プロフィール

schnauzer

Author:schnauzer
脱原発にめざめました。
再生可能エネルギーにも大いに興味あり。
学んだこと、見聞きしたことを綴っていきます。一緒に考えませんか?

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

フリーエリア

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

細野大臣の論理矛盾

2012.07.05 22:54|メディア・映画
大飯原発3号機が出力を始めました。

発電状況

そもそも総研 たまぺディア 
「ガレキは本当に広域処理しないといけないのか? 第2弾 細野大臣に聞く!」




宮城県議会では、共産党から自民党まで全会一致で「いのちを守る森の防潮堤」構想を決めた。
当局が広域処理に拘っているようだか、数か月延びてもがれきの県内処理すべきだ。
燃やさなくても埋めていくことに使っていけば、広域処理しなくても済む。

これに対して県は、木質がれきを防潮堤に使用すると「発熱、ガスの発生、陥没の恐れ」難色を示している。
「いのちを守る森の防潮堤」の提唱者である宮脇昭氏は、基本的にはあり得ない。責任を持ちます、。私も命をかけている。60年のノウハウがある。

(宮地県議)仙台市でもホットスポットがある。がれきを拡散してはいけない。
輸送量にかなりのお金がかかる。北九州までの輸送総額140億円かかる。そのお金を被災者の復興、復旧にあててほしい。

(細野)木片、建設系廃木材、木質系混合物などは、環境省内で大議論をしてやはり埋めるべきでないということになった。
ヒ素、クロムなどが周辺環境に出る可能性がある。
(玉川)それについても聞いてあります。そういう量ではないし、万が一のためにシートを敷いて管理する。
(玉川)ヒ素、クロムの量はどのくらい?データをお持ちですか?
(細野)一般的な量としては云えない。
(玉川)建築廃材ですよ。ヒ素、クロムがどのくらい入っているのですか?
(細野)家屋に入っている。体をはって環境を守ってきた環境省にヒ素、クロムを埋めろとは云えない。
(松尾)後に引けなくなっているのでは・・・

(宮城県議)北九州でそれほど根強い反対があるということは、お願いするほうとしても申し訳ないことなので、国が「やめましょう」と水をむけてくれたら間違いなく「そうしましょう」という話しになる。
(細野)このことまで宮城県の自民党県議に云わせるのは酷だと思う。
(玉川)私は云わせたのではありません。インタビューに行って自然とこの話が出てきた。
(細野)47万トン広域処理は必要なんです。 この方針でやらせて頂きます。
・・・・・・・
 =====
細野氏は、目がおかしくなってしまっています。
埋められないヒ素、クロムを他地域で燃やすってどういうことでしょうねぇ。
論理が破綻しています。

東京でもヒ素、クロムの入ったがれきが燃やされているのですね。
もちろん女川だから放射能も・・・。

細野氏は環境省の論理を守り、市民の方を向いていない。莫大な予算も使わなくては・・・だし・・・。
若くして、大臣になる器ではなかったのですねぇ。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。