プロフィール

schnauzer

Author:schnauzer
脱原発にめざめました。
再生可能エネルギーにも大いに興味あり。
学んだこと、見聞きしたことを綴っていきます。一緒に考えませんか?

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

フリーエリア

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3/29 東京新聞 こちら特報部 「日本の原発輸出 現地の声は」

2016.04.10 22:43|2016 原発
日本の原発輸出に相手国の多くの市民が批判をしています。 
平和主義の国であったはずの日本は、いつの間にか核を売る国へと変節してしまった。 
外から日本を見る視点が今正に必要だと思います。

3/29 東京新聞 こちら特報部 
日本の原発輸出 現地の声は 市民運動家ら来日

「『核と被ばくをなくす世界社会フォーラム2016』にインド、トルコ、フランス、ブラジルなど11カ国・地域から約50のゲストが招かれ、3/27の分科会でインド、トルコの市民運動家が発言した。」

インドから
「原発と核兵器はリンクする。日本の原発輸出は行き詰まる世界の核産業に力を与え、アジアの軍事拡張を促進する。・・・」

「インドは過去2回核実験をし、核燃料の再処理能力があるが、核拡散防止条約(NPT)には加盟していない。しかし、昨年12月安倍首相はニューデリーでインドのモディ首相と、原発輸出の前提となる原子力協定締結に原則合意した。近い将来、日本製の原発から出た使用済み核燃料が再処理をへて、核兵器の材料(プルトニウム)になる危険性がある。」

「結ばれようとしている協定は、被爆国として従来、核の不拡散を訴えてきた日本の姿勢と根本的に矛盾する」

「日本企業絡みでは東芝傘下のウェステングハウスが30年までにインドで35基の受注を目指すと発表している。」

IMG_20160409_0001 (1)-s

「福島収束せず・・・不誠実」    原発阻止 市民の国際連携必要
トルコから
「福島事故で、日本の原発企業は国内では業績不振だ。その分、トルコなどへの輸出で利益を補い、自らの危険な技術を守ろうとしている」

「三菱重工業と仏アレバ社の合弁会社がシノップで4基の建設に向けて調査を進めている。」

「シノップはチェルノブイリ原発事故で農漁業や観光業が深刻な打撃を受けた。千キロ離れているが、放射能の雨が降り、汚染水が黒海に流れ込んだ。地元産のナッツや紅茶などによる内部被曝が進み、家族に一人はガン患者がいると言われている。」

「福島の事故がいまだ収束していないのに、輸出を考える日本は誠実とはいえない」

IMG_20160409_0004-s (2)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。