プロフィール

schnauzer

Author:schnauzer
脱原発にめざめました。
再生可能エネルギーにも大いに興味あり。
学んだこと、見聞きしたことを綴っていきます。一緒に考えませんか?

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

フリーエリア

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トルコの地震 アルメニア原発への影響

2011.10.28 23:42|海外の動き
トルコのワン県に発生した地震による、隣国アルメニアの原発への影響についてのニュースです。 

原発損傷報道でアルメニアがトルコ非難 (10/26 日経

 【モスクワ=共同】トルコ東部地震の影響で震源地に近い隣国アルメニアの原発から「放射性物質が漏れた」とトルコ紙が23日の地震発生直後に報道、アルメニア側はこれを否定しトルコの反応を「政治的」だと非難する一幕があった。同原発が旧ソ連型で「世界一危険」とされることや、両国の歴史的対立が背景にある。

 トルコ紙は同国原子力機関の話として、両国国境から十数キロにあるアルメニアの老朽化した原発が損傷し、放射性物質が漏れたと伝えた。同国エネルギー・天然資源省は24日「その事実はない」との声明を発表した。

 アルメニアのメディアによると、同国の原発担当閣僚は、トルコはアルメニアに新規原発を造らせず、電力不足の状態を続けさせたい政治的意図があると強調した。

 アルメニアの原発は、1988年のアルメニア大地震の際、放射性物質は漏れなかったが原発スタッフが逃げ出したため原子炉過熱の危機が生じた。ロシアの援助で原発を新設する計画がある。

 アルメニアとトルコは第1次大戦中のアルメニア人「大量虐殺」の歴史認識をめぐり対立。2009年に関係正常化で合意したが、文書は未批准。

======
アルメニアのメツァモール原発は、エネルギー不足故に、1基を動かしていたようです。
実際に「放射性物質が漏れた」かどうかの真偽ははっきりしません。アルメニア当局は影響ないと云っていますが・・・。
原発はどこでも闇の中です。

トルコは、日本から原発を輸入するのを断念したというニュースは以前ありました。
自国の地震と、アルメニア原発への素早い反応を見ると、原発推進の方向に変化があるのでしょうか。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。