プロフィール

schnauzer

Author:schnauzer
脱原発にめざめました。
再生可能エネルギーにも大いに興味あり。
学んだこと、見聞きしたことを綴っていきます。一緒に考えませんか?

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

フリーエリア

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8/11 とうとう川内原発1号機 再稼働

2015.08.11 22:01|川内原発
本日8/11、電力不足はまったくしていないのに関わらず、九州電力川内原発1号機が再稼働してしまいました。 
原発が稼働するのは、2013年9月に福井県の大飯原発が停止して以来1年11か月振り。 3.11以後出来た新しい規制基準下では初めてです。

原子力規制委員会田中委員長は、「(新規制基準は)原子力施設の設置や運転等可否を判断するためのもので、絶対的な安全性を確保するものではない」、規制委員会は「安全を保証する機関でも、再稼働の是非を論じる場所でもない」としています。

安倍コベは、「事業者と規制当局が安全性を不断に追求していくことが大事だ」と電力会社や原子力規制委員会の責任を強調し、そのうえで「世界最高水準の新基準で認められた原発から再稼働していく」と繰り返すのみ。
30キロ圏の避難計画の策定を自治体に任せています。

九州電力の瓜生(うりう)社長は「これまで以上に緊張感をもって、安全確保を最優先に今後の工程を慎重に進めていく」としています。

薩摩川内市の岩切秀雄市長は、安全の確保が第一とした上で「万が一事故が起きた場合は第一義的には電力事業者が、そして国が関係法令に基づいて責任を持つ」と強調したそうです。

この国の国是と言ってもいいいような無責任体制です。事故時の責任は誰がとるのでしょう???
これでは、3.11の経験から何も学ばなかったということです。

もうすぐ臨界を迎えるそうです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。