プロフィール

schnauzer

Author:schnauzer
脱原発にめざめました。
再生可能エネルギーにも大いに興味あり。
学んだこと、見聞きしたことを綴っていきます。一緒に考えませんか?

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

フリーエリア

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強風による原発への影響

2012.04.04 23:50|福島原発
昨日からの低気圧の強風により、福島はじめ東北地方の原発に影響があったようです。

福島第1原発:強風でフィルター詰まる 窒素注入装置停止 (4/4 毎日

東京電力は4日、福島第1原発1~3号機に、水素爆発を防ぐために窒素ガスを注入する装置が約2時間40分停止したと発表した。予備装置を起動させ、水素濃度に大きな変化はなかった。猛烈に発達した低気圧に伴う強風で飛散した砂塵(さじん)などが装置のフィルターを詰まらせたことが原因とみられる。

東電によると、1~3号機にはこの日、水素爆発を防ぐために毎時5~28立方メートルの窒素ガスを注入していた。しかし、午前10時55分に免震重要棟にいた社員が注入量がゼロになっていることを発見。現場を確認すると、午前9時51分には停止していた。供給は午後0時29分に再開した。・・・・・

東電によると、水素濃度が危険値に達するまで約30~50時間の余裕があるという。装置は3月12日にも約30分間停止した

女川、東通原発送電線の電圧低下 冷却ポンプ一時停止 (4/4 河北新報)

東北電力は4日、女川原発1号機と東通原発1号機の使用済み燃料プールを冷却するポンプが一時的に停止したと発表した。いずれも大型の低気圧の影響で、原発につながる送電線の電圧が瞬間的に低下したのが原因。両原発ともプールの水温に変化はなく、同社は「安全面に異常はなかった」としている。

東北電によると、女川原発1号機の冷却ポンプは3日午後9時50分ごろ停止し、所員らが設備に異常がないことを確認して約20分後に稼働させた。東通原発では4日午前6時45分ごろに停止し、約40分後に復旧した。

女川原発1~3号機と東通原発1号機は東日本大震災後、運転停止が続いている。(4/4 河北新報

=====
地震や津波以前に強風に対する対策も立て直してください。

我家の雨どいの下は、雨の後にはおそらく屋根に降った放射能が雨どいを通して下に落ちるのか、線量が高くなります。もっとも高価な線量計ではないので、比較した高低しか分からないと考えていますが。(通常は新宿の地上19Mのモニタリングポストの2倍)

昨日の雨風により、雨どいの下の放射能もどこかに移動してしまったのか、本日はいつもの数値に戻っていました。
あの強風でかなりあちこち移動したのでしょうねぇ。

先日、我家の線量計が、BS放送でTVショッピングされていたのには驚きました。
とうとう”一家に一台線量計”の時代に突入したのです。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。