プロフィール

schnauzer

Author:schnauzer
脱原発にめざめました。
再生可能エネルギーにも大いに興味あり。
学んだこと、見聞きしたことを綴っていきます。一緒に考えませんか?

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

フリーエリア

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九州の動き

2012.05.23 23:55|がれき処理問題
北九州市のがれき処理問題が続きます。

5/23 TV東京
「震災がれき」、西日本で初めての試験焼却が始まりました。北九州市は宮城県・石巻市のがれきを受け入れるかどうかを判断するため、きょうから試験焼却を始めました。反対派の市民をおとりのトラックがひきつけている間に別のトラックが、がれきを焼却場に運ぶ場面ありました。市は試験焼却で放射性セシウムの濃度を測定するなどして、安全性を確認します。

この後、市民は市役所で市長に面会を求めますが叶わず、10人ほどと秘書課の人の話合いが行われました。
代表者に会うと云われても、市民はそれぞれ個別に参加していて、誰が代表という組織はありません。市民は誰が話合いにいくかということから決めていく一般の人々です。
こういう人々を不安がらせるようながれき処理を、警察を使い、おとりのトラックを使ってまで強行する意味はどこにあるのでしょう。

がれき処理を決定してからの説明会はありました。しかし、決定する前の民主的な話合いを何度も丁寧に繰り返していくことが必要だと考えます。(東京都でも説明会は何回もありました。が、決定事項は決定されているということ。)
札幌市は決定前に話合いを行い、がれき処理でなく他の方法で(被災者の受け入れなど)被災地を援助していくことになりました。

原発関連のタウンミーティングや、各種審議会、委員会を見ていると、この国は一部で民主的な国家とは言い難いと最近思います。

そんな中で、九州で一つ明るいニュースがあります。(5/22 長崎新聞

玄海原発のある佐賀県の隣の長崎県漁連が、21日臨時理事会を開き、玄海原発の再稼働に反対する意向をしめすことを全会一致で承認し、6月14日の通常総会で正式決定する見込み。漁連として原発の再稼働反対を表明するのは全国的にも初めてめてのようです。

県北11漁協は玄海原発の半径50キロ圏内にほぼ含まれ、中でも一番近い新松浦漁協は、約8・5キロ地点にある。
(玄海原発で)同様な事故が発生すれば、西日本の水産業界は崩壊すると指摘。県漁連の総意として、国と九電に「安全確保について漁業者らが納得できる説明をしない限り、再稼働は認めないとしている。


=====
本日は原発関連のニュースが沢山ありましたが、ここで時間切れです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。