プロフィール

schnauzer

Author:schnauzer
脱原発にめざめました。
再生可能エネルギーにも大いに興味あり。
学んだこと、見聞きしたことを綴っていきます。一緒に考えませんか?

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

フリーエリア

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「もんじゅ」 どうなるか?

2011.06.23 23:51|脱原発
6/23 YOMIURI ONLINE

日本原子力研究開発機構は23日夜、高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)で原子炉容器内に昨年8月に落下した核燃料交換用の炉内中継装置(長さ12メートル、重さ3・3トン)を引き抜く作業を始めた。

24日早朝まで続く見通し。安全上問題がなければ、2013年度内の本格運転開始を計画している。

同機構は昨年10月に引き抜きを試みたが、装置の一部が変形していたため抜けなかった。



「もんじゅ」は、各原発から出る使用済核燃料を再利用するという核燃料サイクル計画の元に1994年稼働を始めましたが、1年でナトリウム漏洩による火災により稼働できず、15年間停止していました。 
昨年稼働して直ぐに、装置の落下により停止。その後この装置を何回も引き上げようとしたが、先端が曲がっていて引き上げに失敗していました。

本日、周りの部分からの引き上げが始まるはずだったが、機器の不具合があり、やっと先ほど始まったようです。少しずつ行うため明け方までかかる見込み。何とも恐ろしいです。
前の火災の後に、関係者が一人、今年にも一人が亡くなっています。(転落、自殺)
また、これが動かないと使用済み核燃料が、各原発の使用済み燃料プールにたまってしまい、それで結局原発が動かせないということにもなります。

6/18 TV朝日 報道発 ドキュメンタリー宣言という番組で、長野智子さんが「もんじゅ」の中に入っています。
報道発 ドキュメンタリー宣言

あまり報道されませんが、福島の1号機~3号機の燃料プールにも使用済み核燃料が沢山入ったままになっています。
どうなっているのでしょうか。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。