プロフィール

schnauzer

Author:schnauzer
脱原発にめざめました。
再生可能エネルギーにも大いに興味あり。
学んだこと、見聞きしたことを綴っていきます。一緒に考えませんか?

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

フリーエリア

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミツバチの羽音と地球の回転

2012.01.21 23:47|メディア・映画
昨日家の近くで、鎌仲ひとみさんの映画『ミツバチの羽音と地球の回転』の上演会があったので見てきました。 2回目です。

当ブログの関連記事

上関原発建設に30年も反対している祝島のおばちゃん方の力強さには、再び勇気をもらいました。
前に映画を見た後に祝島のびわひじきを買って応援しようと考えたのに、実行しなかったので、今回こそと祝島のHPをみてみたのですが、ほとんど売れてしまっているようです。
応援団が沢山いるのでしょうね。 残念!! また、時々チェックしましょう。
祝島市場ホームページ

ストップ!上関原発! のサイトに あなたにもできる原発反対運動 のページを見つけましたのでリンクしておきます。

今回再認識したのですが、映画に登場するスウェーデンエネルギー庁長官、トーマス・コバリエル氏は、職を辞して孫さんの「自然エネルギー財団」の理事長になっています。
映画ではまだエネルギー庁長官。

=====
スウェーデン第二の都市ヨッテボリ市は、すでに全市の暖房のほとんど100%を、脱電気、脱石油に転換しています。

トーマス 「ここがヨッテボリ市が運営する電力会社だ。 地域暖房は工場から出てくる廃熱の供給システムを使っている。 インフラにかなり投資しなければならない。 しかし、工場からの廃熱を利用すれば、エネルギー費用を劇的に減らしてくれる。 新たにボイラーを建設して、高価な燃料を燃やす暖房に比べて工業廃熱は膨大にある。

その熱は以前は無価値で、前は、海や川にただ捨てていたんだからね。 電力会社は電気を売るだけではなく、熱そのものを売って稼いでいる。 それがコジュネ施設に競争力をつけている」

トーマス 「バリヤーをはずすんだ、新しいエネルギーを阻むものの。 最も大事なことは配電網にアクセスする権利だ。 例えば風力発電の電気を直接、消費者に売れるようにするんだ」




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。