プロフィール

schnauzer

Author:schnauzer
脱原発にめざめました。
再生可能エネルギーにも大いに興味あり。
学んだこと、見聞きしたことを綴っていきます。一緒に考えませんか?

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

フリーエリア

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

復興に関する素朴な疑問

2011.07.22 23:54|その他
今日は、原発とは離れて気になっていることを。

少し前に、新潟県中越地震(04年)の後にボランティアに何度か行った人に聞いたことなのですが、山間の村では、細々と自給自足の畑仕事をしている人々が多く、それはそれは微妙な均衡を保っている生活だった。その後復興があり、立派な道路が出来たが、実際に住む村の人々の生活は取り戻せたのだろうか、というような話でした。

今回の震災後には、過疎になっている東北地方を、被災地と共に活気付けるような産業を興したり、村造りをすればいいなと単純に思っていました。でも、この話を思い出しながら、TVや様々な情報を見てきました。

その後、松本復興大臣の強烈発言がありました。
あの時には、マスコミ、世論があの発言は公人として不適切、知事や被災地の気持ちを逆なでしたという論調で、引きずり落とされる格好の辞任でした。
しかし、schnauzerは、確かにこの物の云い方はひどすぎるけれど、云われる側にも何か根拠があるのではないか?という疑問を持ち、周りの人には投げかけていました。

宮城県知事は、震災後かなり東京で目立ってました。。必ず何かの会議というとこの人の顔が見ました。
復興が遅い遅いと云われているのに、何故この知事は東京にばかりいるのかというのが素朴な疑問。

河北新報
例えばこの記事によると、宮城県震災復興会議の第3回会合が13日、東京都内のホテルで開かれ、316の復興事業を盛り込んだ「県震災復興計画第2次案」を協議した。
とあり、日本総合研究所理事長の寺島実郎氏、千葉大教授の広井良典氏、 野村総研常勤監査役の山田沢明氏、イマジニア会長の神蔵孝之氏、村井嘉浩知事、議長の小宮山宏三菱総研理事長とそうそうたるメンバーの名前が見られます。


東京新聞

その後、こういう記事を見つけました。図が怪しかったのでスキャンして載せてみました。
これは前からあったプランのようですが、復興の予算を使ってと目論んでいるのでは?

被災地は海辺の寒村。 ここも微妙な関係で均衡を保ってきたのではないでしょうか。中央から机上のプランを持って行って、おかしなことになりませんように。

昨年の自殺者数が3万人を超え、児童虐待が5万件を超えるというこの国。
原発事故の収拾も全く手がつけられない。
国民は政治に期待していない。
経済界は、原発を稼働しないと外に出て行って、税金を支払わないよと脅している。
一体、この国はどこに向かっていくのでしょうか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。