プロフィール

schnauzer

Author:schnauzer
脱原発にめざめました。
再生可能エネルギーにも大いに興味あり。
学んだこと、見聞きしたことを綴っていきます。一緒に考えませんか?

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

フリーエリア

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ICRPの基準は政治的判断で決めた

2011.12.28 23:59|放射性物質
28日22:55~23:25 「NHK追跡!深層ファイル「低線量被ばく・揺らぐ国際基準」
現在、放射線を語る根拠のひとつになっているICRP(国際放射線防護委員会)による100ミリシーベルトでガン死亡率が0.5%上がるという数字は、科学的な根拠はなかったがICRPの判断で決めたと、元ICRPの委員が明かしていました。

広島、長崎のデータから本来は引き上げなければならなかった基準を引き下げて半分にした。

そして、原発労働者が長く働けるように、原発労働者の放射線許容量を高い基準にした。

2010年、ICRPの予算に日本原子力研究開発機構が45,000ドル拠出したとのこと。

福島事故を受けて、低線量被ばくのリスクは低いとみなして、半分にしていることが妥当なことか論議しているそうです。

======

ICRPが原発推進の委員会であることは知っていましたが、この数字が根拠がなかったとは・・・。
これまでこの数字を語ってきた御用学者は、一体何と言い訳するのでしょうか。

このNHKの放送前にも、他局で散々聞きましたよ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。