プロフィール

schnauzer

Author:schnauzer
脱原発にめざめました。
再生可能エネルギーにも大いに興味あり。
学んだこと、見聞きしたことを綴っていきます。一緒に考えませんか?

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

フリーエリア

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大飯原発再稼働をめぐって

2012.04.06 23:56|他の原発の動き
大飯原発の再稼働について、暫定基準を新安全基準として、最終判断は来週に持ち越したようです。

大飯原発:再稼働、来週にも要請…新安全基準を決定4/6 毎日

野田佳彦首相と枝野幸男経済産業相ら3閣僚は6日夜、定期検査で停止中の関西電力大飯原発3、4号機の再稼働問題で、3回目の関係閣僚会合を首相官邸で開き、再稼働を判断するための新たな安全基準を決定した。

枝野氏は経産省原子力安全・保安院に大飯原発が基準を満たしているかを確認することと、関電に中長期の安全対策について実施計画を提出するよう指示した。

来週にも閣僚会合を開き、基準を達成しているかどうかと実施計画の内容を確かめたうえで、枝野氏が福井県を訪問し西川一誠知事らに再稼働を要請する。

これに先立って枝野経産相は、記者会見で、定期検査で停止中の原発再稼働について、電力に余裕があると判断した場合は「安全性が確認されても必要がなければ再稼働しないとしたそうです。 (4/6 東京

この情報はあまり報道されていないようですが、関西電力が正確にこの夏の電力供給量を示せば、足りないのはまやかしのようです。

これについては、大阪府市統合本部の特別顧問の植田和弘氏、飯田哲也氏、、高橋洋氏(以上基本問題委員会委員)、そして古賀茂明氏などが、関西電力の株主として関電とやりとりをしている中で、電力供給量について追及しています。

昨日は週刊朝日UST劇場で、広瀬隆氏と川内博史氏(民主党)の対談を見ました。

広瀬隆氏が誰もやらないので、電力会社のHPや資源エネルギー庁のHPなどの情報により、関西電力の最大電力量を計算して揚水発電を過小評価しているのでそれを普通に発電すれば大丈夫と云っていました。
また、休止火力としている2カ所を動かせばいいとも。 民主党の川内議員は、この2カ所を視察に行ったが、関電はこのように古いかとか、このように壊れていて動かせないという説明ばかりしたが、そのようには見えなかった、動かせないと云うのは電力会社としておかしい。それなら昨年から何とか準備するのが使命でないか。
二人して、電力会社は電力の安定供給が法律で定められているのだから、原発なくても動かせる発電所を動かして電力供給すべきだと語っていました。

また、広瀬氏はそもそも電力会社がはっきりとした供給量を提出しないなら、メディアが調査すべき、なんで自分が計算しなくてはならないのかと疑問を呈していました。

その後、川内氏が計算したようです。 twitterから、

関西電力の昨夏の最大電力需要は、2784万kw。発電能力は、火力1456万kw、水力713万kw、他社受電670万kw、融通320万kw。これで、余剰が375万kw。今、焦って再稼動の判断など必要無い。



今夜、首相官邸前に再稼働反対の市民が集まり「再稼働反対」の声を上げていたのをネットで見ましたが、どの程度響いているのか画面では分かりませんでした。 川内氏のtwitterによると聞こえていたようです。

官邸周辺は、再稼動反対の大合唱。再稼動の判断などしたら、政権が稼動停止になり廃炉になる。


国民の多くが反対していることはとっくに承知しているでしょうし、マスコミも流石にこの流れには逆らえない報道振り。今後の選挙のことを考えれば、このごり押し再稼働の動きは少し腑に落ちない。 何があるのでしょうか。



 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。