プロフィール

schnauzer

Author:schnauzer
脱原発にめざめました。
再生可能エネルギーにも大いに興味あり。
学んだこと、見聞きしたことを綴っていきます。一緒に考えませんか?

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

フリーエリア

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ムラ」も無視できぬ存在 小出裕章さん

2012.01.09 23:17|小出裕章氏
1/9 東京 こちら特報部  
京大原子炉実験所助教 小出 裕章(62)  「ムラ」も無視できぬ存在

昨年10月30日、東京都港区のJR浜松町駅近くの喫茶店。京都大学原子炉実験所助教の小出裕章は、約2時間、日本原子力学会教授の田中知(さとし)(61)らと向き合った。

・・・・一方の田中は、原発を推進することで互いに利益を得る企業や研究者の排他的集団「原子力ムラ」の中心人物だ。
「原子力の学問をどうしたらいいか」と問われた小出は諄々と説いた。

「原子力を推進するような学問はすべてやめるべきだ。 ただ、今回の事故処理、使用済み核燃料、各原発の廃炉の問題などが残っている。 これらの負の遺産を乗り越えるための専門家を育成する必要がある」・・・
=====
この後も、この田中氏のこの面談の狙いについてが興味深い。

東京1

「収束宣言」でも事故は進行中   今度こそ止めたい

「事故は進行中だ。 溶けた核燃料は原子炉格納容器の底を突きぬけているかもしれない。 東電の発表によれば、格納容器床面のコンクリートを最大65センチ溶かしているが、外殻の降板まで37センチ余裕があるという。これは単なる計算にすぎない。 仮定の置き方で答えはいくらでも変わる」
「火力発電所と水力発電所があれば電力は足りるのに、政府と電力会社は毎日のように『停電するぞ、節電しろよ』とウソの宣伝を流し続けている。 多くの人が、まただまされようとしているように感じる」・・・

「・・・『どうしたら原発をなくせるか』と聞かれるが、知っていればやっている。 私は、原子力の学問の場にいる人間としてやらなければならないことを続ける。 歌のうまい人は歌えばいい。 署名もデモも一つの手段だ。 これだけは自分がやりたいと思うことを、皆さんがやるようになった時、原発は必ず止まる」

東京2

福島原発の現実はかなり厳しい状態だと思います。 30年は水をかけ続けなけれならないと云われていて、その現実から目を覆い、逃げて忘れてしまいたくなります。 
しかし、現実をしっかり見つめ、受け止めていくことが、今私に必要なことだと考えています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。