プロフィール

schnauzer

Author:schnauzer
脱原発にめざめました。
再生可能エネルギーにも大いに興味あり。
学んだこと、見聞きしたことを綴っていきます。一緒に考えませんか?

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

フリーエリア

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脱原発世界会議-7

2012.01.16 23:52|2012脱原発世界会議
14、15日と2日間にわたって、「脱原発」への思いにあふれた市民や、世界の専門家が集まった「脱原発世界会議」にボランティアとして参加してきました。 さすがに疲れました。

1000人、600人収容のホールでのシンポジウム形式のイベントは入場者希望者が多く、事前に整理券を配布しておく態勢になったので、受付を声を張り上げてその説明をするのに大変でした。

初日は大変でしたが、2日目の昼ごろからは入場者もそう多くなく、会場を少しだけ回ることが出来ました。
大きいホールのイベントには参加出来ませんでしたが、最後の閉会イベントの後半はホールの後ろに立って参加出来たので、「脱原発」の人々と少しだけ気持ちを共有でき嬉しかったです。 
(画期的な会の裏方に参加出来たことは意義あることだったけれど、滅多にない話を聞くよい機会だったので、裏方ではなく参加したかったというのが本音)

入場者が両日で1万1500人、専従スタッフ50人、ボランティア300人だったとのことでした。
初日の午後、横浜で行われたデモにも多くの人が参加したそうです。

主催団体の中で事務局を務めた「ピースボート」の吉岡氏は、財政規模は5000万円。お金が集まってから行動するのでなく、もし赤字だったら皆でかぶるという思いで準備してきた。 500万円の赤字と聞いているが、当日券の入場者が多いようなのでカバー出来るかもと閉幕後の記者会見で語っていました。

スタッフは若い女性が多く、外国人もいました。 「ピースボート」で多くの人を束ねていくノウハウがあるとは云え、「脱原発世界会議」はかなりハードルの高い作業だったと思います。 準備期間も短かったようですが、素晴らしい働き感服しました。
老若男女、子どもまで幅広い年齢層でしたが、特に若い女性が多かったように思います。
中年の男性が少なかったようですね。

会議の様子はOurPlanet-TVと岩上安身氏のIWJで動画で配信しています。

まだ駆け足で2つほど見ただけなのでしばらく勉強の日々ですね。

15日の東京新聞は一面トップで、この会議について伝えていました。 TVでは少しだけ報道されたようですが、イタリアの船の事故の方が自国の原発事故より大きい扱いというのはどういうことなのでしょう。
おかしな国になっています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。