プロフィール

schnauzer

Author:schnauzer
脱原発にめざめました。
再生可能エネルギーにも大いに興味あり。
学んだこと、見聞きしたことを綴っていきます。一緒に考えませんか?

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

フリーエリア

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

各原発サイト情報

2012.06.30 19:47|他の原発の動き
福島県田村市の放射線モニタリングポストの高い値についての続報です。

民社党の谷岡郁子議員が、twitterで

遅くなりました。文科省からの田村市のモニタリングについての返答がありました。機械の誤作動から異常に高い数値が出たということが結論。付近のモニタリングデータも送られて来ましたが異常ありません。武田教授にも文科省から連絡済みです。



モニタリングポストが故障=高線量で多数問い合わせ-福島・田村市 (6/29 時事ドットコム)

政府の原子力災害現地対策本部は29日、福島県田村市で放射線量を測定する可搬型モニタリングポスト1台が28日に故障し、最大で毎時66.98マイクロシーベルトを示したと発表した。
高い数値が文部科学省のホームページに掲載されたため、インターネット上で話題になり、他県や地元の住民から県や市に問い合わせが多数寄せられたという。
28日に市職員がモニタリングポスト周辺の放射線量を測定したところ、通常値の毎時0.13マイクロシーベルトだった。メーカーが29日に検査し、故障と判断した。

=====
市民からの問い合わせがあってから、調べるのですね。 田村市も文科省も誰も線量を監視していないことが明らかになってしまいました。
東電は、線量が高いと、線量計が壊れたと線量計を取り外してしまいますが、それと全く同じですね。

再稼働間近の大飯原発でまた警報です。 再稼働まで非常に焦って準備しているようで、心配です。
起動目前の大飯原発で警報相次ぐ 3、4号機、設備異常なし (6/30 福井)

関西電力大飯原発4号機で29日午前10時ごろ、2次冷却系の復水器を流れるをサンプル採取するポンプの試運転を始めたところ、異常を示す警報が作動した。関電と経済産業省原子力安全・保安院によると、ポンプの中にたまった水あかにより、ポンプの回転に抵抗がかかったためという。水あかを除去する措置をとった

また、大飯原発3号機でも同日午後0時40分ごろから約2時間で計5回、1次冷却系のポンプの部品などを冷やす水量の低下を示す警報が作動した。3号機では起動に向け1次冷却系の温度を上げており、温度上昇に伴い、格納容器内の再循環に使う水量が増加し、ポンプの部品などを冷やすための流量が低下したのが原因。

さらに、4号機で同日午後3時45分ごろに2回、気体廃棄物処理設備に移す気体の流量が多くなったことを示す警報が作動した。設備の腐食防止のため、原子炉補助建屋にある体積制御タンクの中では窒素を水素に置換する作業をしていて、送り出す混合ガスの流量が一時的に増えたためという。

いずれも設備には異常がなく、再稼働の工程も影響はないとしている。

福島4号機 燃料プール冷却停止 (6/30 東京)

東京電力は30日、福島第一原発4号機の使用済み燃料プールの冷却装置で、午前6時25分ごろに異常を知らせる警報が鳴って自動停止したと発表した。

冷却が停止した時のプール温度は31度で、放射性物質を含む水の漏えいは確認されていないという。東電は、水温が急上昇するとはみていないが、原因を調査するとともに、別系統の冷却装置を稼働させるか検討している。

4号機の燃料プールでは、6月4日にも冷却が停止していた。

4号機プールは原子炉建屋5階にあり、未使用の燃料204体を含む計1535体が保管されている。今夏に未使用の燃料を試験的に取り出す予定。

4号機燃料プール続報 (6/30 東京より)
東電は30日、予備として設置されている別系統の冷却装置も起動できない状況にあると発表した。プールの温度は急上昇していない。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。