プロフィール

schnauzer

Author:schnauzer
脱原発にめざめました。
再生可能エネルギーにも大いに興味あり。
学んだこと、見聞きしたことを綴っていきます。一緒に考えませんか?

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

フリーエリア

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原発を問う民衆法廷

2012.02.15 20:30|市民運動
こんな新しい動きを、東京新聞「こちら特報部」が伝えています。 (2/14 東京)

東京電力福島原発事故の責任を、市民感覚の裁判形式で問う試みが始まる。
市民団体の有志らが、25日、東京で原発を問う民衆法廷」を開く。 法廷では複数の弁護士が検察官役と東電・政府の代理人役に分かれ、大学教授らが裁判官を担当する。 市民らは今回の原発事故をどう判断するのか。・・・・・

・・・・・福島県田村市の有機農業農家や三春町の喫茶店経営者たちが、実際の原発事故の影響を意見陳述する。・・・・・

裁判官役の田中氏は「なぜ本当の法廷ではなく民衆法廷なのかを考えてほしい。 原子力基本法や原子力損害賠償法などは原発推進のための体系となっている。 事故が起きた時の責任追及を想定した法律がなかったのが原因だ」と指摘する。・・・・・

民衆法廷は25日午後1時半から、東京都港区の機械振興会館で開かれる。
原発民衆法廷HP


2/14東京


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。