プロフィール

schnauzer

Author:schnauzer
脱原発にめざめました。
再生可能エネルギーにも大いに興味あり。
学んだこと、見聞きしたことを綴っていきます。一緒に考えませんか?

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

フリーエリア

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そもそも消費税って

2012.06.26 16:04|税制・消費税
消費税増税反対の論は、ほとんどが増税する前にすることがある、身を切る改革がなくては、いつかは消費税を上げなくては・・・というものが多いのですが、「そもそも消費税とは・・・」という論は、メディアではほとんど語られません。

やっと本日東京新聞の「こちら特報部」で、消費税とは名ばかりで、国民が漠然と考えている税金ではないということの一端が紹介されました。何故こういうことがメディアに出ないかというと、この税は政治家の裁量で軽減される業種が多く、例えば新聞業界は消費税を免れているので、深く考えるインセンティブが働かないためのようです。
メディアのスタンスは、消費税増税はどっちでもいいけれど、やはり財政危機なのだから増税必要だという論調であったのが、最近は世論が増税反対に傾いてきているので、まあちょっと反対しておこうかなくらいなのでしょう。

この記事は、消費税の「輸出還付金」により大企業は却って儲かっていて、それが、経団連などが消費税増税を推奨するわけであることを明かしています。

6.26東京

一般的にはよく理解されていない「消費税」。
原発に対する明確な国の方針も決められず、成長戦略が原発輸出・・・だけ?
ここに消費税増税をして、99%の民から巻き上げた税金を1%の選ばれた人が配分することになってはいませんか?
長年出来なかった消費税増税に、何と民主党が率先してしまうとは・・・・。財務省と自民党は拍手喝さいでしょう。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。