プロフィール

schnauzer

Author:schnauzer
脱原発にめざめました。
再生可能エネルギーにも大いに興味あり。
学んだこと、見聞きしたことを綴っていきます。一緒に考えませんか?

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

フリーエリア

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大飯3号機の再稼働は許しません

2011.10.28 23:43|大飯原発
関電が大飯3号の耐性評価提出 県「再稼働には不十分」 (10/28 福井新聞

 関西電力は28日、定期検査で停止している大飯原発3号機(加圧水型軽水炉、118万キロワット)についてストレステスト(耐性評価)の1次評価結果を経済産業省原子力安全・保安院に提出した。地震に対しては想定した最大の揺れの強さ(基準地震動)の1・8倍まで、津波では想定高2・85メートルの4倍の11・4メートルまで核燃料が損傷せずに耐えられるとした。(伊豆倉知)

 同評価結果の提出は全国の原発で初めて。国はストレステストを再稼働の前提条件としているが、報告を受けた福井県と地元おおい町は「福島の知見を反映した安全基準が必要」とし、ストレステストだけでは再稼働は認められないとの考えをあらためて示した。

 評価結果は保安院が妥当性を確認し、原子力安全委員会がダブルチェック。国際原子力機関(IAEA)の再点検を受けた後、政府が再稼働の是非を判断する。ただ、保安院は原発の耐震安全性評価(バックチェック)に新たに津波の評価方法を設定して確認する方針を示すなど、一連の評価にかかる期間は不明だ。

 加えて、県などは安全基準の明示などを国に求めており、実際に稼働する時期は全く見通せない状況にある。

 ストレステストは、地震や津波、全電源喪失などが起きた場合、原発の機器がどの程度の余裕を持ち、どの程度の事象まで耐えられるかをコンピューターで計算する。

 関電は大飯3号機について、基準地震動(700ガル)の1・8倍(1260ガル)までは炉心冷却が可能と評価。東京電力福島第1原発事故を受けて実施した緊急安全対策前の1・75倍から裕度が約3%向上した。津波では11・4メートルまで耐えられるとし、対策前の4・65メートルからは約145%アップした。空冷式非常用発電機の配備などで安全性が向上したとしている。

 関電の豊松秀己副社長(原子力事業本部長)は28日、県庁で満田誉副知事に評価結果を説明。副知事は記者団に対し「福島の知見を新たな安全基準やハード、ソフト面(の対策)全てに反映することが重要」と述べ、ストレステストだけでは再稼働には不十分と重ねて指摘した。

 時岡忍おおい町長も同日の記者会見で「(ストレステストは)町として再稼働の判断材料にできるものではない」と述べた。

関電管内、節電10%以上 政権要請へ (10/27 朝日

 野田政権は今冬、関西電力管内の企業や家庭を対象に、昨年冬に比べて10%以上の節電を要請する方針を固めた。定期検査で停止中の原子力発電所の再稼働が見込めず、電力不足が避けられないため。九州電力の管内でも5%程度を要請する方向で調整する。

 政府は今回、数値目標を設けるが、達成を義務づけるわけではなく、あくまでも「お願い」にとどめる。11月1日にも開く「電力需給に関する検討会合」(座長・藤村修官房長官)と「エネルギー・環境会議」(議長・古川元久国家戦略相)の合同会議で決める。関西での節電の数値目標はこの決定を受け、2府5県でつくる関西広域連合と関西電力、国とで一本化したうえで正式に決める予定。・・・・・

======
西川福井県知事は、立地県の首長の中ではストレステストに非常に懐疑的であり、再稼働に厳しい意見を持っていると理解しています。ここで大飯が再稼働すると、次々に始まります。
西川知事に頑張ってもらわなくてはなりません。

電気足りないコールがまた始まりました。関電は、美浜2号と高浜2号が定期検査に入り、今年冬に大飯2号、来年に入ると高浜3号が定期検査に入るので、関電が節電で騒ぐのは想定内でした。
しかし、他の電力会社よりの融通や、需要調整契約の活用、ピーク時に大口需要家の電気料金を高く設定して電気使用を抑制するインセンティブがはたらくようにするなどすれば、乗りきれると考えています。

最も、関電も節電のお願いで済むようですし、九州の経済団体は、夏も乗りきれたのだから問題にしていないという記事を目にしたので、大丈夫でしょう。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。