プロフィール

schnauzer

Author:schnauzer
脱原発にめざめました。
再生可能エネルギーにも大いに興味あり。
学んだこと、見聞きしたことを綴っていきます。一緒に考えませんか?

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関西電力の電力供給について(5) 緊急設置電源

2012.05.17 23:10|電力需給・節電
明日18日、政府はこの夏の電力需給対策を発表するようですが、その前にどういう訳かメディアに最終案が既に載っています。(どうやら足りるという目算のようです!!)

関西電力の電力供給については、いろいろな検証があります。
少々しつこいですが、もう少しおつきあい下さい。

5%強の節電で不足回避 西日本で融通、原発ゼロ 5/15 共同通信

今夏が2010年並みの猛暑でも、西日本の電力6社が5%強の節電をして余った電力を融通すれば、原発を再稼働しなくても西日本全体の電力を賄える。共同通信が16日までに政府の電力需給データを分析すると、こうした結果が出た

政府は6社で同じ日に需要がピークになると想定しているが、実績では異なり、西日本全体の最大需要は政府想定より少なかったのが原因

関西、九州両電力は需給が厳しく、政府は10%以上の節電要請を検討する一方、関電大飯原発3、4号機を再稼働すれば厳しい節電なしで電力が足りるとしている。

周波数が同じ60ヘルツの西日本の電力6社(北陸、中部、関西、中国、四国、九州)について、政府が需給予測で使ったデータを分析した。

政府は、今夏が過去約110年で最も平均気温が高かった10年並みの猛暑になると想定し、10年夏の各社のピーク需要を足した9925万キロワットを前提に試算している。今夏の6社の供給力は計9301万キロワット。関電管内で15~20%、九電管内で10~12%、他の4社は5%の節電要請が必要とみている。

だが現実には、10年も11年もピークが6社とも同じ日だったことはない

5/17 そもそも総研 たまぺディア では関西電力の電力供給量について東京電力の取組みを参考に考えていました。

関西電力は原発依存度が50%といわれているが、実は2010年の依存率は25.6%。 ちなみに東電は16.7%(これも30%といわれているが、設備容量と実際の発電量はちがっている)。考えているほど差異はないはず。

東電の供給量は2010年の4150万に対して、2012年は4640万と490万増やし、内緊急設備電源は221万。
関電の供給量は2010年の1680万に対して、2012年は1923万と243万増やし、内緊急設備電源はたったの2万。

東電は3.11後、緊急設置電源を221万kW増やした。
緊急設置電源とは?
関電2
東京電力常陸那珂火力発電所 環境アセスメントのいらない小さいタービンにより25万kW発電していた。

そこで、ガスタービンメーカー4社に尋ねてみたところ、受注してから納品まで1年位とのこと。
それなら、昨年から今夏のために準備できたのではないか。
関電-1
関西電力に尋ねると右の回答だった。

実は上記常陸那珂発電所のタービンは3/31までのリースだった。
それなら、その後リースすればよかったのでは?

関電3
4月から話合いを始めた。東電や経産省から話がなかった・・・。
もっと真剣になれば本当は集められたのでは?

もう少し早く取材してほしかったですね。 緊急設置電源。
でも勉強になりました。
需給検証委員会や大阪府市エネルギー環境会議の先生さま方、この電源については初耳なんですが・・・。

そもそも総研はこの後、政府と経産省は原発再稼働ありきのシナリオだったのではないか。需給検証委員会もそのシナリオの一環だったのではないか。という話しが古賀氏や植田氏からありました。
そうですね。しかし、そのシナリオもよい出来ではなかったですね。
今の段階で政治判断なぞ出来るわけありません。

前に書いたAERAの記事の多奈川第二発電所と京都府宮津エネルギー研究所については、今朝他のTV番組で取り上げられていました。残念ながら今夏は本当に間に合いそうにありません。

もし使用するつもりなら、毎月のメンテナンスなど必要。そのつもりは長い間ないようだとの専門家のコメント。固定資産税などは電気料金に上乗せされているとのことでした。
火力発電所を造ってはみたものの、昨今は原発にひた走ってきた電力会社の実像が見えます。
これらを効率のよいコンバインドサイクル発電所に変える必要ありです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。