プロフィール

schnauzer

Author:schnauzer
脱原発にめざめました。
再生可能エネルギーにも大いに興味あり。
学んだこと、見聞きしたことを綴っていきます。一緒に考えませんか?

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

フリーエリア

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原子力規制委員会の国会同意人事

2012.07.24 21:59|会議、委員会
またまた、おかしな事がおこりました。

7月20日に原子力規制委員会の国会同意人事が、読売新聞から報道され、その後各新聞社が追随するということがありました。
政府は20日に国会に提示し、衆参両院で同意を得られれば首相が任命するはずでしたが、事前に情報がもれていたことで、人事案は報道以外ではまだ国民に知らされていません。

報道によると、
初代委員長は、田中俊一 高度情報科学技術研究機構顧問(67)

委員長以外の4人の委員は、
中村佳代子 日本アイソトープ協会プロジェクトチーム主査(62)
更田(ふけた)豊志 日本原子力研究開発機構原子力基礎工学研究部門副部門長(54)
大島賢三 元国連大使(69)国会事故調査委員会委員
島崎邦彦 地震予知連絡会会長(66)

任期は委員長の田中氏が5年、中村、更田両氏が3年、大島、島崎両氏が2年。

規制委の委員は原子力発電所の新たな安全基準を策定し、原発再稼働の適否を判断する重責を担う。政府は原子力事業者などとのしがらみのない実務派をそろえた。

不可解なことは、まず、報道されることを前提にするかのように、こういうことが行われていました。もっとも、こういう人事は事前に候補者の名前が漏れることはあり得ますが。

原子力規制委は除外 事前報道なら国会人事不同意 (7/16 東京)

民主、自民両党は、9月に発足予定の原子力規制委員会の国会同意人事について、人事案が事前に報道された場合は政府の国会提示を認めないとする「ルール」の適用から除外することで合意した。規制委の特殊事情を考慮した。これを機に民主党はルールを撤廃したい考えだが、自民党は難色を示している。

適用除外は、民主党の小平忠正衆院議院運営委員長が13日、自民党の鶴保庸介参院議運委員長との電話会談で要請し、鶴保氏も了承した。

規制委の人事は委員長と委員4人で、原子炉や地震などの専門家が対象となる。過去3年間に原子力関連の会社・団体から一定額以上の報酬を受けていないなど中立性確保の厳しい基準を設けており、適任者は限られるとされる。今回もルールを厳格に適用すれば候補者が限られ、発足が遅れかねないとの懸念が出ていた。

その後、読売新聞はこういう社説載を載せました。

原子力規制委 与野党で同意人事を弄ぶな(7月21日付・読売社説)

国会は職務放棄をするつもりなのか。

衆参両院が、原子力規制委員会の委員長と委員4人の人事案について政府から提示を受ける合同代表者会議の開催を見送った。

田中俊一・高度情報科学技術研究機構顧問を委員長に充てる人事案を読売新聞や日本経済新聞が事前に報じたことに対し、自民党などが「国会提示前に報道されたのは問題だ」と反発したためだ。

国会の役割は、候補者の能力を吟味し、人事案の可否を判断することだ。それと何ら関係のない事前報道を問題視し、同意手続きに入らないのは筋違いである。(後略)

=====
人事案は、報道のスクープなどで漏れることはあるにしても、委員全体の名前とその任期など具体的に報道されると、これは事前のリークであったのではと勘繰られても仕方ないです。

どういう経緯でこういうことになったのか、その裏にどういう意図があるのか、細野大臣に説明責任があります。
細野氏は、この人事に関しては、民間人から選ぶとかなり自信がある発言がありましたが、がれき処理頃から目つきが危なくなってきているので、洗脳されて自分で考えられなくなっているのか、あるいは、ムラの力が強すぎて人事に介入できなくなっているのかもしれませんね。説明してください。

田中俊一 元原子力委員会委員長代理・元日本原子力学会長・元日本原子力研究開発機構特別顧問(これは「もんじゅ」を動かしているところ)

この人は、原子力ムラのど真ん中の人です。福島事故後早くに、多くの学者と一緒に、福島の状況が安定していないことを発表しました。そこで原子力の平和利用を進めていくなかで、これほど国民に迷惑をかけるような事態は予測してなかった。結果的にこういうことになっていることについて、国民に謝らなくちゃいけないと懺悔していたので、御用学者といってもいろいろなのね~と思った記憶があります。 その後福島で除染活動を行っているということは知っていました。
しかし、氏の発言から、やはり原子力ムラからは出られないんだわ~と思ったのは、放射能の基準値が高いのです。

その後、伊達市の除染アドバイザーや飯舘村に除染作業をしているらしいですが、地元の人も理解不能は除染プランを作ったり、除染しても帰宅無理だと住民が思いはじめているのに、除染ありきで走っているプランの張本人のようです。

その他の人もかなり怪しいらしい。FoE のブログ

全く何をやっているのでしょう。 こんな人事をしたら、ますます官邸前抗議が広がってしまうのでは?
政治は嫌いと云っている小出氏が入らないと国民は納得できないのではないでしょうか。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。