プロフィール

schnauzer

Author:schnauzer
脱原発にめざめました。
再生可能エネルギーにも大いに興味あり。
学んだこと、見聞きしたことを綴っていきます。一緒に考えませんか?

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

フリーエリア

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トルコ政府 日本の原発導入計画7月末で打ち切り

2011.07.26 23:30|原発輸出
日本政府が受注を目指すトルコの原発導入計画について、日本との単独交渉を7月末で打ち切るとトルコ政府が通告してきたことが26日、明らかになった。菅直人首相の「脱原発依存」発言で、日本政府の支援姿勢が不透明になったことが背景にあるとみられる。経済産業省は現在、スタッフを派遣し、打ち切り撤回に向けて説得を試みている。(時事ドットコム7/26)

新潟県知事「ストレステスト気休めでしかない」
新潟県の泉田裕彦知事は26日、海江田万里経済産業相と会談後に記者団に対し、全国の原発に対する原発の安全性を評価するストレステストについて「やらないよりはやった方がいいというレベル。福島第1原発事故の検証が終わっておらず、これを考慮に入れないのなら気休めでしかない」として、原発再稼働の条件にはならないとの考えを示した。
政府はストレステストの1次評価を定期検査中の原発再開の条件としたい考えだが、泉田知事はテストを通過したとしても再稼働は「もちろん関係ない」と明言。国が明確に情報開示し、福島第1原発事故の検証が行われない限り「安全確認ができないのに再開はありえない」とした。
新潟県の東京電力柏崎刈羽原発は、平成19年の中越沖地震の影響で2~4号機が停止している。1、7号機も年内に点検に入る。(産経7/26)

菅直人首相は26日、来日中の国際原子力機関(IAEA)の天野之弥事務局長と首相官邸で会談した。首相は「脱原発」の方針について「東京電力福島第1原子力発電所の事故を受け、幅広く国民的に議論していくことが必要だ」と強調した。同時に「事故の収束へIAEAと今後も十分に協力したい」と述べた。(日経7/26)


岩上安見氏が経産省官僚古賀茂明氏のインタビューで、明後日28日海江田経産相と話合いをするが、フルオープンでとお願いしてあると語りました。人事のことであるが、オープンにしないと後で云っていないことも云ったと云われるのでとのこと。岩上氏がマスコミだけでなく、マイクロメディアにもお願いします。

また、菅さんは、リーダーの条件のひとつである地位にこだわらないという境地に達したのでは?今の開き直った菅さんは強い。 リーダーのもうひとつの条件は組織を動かす力。本日衆院復興委員会で可決した原発賠償支援機構法案の修正案は、東電側にすり寄った後退案ではないのか、経産省出身の議員がまとめている。とのことでした。

少しずつですが、進んでいるようです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。