プロフィール

schnauzer

Author:schnauzer
脱原発にめざめました。
再生可能エネルギーにも大いに興味あり。
学んだこと、見聞きしたことを綴っていきます。一緒に考えませんか?

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

フリーエリア

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脱原発の世田谷区で新しい取組み

2012.04.28 23:56|新しいエネルギー
東京の世田谷区の外郭団体が、太陽光発電システムを共同購入のように一括購入して値段を下げ、区民に提供する「せたがやソーラーさんさん事業」を始めるそうです。

愛川欽也氏が4月から始めた「パックインニュース」に出演した保坂区長が語りました。

世田谷区がPPSから電力を購入したことを受けて、個人でも東電でないところから電力を購入したいという区民の要望があり、考えたそうです。
世田谷区では生協や生活クラブでの共同購入をする人は4人に1人。システムも一括で安く買えればという発想。
区の補助金制度はやめたので、区の財政負担はない。国や都の補助金申請はサポートするとのことです。

固定価格買い取り制度による価格を、経産省の調達価格等算定委員会が案としてまとめました。まだ決定していませんが業界にとっても結構良い価格で決まっているようですので、これ以上の補助金は必要ないと思われます。(補助金ばかりで普及すると過度にその業界を支援することになるので)
とてもユニークなアイデアだと思います。
これまで、考えられてこなかった領域なので、各自治体で住民が知恵を出し合って、おもしろいアイデアをやってみるといいですよね。少し楽しくなってきました。

太陽光発電:世田谷区の外郭団体、区民に低額で提供 戸建て1000戸募集へ /東京4/25 毎日

世田谷区の外郭団体「世田谷サービス公社」は24日、太陽光発電システムを大量一括購入して設置経費を低額に抑え、区民に提供する「(仮称)せたがやソーラーさんさん事業」を始めると発表した。システム導入にかかる国や都の補助金申請も公社がサポート。補助金や余った電力を売った利益などで、区民の実質的な負担がゼロになるような制度を目指すという。

世田谷区は09〜11年度、太陽光発電システムを設置した住宅計626件に対して約1億円の補助金を支給してきた。しかし、民間主導のエネルギー対策導入を掲げ、今年度予算から補助金の支給を廃止。自然エネルギー活用促進のため、今年2月に事業者などと意見交換した結果、同公社の事業案について、区は広報活動などで支援すると決めたという。

発表の記者会見に同席した保坂展人区長は「再生可能エネルギーへの取り組みの第一歩。小規模分散型のエネルギー転換を進めていきたい」と話した。

同公社は今後、太陽光パネルメーカーや設置業者を決定し、8月から区民の戸建て住宅約1000戸を対象に、システム導入希望者を募集する。問い合わせは同公社(03・3419・4171)。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。