プロフィール

schnauzer

Author:schnauzer
脱原発にめざめました。
再生可能エネルギーにも大いに興味あり。
学んだこと、見聞きしたことを綴っていきます。一緒に考えませんか?

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

六ヶ所再処理工場で放射性廃棄物が・・

2012.07.04 23:49|核燃料サイクル
六ヶ所村で本物の放射性廃液を使った試験が始まりました。まだ放射性廃液を通していないB系にとうとう通してしまいました。
またもや、大きな設備が汚染されてしまったことになります。それ自体が大きな核のゴミなのに・・・。

再処理、高レベル廃液試験に移行 (7/4 東奥日報

日本原燃は4日、六ケ所再処理工場で先月3年半ぶりに再開したガラス固化体(高レベル放射性廃棄物)製造試験について、同日から高レベル放射性廃液を使った試験に移行したと発表した。A、Bの2系統ある溶融炉のうち、再開したB系炉への高レベル廃液投入は初。A系炉で行った過去の試験では廃液に含まれる金属粒子(白金族元素)が、固化体を作るガラス溶融炉の底部に堆積する不具合を解決できず、試験中断の主因となった。最後の難関とされる白金族堆積対策が試験の成否の鍵を握る。

=====

早く詰まってしまえばいいと思います。 そうすればガラス固化体が作れないのでもう再処理は出来ないのですよね。

しかし、どうしてこれまでどんどん試験をしてこなかったのか?という大きな疑問が浮かびますね。
出来る出来ないという前に、六ヶ所再処理工場があるということのみで、国費を投じてきたのではないでしょうか。

最後に一か八かやってみているとしか見えません。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。