プロフィール

schnauzer

Author:schnauzer
脱原発にめざめました。
再生可能エネルギーにも大いに興味あり。
学んだこと、見聞きしたことを綴っていきます。一緒に考えませんか?

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

フリーエリア

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原子力規制委員会人事に異議あり

2012.08.01 23:59|原子力規制委員会
衆院議院運営委員会は本日8/1、原子力規制を一元的に担う新組織「原子力規制委員会」の委員長候補として政府が国会に提示した田中俊一・前原子力委員会委員長代理から所信聴取しました。
また、午後には参院議員運営委員会でも聴取が行われました。

谷岡郁子参院議員や舟山康江参院議員をはじめとする会派「みどりの風」は、記者会見を行い、

・原子力規制委員会の国会同意人事について「国会事故調が提言した第3者性、透明性の高い方法を取らなかったのはなぜか」などとする公開質問状を作成。環境省を通じて、人選を主導した細野豪志環境相に提出したことを明らかにした。回答期限は6日午前までとし、得られた回答は公開するとしている。

・同じく同省を通じて、委員長候補の田中俊一氏ら5人の候補者に対して安全規制への姿勢を問う公開質問状を提出。谷岡氏は「質問状の回答を見た上で(人事に同意するか)判断する」としつつも、「委員長については差替えを求める」と述べた。

田中俊一氏の感想
舟山氏
・多くの会派が議運での質問を望んだが、機会が与えられなかったことは残念。
・委員長として、新しい組織を作っていく意気込み、気概、責任感が感じられなかったことが第一印象。

谷岡氏
・議員への説明では、田中俊一氏は、3.11以後早くにこれまでのことを詫び、反省して自らがシャベルを持ってボランティアで除染をやってきた方と聞かされてきた。
ところが、富岡町など事故の被災地で行った講演の謝礼を、電力会社がスポンサーである財団からもらったという話しがあった。「私も生活が豊かでありませんから」とおっしゃった。原子力ムラに雇われているという自覚がない。何を国民が問題視しているのか、何に不信感をもっているかという自覚が全くない。

・普通は、自分が何をするのかと考えると思うが、いつまでにどういうことをするとか、安全神話をどうしていくのかとか具体的なことは何も出てこなかった。

・一番大切なステークホルダーはという委員の質問に、国民と答えていたが、それなら官邸前の10万人の市民についてどう思うかという質問に対しては、茨城に住んでいるので見たことがないので分からない。お一人お一人が勝手におやりになっているのでしょうと答えた。

一番この人事に敏感になっているは、この人々だと思う。理解を求めなければならない一人一人がリアリティを持ってとらえられていない。

・新しい組織の長として、保安院を規制委員会として統率していくには、大きなリーダーシップが必要だが、それが感じられなかった。

=====
この他にも、この人事に関して、いくつかの動きがありました。

市民の抗議集会では、
・河合弁護士、海渡弁護士から、委員の中村氏、更田氏については、原子力規制委員会設置法の適格要件に違反という発言がありました。 (これについては明日報告します。)

・福島社民党党首は、「これまでも国会同意人事としては、『再エネ法の調達価格等算定委員会』の人事案でも、利益相反の疑いから反対運動が広がり、委員が差し替えになっている」と前例を挙げ、今人事案、違法確認訴訟を起こす可能性にも言及した

福島の人からは、
・田中俊一氏については、初期の頃から除染、除染と云っている。よく分からずにしないよりはした方がいいと、幼稚園の園庭など父兄で行ったが、やりながら効果はないと分かっている。

・専門家の田中氏が、自分で除染をしていて、除染では問題を解決できるはずがないことが、分かっているはずだが、原子力ムラの存続のために行っているとしか思えない。
伊達市の除染では、「マスクを外しましょう。風評被害がおこります」と云った人。

・福島市では、今でも部屋の中の空間線量が0.5~0.6。ローンで家を買って、新しい土地で安い収入になったらローンを返せない。離れたくても離れられないのが現実。

・除染をすれば元に戻るといういのは、東電の賠償と関連して、安く賠償するための国と電力会社に都合のよい人事。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。