演し、「明治以来の社会構造やシステムがこれからも続くかと言えば、絶対にない。
日本の制度は疲労し、社会は急速に変わっている」と今が社会変革の激動期にある認識を示しながら、原発問題やスズキの経営実践を語った。

電気料金は上がってもいい。仮に『千年に一度』といっても、福島の悲惨さ、苦しみは自分たちの子孫に経験させたくない。極端な脱・原発ではなく、減・原発を考えなくては」と語り、浜岡原発の運転再開にも否定的な考えを示した。

国鉄やNTT、郵政民営化の歴史やJALの破綻に触れた上で、東京電力の福島原発の事故対応を批判し、「公共的な事業を独占してきた企業の体質を徹底的に検証するべき」などとゼロベースでエネルギー問題を見つめ直す必要を訴えた。
923 静岡新聞




テーマ:「原発」は本当に必要なのか
ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。