プロフィール

schnauzer

Author:schnauzer
脱原発にめざめました。
再生可能エネルギーにも大いに興味あり。
学んだこと、見聞きしたことを綴っていきます。一緒に考えませんか?

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

フリーエリア

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

御前崎市長選

2012.04.08 22:16|地方の動き
御前崎市長選に注目です。
浜岡原発の周辺では、脱原発への意思表示をしている首長が多い中、脱原発について考えを明らかにしていない現市長ですが、どうなるでしょう。

御前崎市長選に3氏立候補 浜岡原発再稼働が争点 (4/8 毎日)

静岡県御前崎市長選が8日告示され、新顔で元小笠掛川民主商工会事務局長の村松晴久氏(60)=共産推薦=と、新顔で元市議の水野克尚氏(58)、3期目を目指す現職の石原茂雄氏(64)の無所属3氏が立候補を届け出た。投開票は15日。

同市には、政府の要請で全炉が運転停止している中部電力浜岡原発があり、再稼働が争点となる。

第一声で村松氏は「永久停止、廃炉を実現する」、水野氏は「再稼働には同意できない」、石原氏は「国が示す安全基準を見て、県と市民の意見を聞き、方向性を見いだす」と訴えた。

7日現在の有権者数は2万7890人。

選挙:御前崎市長選 立候補予定者に市民団体が原発アンケ 市長、回答せず (4/8 毎日

住民団体「原発問題住民運動県連絡センター」は6日、15日に投開票される御前崎市7件長選の立候補予定者に対して行った原発に関するアンケートの結果を公表した。現職の石原茂雄氏(64)、新人の水野克尚氏(57)、村松晴久氏(60)の3人にアンケート用紙を送付したが、石原氏のみ回答がなかった。

水野氏は「福島第1原発の事故で安全神話が崩れ、21メートルの津波が来るとの想定が出た。国も県も市もすべての政策を根本から見直す時だ」と指摘。浜岡原発は「安全性が確認されない限り再稼働は認められない」と回答した。

村松氏は「日本は地震国で原発の安全性は確保できず、浜岡原発は永久停止・廃炉にする」と主張。「原発は市民の安心・安全と両立しない。地域産業の復興・振興をはかりつつ、原発を安全に廃炉・解体を進める」との方針を示した。

浜岡原発の周囲では、土地価格の下落や観光客の減少、農作物の風評被害など、余波は市民生活をジワジワと圧迫しているそうです。一方、敷地内に海抜18メートルの防潮堤建設が着手されていて、皮肉にも一日1000人の作業員が働き特需で沸いている。しかし、今のままでは新しく企業を誘致などは出来ないでしょうし、交付金もあてに出来ない。

廃炉を選んでも長い工程が必要なので、直ぐに地域の活気がなくなることはないと思います。市民も政治家を待っていないで、脱原発の具体的な道筋を考えていかなくてはならないでしょうし、厳しく候補者の考えを追求してください。
候補者も単に脱原発を唱えるのはなく、現実的な道筋を示すべきです。

投票は15日。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。