プロフィール

schnauzer

Author:schnauzer
脱原発にめざめました。
再生可能エネルギーにも大いに興味あり。
学んだこと、見聞きしたことを綴っていきます。一緒に考えませんか?

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

フリーエリア

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大飯原発の破砕帯 審議持ち越し

2012.07.03 23:55|活断層
本日7/3保安院の審議会で、大飯原発直下の破砕帯について検討するはずであった「第18回地震・津波に関する意見聴取会 」は、関西電力より資料が出ないので、大飯についての審議が持ち越しになりました。 そんなことだろうと思っていましたが、本当にやる気のない当事者たちです。 破砕帯の片方の斜面の図はすでに資料として存在するわけなので、関電としては出す気がないわけです。
渡辺教授が調べるのに時間はかからないと云っているので、調べたらいいのですが、保安院は「時間がかかる」と云って逃げています。 学問上はどうだか分からないけれど、世論が怖いのでしょうね。

今夜の報道ステーションで、大飯原発が再稼働された後に関西電力が資料を出さないと云う事が分かったのは遺憾であるというコメントがありましたが、この事は、再稼働の前から分かっていたことだし、少なくともschnauzerは、報道ステーションにこの件をとりあげるようにメールをしてあります。
また、既に、テレビ朝日の6/24「ワイドスクランブル」で取り上げている問題でもあります。
報道ステーションも脱原発派に受けるようになってきたけれど、あまり信用していません。いつも自分が正義だ。

杉山氏が、本日資料が出されていないことについて疑義を唱えたけれど、他に追求する委員も全くなく、次の議題にあっという間に移ることろを視聴していましたが、おかしいですね。 委員の取替えが必要だと考えます。

それから、この審議会の一般傍聴が一時間前に別室での傍聴になったそうです。
後ろめたいところがあるわけだ。 保安院の審議会は、前にも別室でのモニター傍聴になった例もあり、体質が非常に悪い。

大飯原発の破砕帯〜関電が資料出さずに審議延期 (7/3 ourplanet)

経済産業省原子力安全・保安院は3日、全国の原子力発電所周辺の断層状の亀裂「破砕帯」について、専門家からの意見聴取会を開いた。当初は、福井県にある大飯原子力発電所の敷地内の破砕帯について審議する予定だったが、関西電力が保安院に十分な資料を提出しなかったため、2日前に審議延期を決定。審議は2週間後に延期された。
 
大飯原発の資料がなく、審議が先送りされたことに対し、産業技術総合研究所の杉山雄一委員は、「大飯の情報が全く出ていないのは、理解できない」と批判。また、この日の意見聴取会では、福井県美浜町にある美浜原発や、福井県敦賀市にある高速増殖炉もんじゅについて、敷地内を通る断層が、近くの活断層と連動する恐れがあるとして、再調査をする考えを示した。
   
保安院耐震安全審査室の小林勝室長は、意見聴取会後にメディアの取材を受け、大飯原発の審議をしなかったことについて、「関電からの資料が十分揃っていない」と急遽、議題から外した経緯を説明。また、この日の意見聴取会で、市民の傍聴が別室に変更されたことについては、「参加者の事前申し込みリストを見て、警備上の理由から判断した」と話した。
 
大飯原発の破砕帯(断層)の審議については、およそ2週間後に開催される次回の意見聴取会で扱う予定だ。大飯原発4号機の原子炉起動は7月17日~23日の間に行われる見通しなため、関西電力が資料の提出を引き延ばしているのではないかとの声もあがっている。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。