プロフィール

schnauzer

Author:schnauzer
脱原発にめざめました。
再生可能エネルギーにも大いに興味あり。
学んだこと、見聞きしたことを綴っていきます。一緒に考えませんか?

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

フリーエリア

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脱原発世界会議-4

2012.01.09 23:58|2012脱原発世界会議
昨日(1/8) 脱原発世界会議のボランティア事前説明会が、事務局のあるピースボートで開かれました。 1/14、15当日には270名のボランティアが必要とのことです。 昨日は連休にも拘らず120名余りの人々が会場いっぱい集まりました。

若い人が多かったけれど、白髪の混じった人から子連れの人まで、それぞれ動機は違うけれど何かしなければという思いを同じくする人が沢山。 若い人びとの新しい動きを感じました。 

脱原発世界会議実行委員長 ピースボート 吉岡達也氏の挨拶から

・・・・・国際会議とか世界会議というと、普通の庶民には馴染みがない。 国際会議というとだいたいは専門家や政治家、偉い社長さんたちが、集まって話をしパーティをするというものだが、我々は全く違った会議をしたい。 そういう専門家の国際会議だったらコンベンションセンターに頼んで何百万円か払ってやってもらえばいいですね。 そうすればパっパッパッとやってくれますから。 我々のはそういうのではないのです。

我々のは、市民が普通の人たちが、これから生きていく道筋を見つけるための会議ですから、手作りで皆で作りあげようではないか。 そういうことで皆さんにお集まりいただいたのです。 誤解しないでいただきたいのですが、大きな会場で1万人も集めるのだったら、ピースボートかどこかがお金を持っていて、準備がもう済んでいるのではないのかと思われるかもしれませんが、全くそうではないんです。 会議に必要な資金は集めきれていないのです。 自転車操業もいいところであります。 様々なところからカンパや賛同金をいただいて、お金は充分ないけれど、人が集まれば知恵もカンパも集まるし、なんとか乗り切ろうというところです。

僕たちが作る、私たちが作る世界会議であって、ぱっと来た人にも入りやすい、分かりやすいそういう世界会議にしていきたい。・・・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。