プロフィール

schnauzer

Author:schnauzer
脱原発にめざめました。
再生可能エネルギーにも大いに興味あり。
学んだこと、見聞きしたことを綴っていきます。一緒に考えませんか?

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

フリーエリア

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国民審査について  つづき

2014.12.17 22:22|2014 衆院選
昨日の国民審査のつづきです。
ラジオでの神保哲生氏のコメントにヒントを得て、国民審査の信任数を見てみました。

最高裁5裁判官、全員信任=国民審査【14衆院選】 12/15 jiji.com

 中央選挙管理会は15日、衆院選と同時に実施された最高裁の裁判官5人に対する国民審査の結果を発表した。罷免を求める投票が有効投票の過半数を占めた裁判官はおらず、全員が信任された。投票率は50.90%で、前回より6.55ポイント下がった。 

◇最高裁裁判官国民審査の結果
裁判官名     罷免を「可」     罷免を「不可」
鬼丸かおる  4,678,087  46,138,768
木内 道祥  4,861,993  45,954,803
池上 政幸  4,855,670  45,961,112
山本 庸幸  4,280,353 46,536,351
山崎 敏充  4,786,184  46,030,604

(2014/12/15-12:49)



上記で罷免を「可」は×をつけた数、「不可」は印をつけずにそのまま信任とカウントされた数です。
見ると、山本氏と鬼丸氏の数が他より少ないのがわかります。
特に山本氏の得票は顕著で、最多数より85万票ほど少なくなっています。 
他の数が拮抗していることから、多くの×は単に×をすべてつけているが、山本氏については明らかに×をつけない意思表示を見ることが出来ます。

「不可」については数が多いために一見しては分かりにくいのですが、逆の行動が見てとれます。

当日の比例得票総数は5333万票余であることから、大雑把に言って、多くの人がそのまま何も書かずに投票し、一部がすべてに×をつけた中で、85万人が何らかの情報を元に意思表示をしたことになります。

これは最高裁の内部では結構大きなインパクトになるのではないでしょうか。
とかく問題のある最高裁と言われていますが、やはり国民の方を向いてもらわないと困ります。

最高裁判事は高齢なために、国民審査を2回受けることがないということですから、残念ですが、次回の衆院選には忘れずにチェックしていきましょう。

最高裁の山本判事は15日にも在特会関連で判決を出していました。

徳島県教職員組合侵入事件 被告の罰金刑確定へ (12/7 朝日)

 「在日特権を許さない市民の会」(在特会)の会員らとともに徳島県教職員組合の事務所に侵入し、大声を上げるなどしたとして、威力業務妨害罪などに問われた兵庫県川西市の無職中曽千鶴子被告(53)について、罰金30万円とした一、二審判決が確定する。最高裁第二小法廷(山本庸幸裁判長)が15日付の決定で、被告の上告を退けた。

 今年5月の二審・高松高裁判決によると、中曽被告は2010年4月、朝鮮学校に支援金を渡した県教組に抗議するために、在特会の会員らと徳島市内の事務所に侵入。現場にいた当時の書記長らに対し、拡声機で怒鳴るなどした。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。