プロフィール

schnauzer

Author:schnauzer
脱原発にめざめました。
再生可能エネルギーにも大いに興味あり。
学んだこと、見聞きしたことを綴っていきます。一緒に考えませんか?

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

フリーエリア

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脱原発世界会議-2

2012.01.05 11:48|2012脱原発世界会議
1/14、15日にパシフィコ横浜で開催される『脱原発世界会議』のプログラムの中で、こんなのものも興味深いです。

14日(土) 16:45
特別セッション1:首長会議:地域発・原発に頼らない社会のつくりかた

三上元静岡県 湖西市長      市長のブログ
西原茂樹静岡県 牧之原市長
保坂展人東京都 世田谷区長
笹口孝明新潟県 元 巻町長
上原公子東京都 元 国立市長

浜岡原発の立地市や周辺では、現実的に原発に頼らないでやっていくのか、もし事故が起こったら実際にどうなるのかをいち早く考えていかなくてはなりません。 

静岡県内の35市町議会では浜岡原発の「永久停止」「廃炉」を求める意見書や決議を採択する市町議会が相次いでおり、内訳は東伊豆町、伊豆市、伊豆の国市、南伊豆町、松崎町、長泉町、富士市、牧之原市、三島市、吉田町。

また、浜岡原発から30キロメートル圏内にある藤枝市議会と、10キロメートル圏内にある菊川市議会が「市民の安全と安心が担保されない限り、施設の再稼働は認められない」という意見。

今回このセッションに登場する西原牧ノ原市長は、「永久停止」は譲ることはできないという意見。

具体的にどのように議会がそういう結論に達したかを聞けるよい機会だと思います。

保坂世田谷区長は脱原発を掲げて当選しているので、その後の取り組みなど聞いてみたいですね。
新潟県の巻町は、自然エネルギーで賄っている先進的な町。 その取り組みと課題を直に知るよい機会だと考えています。

関連したニュース
川勝静岡県知事は、福島第一原発事故で(浜岡原発と同じ)沸騰水型は危ないというのが日本人の共通認識になったとして、中部電の津波対策が完了しても再稼働を認めない方針を表明しています。が、4日、浜岡を核分裂のエネルギーを安全に活用する方法を確立する拠点にできないか、あそこで働いている人たちのために何ができるか、ということを考えるとしてトリウム原発について言及。

再稼働については、日本における最高権威と呼ばれる人たちを集め、浜岡原発について徹底的に検証していただいている。その方たちの意見を聞いて徹底的に科学的に判断していくとのことです。

立地している御前崎市の石原茂雄市長は、原子力に代わるエネルギーの研究や施設の誘致に前向きな姿勢を示しており、水野中部電力社長は、原発の安全性を高める研究施設など原子力関連施設を整備する考えを示しているそうです。(1/5 中日


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。