プロフィール

schnauzer

Author:schnauzer
脱原発にめざめました。
再生可能エネルギーにも大いに興味あり。
学んだこと、見聞きしたことを綴っていきます。一緒に考えませんか?

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

フリーエリア

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界的ダンサー 脱原発を後押し

2011.10.21 17:26|脱原発
この国の芸能文化人と云われる人達のなかには、脱原発を声高に云う人は数少ないですね。
本来なら、社会的に影響力のあるこういう人こそ、脱原発と叫んで世論を引っ張っていくべき。
様子見なのでしょうが、情けない。

世界的ダンサーはこのように語っています。

被災地で公演のギエム「温かな時間共に過ごしたい」 (10/20 スポニチ

 東日本大震災の被災地、福島県いわき市や盛岡市で公演するため来日した世界的バレエダンサーのシルビー・ギエム(46)が20日、東京都内で会見し「この公演は一人の人間としての私の義務。被災地の人々を励まし、一瞬でも温かな時間を共に過ごしたい」と話した。

 東京電力福島第1原発の事故が収束しない中での公演だが「将来のため私たちはいま、動かなくてはならない。放射性物質は何万年も影響が残る恐ろしいもの。それを知らないことは危険です。電気の無駄遣いをせず暮らせば、原発がない方が豊かな生活ができる」と力強く話した。

 震災前から予定された来日ツアーだったが「悲しみの中にある人に『あなたは一人ではない』と伝えたかった」と被災地での公演を加えるなど内容を変更し「HOPE JAPAN」と銘打って、開催に踏み切った。

 ギエムは「100年に一人」と称される人気ダンサー。1980年代から来日公演を重ねている。

テーマ:「原発」は本当に必要なのか
ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。