プロフィール

schnauzer

Author:schnauzer
脱原発にめざめました。
再生可能エネルギーにも大いに興味あり。
学んだこと、見聞きしたことを綴っていきます。一緒に考えませんか?

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

フリーエリア

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気になったニュース

2011.09.28 23:27|脱原発
地熱発電 開発資金を支援へ

経済産業省は、将来の再生可能エネルギーの柱の1つとして期待される「地熱発電」の開発を促すため、地熱発電に取り組もうとする企業に対し、巨額の初期投資の一部を支援する新たな制度を設ける方針を固めました。

「地熱発電」は、地下深くにある高熱の蒸気を取り出し、その熱で発電するもので、火山の多い日本では、将来の再生可能エネルギーの柱の1つになるとして期待されています。
経済産業省は、原子力発電への依存度を減らす一環として、地熱発電への企業の参入を促す必要があると判断し、企業への支援を行う新たな制度を設ける方針を固めました。具体的には、地熱発電に適した場所を探すための費用について、独立行政法人を通じて補助金や出資金を出す形で支援することにしています。また、熱を地中からくみ上げるための井戸を掘るのに50億円から100億円程度かかるなど、初期投資の大きさが課題になっていることから、企業がそのための資金を金融機関から借りる場合、債務保証も行うことにしています。
経済産業省は、新たな制度に必要な費用を来年度予算案の概算要求に盛り込むことにしています。(9/25 NHK 動画あり)

高速増殖炉研究予算、7割減へ 文科省が方針

プルトニウム利用の柱となる高速増殖炉の実用化に向けた研究開発費について、文部科学省は2012年度予算の概算要求で今年度の100億円から7~8割減らす方針を固めた。試運転中の原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)については、維持管理費として今年度並みの約200億円を計上する。

東京電力福島第一原発事故を受けて、政府は来年夏ごろまでに原子力政策を見直す方針。その間、実用化に向けた技術開発を事実上凍結することにした。文科省は「エネルギー政策の方向性が決まらないなかで、研究を進めるわけにはいかない」と判断した。

試運転中の「もんじゅ」では、施設の安全対策や機能を保つための維持管理費が必要とし、予算を削るのは難しいという。現在は昨夏の部品落下事故の修復のため、停止している。(9/27 asahi.com )

サンマ水揚げ制限 道東4港に集中

東日本大震災により三陸地方の港が被災した影響で、サンマの水揚げが北海道東部の四つの港に集中し、市場の競りが追いつかずに一部が水揚げできない異常事態になっている。漁業者でつくる組合は、水揚げの制限を決めた。・・・・・・

根室水産協会などによると、8月初旬の棒受け網漁の解禁から今月26日までの全国の水揚げは計6万トンで、うち道東部の4港に9割以上が集中。特に現在の漁場から最も近い根室市の花咲港には7割の4万2千トンが水揚げされた。

三陸の港では加工業者などの買い手がまだ十分集まらないため、被災地からの船が道東部の港に水揚げしていることが原因という。

花咲港では12日、水揚げが初めて3千トンを超え、競りを夜まで行った。その後も3千トン超えの日が続き、輸送するトラックが不足する事態も発生した。
全さんまの八木田和浩組合長は「制限は批判もされるが、今の状況が続けば仕方がない。制限しても生鮮、加工用とも必要数量は確保できる前提で方針を決めた」としている。 (9/27 asani.com

エルミタージュ美術館:「原発近い」と所蔵品貸し出し拒否

群馬県立近代美術館(同県高崎市)で12月開幕予定だったガラス工芸品展「皇帝の愛したガラス」を巡り、所蔵品を貸し出すロシア国立エルミタージュ美術館が「東京電力福島第1原発から近く、展示品が放射能で汚染される可能性がある」として中止を通知してきたことが近代美術館への取材で分かった。

近代美術館によると、5月12日にエルミタージュ側から中止の申し入れがあった。ロシア大使館などを通じ「群馬県は東京都と同様に空間線量が低い」などと説明したが、8月4日に正式に中止の通知が届いたという。

同展は12月23日~来年3月25日の予定だった。6月から北海道と東京都を既に巡回、10月には岡山市で予定通り開かれる。近代美術館は「楽しみにしていた人がたくさんいたので残念」と話し、代替の企画展を開く。(9/28 毎日 jp


テーマ:「原発」は本当に必要なのか
ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。