プロフィール

schnauzer

Author:schnauzer
脱原発にめざめました。
再生可能エネルギーにも大いに興味あり。
学んだこと、見聞きしたことを綴っていきます。一緒に考えませんか?

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

フリーエリア

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大飯原発をめぐる一日

2012.04.05 23:23|大飯原発
原発再稼働、地元同意義務ない 藤村官房長官 (4/5 東京)

藤村修官房長官は5日午前の記者会見で、定期検査により停止中の原発の再稼働に関し、地元の同意は必ずしも前提条件にならないとの認識を示した。「法律などの枠組みで同意が義務付けられているわけではない」と述べた。これまで原発の再稼働には地元の同意が必要としてきた姿勢を軌道修正した形で、原発の地元や周辺自治体などの反発は必至だ

政府は、関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働に向けた手続きを進めているが、周辺自治体が反対・慎重な立場を崩していないためとみられる。法律上の「同意」は不要との立場を強調し、再稼働実現への地ならしを図る狙いがあるようだ。

大飯原発の再稼働の政府暫定基準は、藤村官房長官が「(保安院が)相当鉢巻きを巻いてやる」ほどのものでなく、保安院が3月にまとめた原発事故対策の30項目のうち、すでに対策が完了している項目を基に基準を策定するようです。
完了した対策としては、炉心冷却用の消防ポンプの配置、非常用電源者の配備など。
大切な免震重要棟の建設、ベントフィルターの設置、防潮堤の設置など時間がかかる対策は中期的な目的としている。

首相と三閣僚の協議の議事録について、3日に岡田副総理は作成対象外としていましたが、一転作成する方向になったようです。何でもありです。何か公開すると不都合な発言があるのでしょうね。

大飯原発:再稼働判断の議事要旨公開へ 政府

藤村修官房長官は4日の記者会見で、関西電力大飯原発3、4号機の再稼働を判断する野田佳彦首相と3閣僚の協議について、議事録と議事要旨を作成し、議事要旨は会議終了後1週間をめどに原則公開する方針を示した。

詳細な議事録の公開については「個別に判断する」とし、閣僚協議の議長である枝野幸男経済産業相が必要と認める場合は非公表とする意向を示した。また公開する議事要旨は発言者の氏名も記録するが、藤村氏は「発言者の全ては入らない」と述べ、一部は匿名にとどめる可能性を指摘した。

閣僚協議をめぐっては、岡田克也副総理が3日の会見で議事録などを作る必要はないとの認識を示していたが、藤村氏は「岡田氏が言ったのは一般論」と説明した。

枝野経産相の意見が、2日の予算委員会の発言の「現時点では再稼働に反対だ」「(地元はどこかに答えて)日本全体が地元だ」からかなり後退しているようです。
おおい~、どうした。 電気が足りるか足りないかの検証をするはずだったのでは??

茶番劇場公演中です。

再稼働に3条件、閣僚会合了承 大飯原発、6日にも判断

野田政権は5日、関西電力大飯原発3、4号機を再稼働させる条件となる安全対策の暫定基準案を了承した。全電源喪失の防止策などに加え、電力会社にも安全対策の実施計画を示すよう求める。6日の関係閣僚会合で決定し、大飯原発が基準を満たしているか判断する。

=====
進むべくして着々と進んでいますが、本当にいいのでしょうか。

明日の地元県市町や近隣県の反応に期待するしかないのでしょうか。
主権者である私たちが立ち上がらない限り、経済の論理で事が進んでいきます。

この国はどうなっていくのでしょうか。本当に不安です。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。