プロフィール

schnauzer

Author:schnauzer
脱原発にめざめました。
再生可能エネルギーにも大いに興味あり。
学んだこと、見聞きしたことを綴っていきます。一緒に考えませんか?

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

フリーエリア

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014 衆院選が終わって・・・

2014.12.15 23:58|2014 衆院選
11月初旬にかかった大風邪から抜け出せないでいたところ、先週インフルエンザに罹患してしまいました。
伝播力が非常に強いですから、皆さまお気をつけ下さい。 そしてインフルエンザと判明したら、しばらくは休養と諦め寝るに限ります。
小中学生のインンフルエンザでの出席停止は5日だそうです。
大人は軽いと早くに仕事に戻りウィルスをバラ撒くとも聞いていますので・・・。

==================
さて、選挙ですが、 マスメディアの前評判では最初は議席を減らすとされていた自民が単独300議席を越え、民主が議席を減らし、惟新も減らし、共産が倍増と言われていました。蓋を開けてみると・・・

自民 291 (無所属1を追加済み 公示前 295)
公明  35  (31)                  自公 326 (326)
民主  73 (62)   
惟新  41  (42)
共産  21   (8)
次世代 2   (19)
生活   2   (5)
社民   2   (2)
無所属 8   (15)

結局自民党は議席を減らして、負けたわけですね。
そして宗教団体に依存する公明党が議席を増やした。 創価学会員がどれほど日本にいるのでしょうか?

唯一喜ばしいのは、最右翼の「太陽の党」や「立ち上がれ日本」が収れんした「次世代の党」が全く新任を得られずに、石原、田母神、中田宏、山田宏、西村眞悟などが議席を取れなかったこと。この党は危なすぎる。

民主は票を少し戻したけれど、海江田氏が落選して、これから内部での権力闘争の末起こり再編があるとすっきりすると思います。何しろ海江田氏の分かりにくさが、この党のわかりにくさを象徴していましたから。
右から左からあまりに幅広くて、内部でどれほどの政策論議を深めているのか甚だ疑問です。
守りたい議員もいるが、排除してほしい議員も数多くおり、支持を難しくしているのではないでしょうか。

共産党は比例で上手く票を集めたと思います。比例で集票するには、やはり1党に集中しなくては無理でしょう。
共産党のやり方には学ぶところがあると思います。 
今回20議席以上となり、単独での法案提出権を確保したそうなので、これは期待しましょう。

得票数から分析をしてみたいのですが、その集計がまだ見つからないので後日。

それにしても小選挙区はこうでなくてはという見本が沖縄県
4区すべてでオール沖縄で応援した候補が自民党を破りました。
1区 赤嶺政賢  共産
2区 照屋寛徳  社民
3区 玉城デニー 生活
4区 仲里利信  無所属

特に4区の仲里氏は、対抗馬の西銘恒三郎氏の後援会長だった人物で、仲井眞氏に強要され辺野古埋め立てを承認した西銘氏の元を去り、その後辺野古反対を訴えて、稲嶺名護市長や翁長知事を支援してきましたが、今回無所属から出馬し77歳で国政の場に登場します。 応援して行きましょう。

沖縄では共産党も上手に選挙協力をしあっていまよね。 
本土では出来ないことなのでしょうか?
小選挙区でもしようと思えば出来るという見本のようです。




最も、すべての自民党の対抗馬が比例で復活してしまってはいるのですが・・・。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。