プロフィール

schnauzer

Author:schnauzer
脱原発にめざめました。
再生可能エネルギーにも大いに興味あり。
学んだこと、見聞きしたことを綴っていきます。一緒に考えませんか?

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

フリーエリア

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原子力規制委員会委員の適格要件

2012.08.02 21:56|原子力規制委員会
IWJ岩上安身氏の緊急インタビュー 
海渡雄一弁護士 「中村佳代子・更田豊志氏の原子力規制委員就任は違法!」より

岩上
国会議員がことごとく脱原発議員に変わっても、この委員会が独裁的な力を持つ。
昨日の市民の政府交渉「原子力規制委員会人事に異議あり」での河合弁護士、海渡弁護士の発言は重要と思い、本日インタビューすることした。

海渡
そもそも、この原子力規制委員会は、自民党案に近い案で、非常に独立性の高い組織。
経産省から完全に独立し、分離されたものとする必要があった。
独立性の高い機関が出来ることには賛成していたため、コンセプトに反対してこなかった。今は責められているが、これについては謝る。
しかし、小出氏や田中三彦氏が委員長になる可能性もあったわけで、私も裏切られた思い。
警察のトップにマフィアの親分が来ることは考えてこなかった。

問題点
① 手続きの問題 
 ・人格の調査は、米国NRCでも何日もかけてあらゆる質問をするヒアリングをする。
 ・国会事故調の報告書では、原子力委員会委員の選定方法として、第三者機関が相当数の候補者を選定して、国会が最終決定することを提言している。
 ・日弁連7/19付会長声明
 ・読売新聞のスクープ(リーク)で、既成事実化を図った。通常ならリークされたらこの人事は流すはずだが民自で取引があった。
 ・誰が決めたか分からない。少なくとも細野大臣がOKを出したことは間違いない。

② 中村氏、更田氏は原子力規制委員会設置法大7条7項3に規定がある欠格要件に該当する。

  中村佳代子:日本アイソトープ協会プロジェクトチーム主査
  更田豊志:日本原子力研究開発機構原子力基礎工学研究部門副部門長

7 次の各号のいずれかに該当する者は、委員長又は委員となることができない。
 一 破産手続開始の決定を受けて復権を得ない者
 二 禁錮以上の刑に処せられた者
 三 原子力に係る製錬、加工、貯蔵、再処理若しくは廃棄の事業を行う者、原子炉を設置する者、外国原子力船を本邦の水域に立ち入らせる者若しくは核原料物質若しくは核燃料物質の使用を行う者又はこれらの者が法人であるときはその役員(いかなる名称によるかを問わず、これと同等以上の職権又は支配力を有する者を含む。)若しくはこれらの者の使用人その他の従業者
 四 前号に掲げる者の団体の役員(いかなる名称によるかを問わず、これと同等以上の職権又は支配力を有する者を含む。)又は使用人その他の従業者



田中氏は、3年以上時間的にあいているが、原子力ムラを卒業し天上がって原子力委員会委員長代理をしていたのは、法の主旨から見ると適任でない。

二人の違法性を問うだけでなく、人事案を白紙にして、始めからやり直すことを要求する。


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。