プロフィール

schnauzer

Author:schnauzer
脱原発にめざめました。
再生可能エネルギーにも大いに興味あり。
学んだこと、見聞きしたことを綴っていきます。一緒に考えませんか?

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

フリーエリア

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

六ケ所村 再処理工場の動き

2012.01.25 22:34|核燃料サイクル
今年に入って六ケ所村の再処理工場に動きがあることをお伝えしましたが、新しい動きです。
初歩的な段階で試運転が止まっていますが、核燃料サイクル自体の破綻が叫ばれている状況を考えれば、いちかばちか動かしてみるのかなぁ~と素人として危惧しています。
「もんじゅ」や「MOX燃料工場」が動かなければ、ここで出たプルトニウムは核兵器の元になるだけで使い道がないわけで・・・。

再処理来週にも試運転再開 (1/25 NHK ONLINE)

4年前から中断している六ヶ所村の再処理工場の試運転について事業者の日本原燃は近く再開に向けた準備作業を終え試運転を再開できる見通しを明らかにしました。

六ヶ所村の再処理工場は、試運転の最終段階だった平成20年12月、放射能レベルが高い廃液をガラスで固めてガラス固化体という廃棄物にする溶融炉で、溶液が詰まるトラブルなどが発生し、試運転が、中断したままになっています。事業者の日本原燃によりますと24日午後11時前から試運転の再開に向け、ガラス固化体を作るため、廃液に混ぜ合わせるガラスを溶融炉に入れて溶かす作業を開始したということです。
ガラスを溶かす作業は数日かかるということで、この作業を終えることで再開に向けた準備の作業が完了するということです。

その後は、試運転として、実験用の模擬廃液を使い、溶融炉でガラスを固める試験が再開することになります
この試験が順調に進むと、次には、本物の高レベル放射性廃液を溶融炉に入れる計画になっていてことし10月に予定されている本格的な稼働に向けてトラブルなく試運転が行われるのかどうかが注目されています。


六ケ所村の一端が分かる動画 小出裕章氏も登場します。



とここまで書いていたら、再処理工場に不具合があったようです。 「トラブル」とは云えない事象」とのことですが・・・。

六ケ所村再処理工場で不具合 試験再開に向け準備中 (1/25 朝日デジタル)

青森県六ケ所村にある使用済み核燃料再処理工場を運営する日本原燃は25日、試験運転の再開に向けた機器の作動確認で不具合があった、と発表した。

高レベル放射性廃棄物を固めるためのガラスを溶かして溶融炉から外に抜き出す工程での作動確認で、抜ける速度が本来より遅くなったという。日本原燃は「トラブルとは言えない事象」としている。

試験運転は2008年以降、トラブルで中断し、東日本大震災を受けて再開は延期されていた。日本原燃は再開に向けて24日に溶融炉の加熱を終え、作動確認を始めたばかりだった。26日に溶融炉内の溶けたガラスをかき混ぜて、作動確認を再開する予定。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。