プロフィール

schnauzer

Author:schnauzer
脱原発にめざめました。
再生可能エネルギーにも大いに興味あり。
学んだこと、見聞きしたことを綴っていきます。一緒に考えませんか?

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

フリーエリア

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11/13 そもそも総研「そもそも“靖国”“尖閣”問題はどうなったのか?」

2014.11.13 21:10|そもそも総研たまぺディア
取りあえず日中首脳が一応握手をして、会談に臨んだことは評価していいですよね。
そもそも元東京都知事が、米国の軍産複合体にそそのかされて火種をつけなければ、更に野田政権が国営化という決定的な一手を打たなければ、加えて安倍総理が靖国神社に参拝しなければ、こんなに両国の国益を損なうような事態にはならなかったはずなのに。

田中宇氏の国際ニュース解説を呼んでいますが、それによると、この合意文書は中国語が原本で、そこから中国政府は翻訳の英語版を作り、日本政府は翻訳の日本語版と英語版を作ったそうで、英語版が2つあり、それぞれが微妙に違うとウォールストリートジャーナルが指摘しているそうです。
Who Gave Ground? China, Japan Tweak Translations to Claim Victory

安倍さんは”尖閣””靖国”についての考え方を変えてはいないと思います。 
それでは何が両国に握手をさせることなったのか、注視する必要ありです。
恐らくアメリカの圧力があったのではないでしょうか。

本日のそもそも総研の指摘のように、外交戦術上の”曖昧さ”であるなら結構なことなのですが、翻訳上の若干の言葉のまやかしや誤魔化しによる”曖昧さ”では後で必ず混乱が起こります。誰か2つの英文の訳を比べてくれないでしょうか。 外務省の外交力が問われていますよ。

********************************************************

11/13 そもそも総研たまペディア「そもそも“靖国”“尖閣”問題はどうなったのか?」

<日中首脳会談 開催したが・・・>
玉川: “尖閣国有か”以来3年振り。やっと行われた日中首脳会談(11/10)だが、そもそも“靖国”“尖閣”問題はどうなったんだろう? 
首脳会談について中国側はずっと条件をつけていた。この“靖国”“尖閣”問題で、日本側が条件をクリアしてくれるなら、首脳会談に応じますよみたいなことを言っていた。

しかし、今回首脳会談が実際に行われたわけで、この問題は一体どうなったのかが非常に気になっていた。

この二人のツーショット(会談前の日中首脳の握手〕を多くの人が見たと思うけれど、硬い表情というよりは首脳会談でこんな表情するんだなと僕は思った。

何だあの表情は!と国内でもいろいろ話題になったが、どうですか?

(米国、韓国、ロシア首脳と周近平主席との握手の写真と比べる)
中国国内に対する、こういう表情でやらなくてはいけないというある種のパフォーマンスではないのかという話もあるが、その辺も含めて一体どうなっているのかをいろいろな人に聞いている。

外交のプロ、外交官3人と前駐中国大使・丹羽氏の4人に、今回をどういうように見ればいいのか?分析すればいいのか?を聞いた。
P1050426-s.jpg


<首脳会談前の日中合意文書とは>
まず、首脳会談の前(7日前)に両国の事務方がすり合わせて環境整備をした。その時に両国がこういうふうに合意したという4項目があった。
その中の2項目に“靖国”と“尖閣”問題が入っていた。

P1050428-s.jpg

この中の『両国関係に影響する政治的困難』に歴史問題を含めた靖国問題が含まれるということだ。
『若干の認識の一致を見た』この若干とは何だ。

P1050430-s.jpg

『尖閣諸島』という言葉が入った。 
『・・・異なる見解を有していると認識し・・・』これは何なのか?

<前駐中国大使は・・・>
このへんを前駐中国大使・尖閣国有化時の大使・丹羽宇一郎氏に話を聞いた。
玉川: 今回日中首脳会談が行われたが、どのように思うか?
丹羽: まあ、一歩前進と言うか、これだけの隣国で互いに会っていないというのは、世界の歴史上の珍事。その間、何も両国にとってプラスになることはなかった。やはりこれはまずいのではないかと、そろそろ嫌気がさしてけんか疲れが出てきた。

折角、周近平国家主席が“おいでください”と招待状を出したわけだよね。招待状を出しておいて話し合いをしないということは失礼だ。中国の文化からいっても、招待状を出したら、机の下で足を蹴っても、心で笑って顔で笑って、「よくいらっしゃいました」というのが礼儀というもの。だから今回会ったからといって、何か解決するということは、多分両方とも期待してない。礼儀上の会談に近い。

P1050432-s.jpg

3年振りの首脳会談は25分間。双方から「靖国神社」「尖閣諸島」の固有名詞は出ずに終わる

玉川: 首脳会談をするためには、“尖閣”の問題“靖国”の問題に、中国側は条件をつけていた。この2つの問題は一体どうなったんだろう。中国側はどういうふうに考えたんだろう。ここはどうか?

丹羽: 話し合いをしようということを、日本側も強く要請していたわけだから、新しいことを安倍総理がおっしゃるのではないか?という変化を中国側が期待していたんじゃないかと思う。

玉川: 安倍総理、周近平国家主席、2人とも表情が非常に硬かったわけだ。
会談の後だったら、「何の成果もなかったじゃないか」と硬いのは分かるが、会談の前に硬い表情というのは何でなんですかね?

丹羽: 首脳会談というのは、事前に部下が打ち合わせをして、“こういうことで発言してください”と両方とも分かっているわけだ。従って、最初に挨拶するときにこれから行われる会談の中身は分かっているから、だから、「何だ」というような顔をして嫌々の顔をしていたんじゃないのか。

玉川: 周近平さんは国内向けにポーズとして苦い顔をしていたということではなくて、会談の中身自体に対して渋い顔をしていた・・・

丹羽: 中身は分かっていた。だから当然嬉しそうな顔はしないし、にこりともしないし、何となく嫌々会っているような気がする。たぶんそうじゃないのか。

(スタジオ)
玉川: 基本的に、首脳会談の中で話し合われることは、事前に事務方がすり合わせをして、それから握手して、実際の首脳会談。勿論事務方の打ち合わせを超えて首脳同士が話しをすることはあり得るらしいが、今回そういうことはなかったという感じなのか。

こういう表情は、正に中身を事前に表していたということだということ。

松尾: それが本当だとすれば、周近平さんは、ある意味物凄く正直な人なのかなと感じるが。

玉川: それは丹羽さんもおっしゃっていたが、周近平さんは正直な人らしい。顔で笑って、机の下で蹴るみたいなタイプではなく、面白くないと顔も面白くない人らしい。

松尾: でもそれでは13億人のトップとしてはどうかなという気もするが。
玉川: そうも思うが、ただ、同じ首脳会談の中で13億人の感情の問題があるという話をしているので、そこともリンクしているのかもしれない。

次に、元外交官・京都産業大学教授・世界問題研究所長・東郷和彦氏と元外務省日米安全保障条約課長・宮家邦彦氏に、先ほどの事前のすり合わせ文書について話をきいたところ、二人とも非常に近いニュアンスの評価をしている。

<さらに外交のプロは・・・>
東郷: 私が外務省でいろいろ見てきた外交文書の中で、最もよくできている文書の一つで、久しぶりに興奮を覚える非常によくできた文書。何故かというと、今の2つの問題について、当然日中の立場が違うというのは解消されていない中で、ぎりぎり一致できるのは何かというのを書いたのがこの文書だ。

P1050437-s.jpg


まず靖国だが、安倍総理は今回会談するにあたって、自分はこれから靖国に行きませんとは絶対に言わない。中国は靖国にもしまた行ったならば、今の日中関係の困難というのは、すべてもう一回出てきますよということを伝えたい。
そこから出てきたのが、この文書だと思う。「・・若干の認識の一致をみた」と。この“若干の”という、いわく言い難い、英語にすると外国人がみんなこれどう訳すのかと、あの文書が出た場は持ちきりだった。

玉川: 日本側からすると、“もう一度総理が靖国を訪問したら大変なことになる”と中国が言っていることは“わかっていますよ”ということなのか?

東郷: まあ若干の理解が進んだということだが、非常にデリケートなことだし・・・
詰めない。詰めない。この問題に関しては詰めない。これが外交というもんだと思う。
この文書が素晴らしいのは、これ以上詰めないという言葉を1つ見つけ出したということ。
靖国の問題は、もともと詰めていけば決裂する。だけど、その靖国の問題をこれ以上大きくしないために、“若干”の理解が進んだということで、とりあえずおさめたわけだ。

玉川:そうするとある意味“棚上げ”ということでいいのか?
東郷: そのことを“棚上げ”とか或いは“これが共通の理解です”ということを詰め出すと、この芸術的な文書が壊れてくるので、とにかく靖国の問題はこの文書によって、とりあえずはおさまったわけだ。

(説明)
東郷氏の祖父は開戦・終戦時の外務大臣・東郷茂徳氏。戦後永久戦犯として靖国神社に合祀されている。

東郷氏は、尖閣問題での日中の歩み寄りを評価している。

東郷: 一番肝心なのは、日本が一歩歩み寄った。中国も歩み寄った。その歩みよりの程度が全く同じ。だから勝ち負けなしということでおさめたのがこの表現。
日本の歩み寄りは何かといえと、日本の“領土問題は存在しないと”という立場は全く変わっていない。だけども両方に違った見解があるということをちょろっと認めた。

中国の歩みよりは何かというと、中国は日本に“領土問題の存在を認めろ”と言っていたが日本は認めていないが、自分の方にも意見があるということをちょろっと認めてくれた。だから対話を始めるだけの議論の場を、日本が認めてくれたことをもってよしとしたわけ。

玉川: お互いに尖閣に関しては、聞く耳を持たないという感じからは脱したということ?
東郷: 私はそう思う。

(説明)
では中国公使として、日中外交の機微にふれてきた宮家氏は、今回の外交をどう捉えているのか?

玉川: 首脳会談の前に文書が出たが、その中で靖国問題はここの含まれると思うが、『若干の認識の一致をみた。』これはどういうふうに文書解釈すればいいのか?

宮家: それは文字通り、“若干の認識があった”ということでしょう。中国語では“若干”という言葉を“一些 ”イーシエという言葉を使っている。英語では“some”という言葉を使っている。いい意味での曖昧な言葉でもある。そこに戦略的な曖昧さというのが込められているわけだから、そういう微妙に違うことをぎりぎりやっても意味がない。

だって日中なこれだけ厳しい関係からようやく反転してきたわけだ。つまりコップで言えば、水がちょっと入ってこれをハーフフル(半分水がある)と言うか、ハーフエンプティー(半分しか水が入っていない、半分カラだ)と言うか、どっちがいいですかということ。

P1050439-s.jpg

玉川: 要するに同じものだが、解釈によって違う解釈が生まれると・・・
宮家: 私はハーフフルだと思っているから、時に戦略的な曖昧さが必要な場合がある。
特に日中関係のような重要な関係で曖昧な部分が残っていても、不思議ではないと思う。
そのような曖昧さが、却って合意なるも、もしくは了解なるものに命を吹き込んで、そこの長寿を与える生命を与えるわけだ。そういう効用もあるわけ。必ずしも何でもかんでも白と黒をつけるのは、必ずしもいい方法ではない時がある。

P1050442-s.jpg

(スタジオ)
玉川: この曖昧さということなんですが、どうですか?
宮田: 文書の曖昧さについては、二人とも絶賛しているが、その曖昧な文書が出て、会談でその曖昧さを具体的に詰めるのかと注目されてきたと思うが、それはしなかった。会談の中でも曖昧なまま、解釈を具体的には表現しなかったという、その会談の曖昧さもよかったということか。

<海外の情報分析プロは・・・>
玉川: 外交問題の分析のプロはどう見たか。元外務省国債情報局長・孫崎享氏に話しを聞いている。

孫崎: 我々がどう受け止めているかということだけでなく、外交のプロはどのように見ているかということも、非常に客観的な問題として重要だ。
(アメリカ外交評議会)リチャード・ハース会長は、4つの合意があった時、これは外交的に大成功だと、大変な前進をしたと諸手を挙げてツィッターで称賛した。

11/8 ツィッター 尖閣の領土問題を管理し、そして信頼醸成措置を進めるとしたのは、真の外交的前進の意義を有する。



孫崎: 首脳会談が終わってからのツィッターを見ると、冷たい関係だと。米国の見方というのは冷たさを強調している。

11/10 のツィッター  見解の相違は解決されず、両国が尖閣を単に管理したのみ、首脳会談は暖かさに欠けるものの、建設的な歩みだった。



孫崎氏によれば、“建設的な歩み”とは外交上の単なる社交辞令に過ぎないという。
孫崎: 尖閣問題で、今までの状況とは変わったような雰囲気は作れなかったということだと思う。今後の安倍首相の尖閣に対する反応はますます強い態度を取っていく。
従来のラインとあまり変わっていないと思う。

P1050448-s.jpg


(スタジオ)
玉川: 日中の軍事衝突は、アメリカは絶対に嫌だ、だから最初の4項目の合意文書が出たときに、素晴らしいと評価したが、実際にあの表情を見て、会談の中身が伝わると、何だ何も変わっていないではないかとがっかりした。

アメリカの外交評議会というのは、アメリカの外交に関するシンクタンクの中でも最も権威あるところらしい。そのトップがあのように言っているということは重いと、孫崎氏は言っている。

赤江: 外交の常識として、全くお互いに勝ち負けをつけないというのも一つの方法なんだなと。やはり周近平さんの表情があまりにも露骨過ぎて、もう少しにこやかに会ってくれればよかったのにと思う。

今日のことば:外交については“あいまいさ”に対する「理解」と「耐性」が私達にも必要なのかも

玉川: 白黒はっきりつけたがる、私もそうだが、このコーナーもそう。

外交というのは、正に最も高度な人間関係みたいなもの、国同士の。そうすると、実は曖昧さに対する耐性、“曖昧さ耐性“と言う言葉が心理学にあるらしいが、要するに曖昧だということに我慢できるか、所謂人間としての成熟とか大人の具合ということに関わってくる。

これが、曖昧耐性がないと、直ぐに怒ったり、誰かにレッテル貼って安心したり、そういう態度になってしまう

私達も国民として、こういう微妙な問題は微妙で曖昧にしておく。ある種日本人的な、そういう物の見方をするべきだと。何だ中国ああいうへんな表情をしやがって、ということでなく、この曖昧であるということ。少しでも進んだということは評価すべきだということが大事なのではないか。

日中共に、あれほど嫌な表情をしても合わざるを得なかった。中国も経済の先行きが危うくなっているし、日本アベノミクスも、円安にしたら輸出が伸びるとしていたが伸びていない。この大きな要因は、中国があまり伸びないことにある。お互いにギリギリだったのではないのか。

松尾: 曖昧にも出来なかった状態の昔のほうがましだった。ここにこういう問題の固有名詞を書いてしまうということ自体が、本当はこれすらなくて、本当に解決したいと一致している問題点だけ話合えば建設的だったのにと思うが、

玉川: まあ、これからなのではないか。まずは一歩ということで、評価できるのではないかというそもそも総研でした。

(以上)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。