プロフィール

schnauzer

Author:schnauzer
脱原発にめざめました。
再生可能エネルギーにも大いに興味あり。
学んだこと、見聞きしたことを綴っていきます。一緒に考えませんか?

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

フリーエリア

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

使用済み核燃料の処分が問題

2012.06.18 23:42|核燃料サイクル
六ヶ所再処理工場がガラス固化試験を始めたようです。 最後のあがきか?

日本原燃、ガラス固化試験再開 3年半ぶり、六ケ所工場で (6/18 共同

日本原燃は18日、青森県六ケ所村の使用済み核燃料再処理工場で、高レベル放射性廃液のガラス固化体製造試験を再開したと発表した。ガラス溶融炉が詰まるなどのトラブルが相次ぎ、2008年12月から中断。東日本大震災の影響もあり、3年半ぶりの試験再開となった。

東京電力福島第1原発事故が収束せず、原因究明も終わらない段階での試験再開は、関西電力大飯原発の再稼働決定とともに「見切り発車」との批判が予想される。

青森県の第三者委員会の評価結果を踏まえ三村申吾知事が昨年12月、試験再開を了承していた。

大飯再稼働:「核のゴミ」問題先送り6/17 毎日

原発を動かすと使用済み核燃料が発生する。大飯原発では貯蔵先の約7割が埋まり、新たな貯蔵先や処分方法に展望が見えない。福井県の西川一誠知事は16日に政府に要請した8項目の中で、県外でも一定期間保管する「中間貯蔵施設」を求めたが、政府は具体的な検討を先送りした。

使用済み核燃料は、熱を出し続けるためプールなどで約4年は冷やす。冷やせないと溶融し放射性物質が漏れる恐れがあるからだ。

関西電力によると大飯原発3、4号機には今年3月末現在、2805本(1291トン)の使用済み核燃料が保管され、容量の72%に達している。唯一の搬出先である再処理工場(青森県)も容量の97%とほぼ満杯のうえ、トラブル続きで稼働に見通しが立たない。

核のごみ 地層処分ムリ  人が20秒で死亡  150万ミリシーベルト  10万年かけ低減 (6/18 東京)

6.18東京

本日の東京新聞のトップ記事です。

原発から出る核廃棄物の処分場はいまだに受け入れ先が白紙だ。 原子力委員会の依頼で、日本学術会議が解決の糸口を探るため2年前に議論を開始。 だが今月上旬に出した結論は、地下深くに埋める現行の処分方針では安全性の確保も受け入れ先を見つけるのも難しく、方針転換が必要との内容で、一から考え直すことを提起した。 近く報告書をまとめるが、将来に負の遺産をつけ回す原発の最大の問題点があらためて浮かんだ。

=====
2年前にこんな議論を原子力委員会は依頼していたのですね。 今の知見では解決策があるとは思えませんが、費用だけかけてのんびりおしゃべりしていたのではないのかと疑いますよね。

記事では、

今月7日の検討委でもさまざまな意見が出た。 結局一致したのは、地層処分では住民理解は進まず、行き詰まりは解消されないと-ということだった。



大飯を動かしてますます溜まるばかりの使用済み核燃料。 早く廃炉にして、とりあえず各原発サイトに乾式所蔵施設を造り仮置きするしか手はないと思われます。 臭いものに蓋をし続け、見ない振りをしてきたことが、昨日のETV特集でよく分かりました。
各原発には、実は核燃料が実装されているということなので、早く取り出さないと何があるか分かりません。

大飯原発も長いこと動かしていないので、稼働までにこれから一ヶ月半もかかるそうです。
六ヶ所にしても、大飯にしても何やら恐ろしい感じですね。

細野氏が”クローズアップ現代”で「原発はベース電源と」語っていましたが、原発こそよく故障し、一旦動かないとなると約100万kwも足りなくなるわけで、何がベース電源なんでしょう。 だから、事業者は火力なりでそれを補うだけの準備はしているというわけなのです。
原発担当大臣とかいって何も分かっていないのですねぇ。 頼りなさ過ぎ・・・。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。