プロフィール

schnauzer

Author:schnauzer
脱原発にめざめました。
再生可能エネルギーにも大いに興味あり。
学んだこと、見聞きしたことを綴っていきます。一緒に考えませんか?

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

フリーエリア

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パブリックコメントの締め切り12日(日)18:00

2012.08.10 23:56|国民的議論
2030年の「エネルギー・環境に関する選択肢」に対するパブリックコメントの締め切りが12日(日)午後6時と近づいてきました。
今のところ4万件ということですので、まだまだ足りないと思います。
パブコメはこれまではアリバイ作りだったようですが、数が多ければ政府も無視できないと考えられますので、まだの方は是非意見の表明をして下さい。

国家戦略室>エネルギー環境会議>パブリックコメント募集要領
このサイトから、郵送、Fax、メールを選べます。郵送はもう遅いでしょう。

書くとき、考えるときのヒントですが、
[御意見の概要]に、「即ゼロシナリオまたは2030年前可能な限り早いゼロシナリオ」といったように、3つの選択肢から選ぶならゼロシナリオだが、選択できるなら即ゼロシナリオと意志表示する。

[御意見及びその理由]に「即ゼロシナリオまたは2030年前可能な限り早いゼロシナリオ」ともう一度書いて、その理由を書く。


考え方は、
◆2030年ゼロシナリオは、18年間は再稼働があり、徐々に止まっていくシナリオです。実はその前に各サイトの使用済み核燃料プールが一杯になってしまうことが起こる可能性があります。
18年間原発が温存されるということになれば、原子力ムラの力が生きのびることになり、再生可能エネルギーに注力して国家が動くということが遅くなってしまいます。即ゼロとしても課題が山積みです。
課題の解決策を模索していても策はないと思います。強引にゼロにすることが大切だと思います。そこからすべて始めるべきと考えます。

◆15%シナリオは、再稼働がどんどん進み、2つくらいの原発を新設しなくてはなりません。
どこの地域が、原発を受け入れるでしょうか? あなたの地域が?あり得ない選択肢です。
それ以上は論外。

◆schnauzerは、原発なくても電気は余っている。原発を即止めてしなくてはならないこととして、もんじゅと六ヶ所村再処理工場の廃止、各サイトのプールに保管してある使用済み核燃料を早急に中間施設に移す、原子力基本法改正、原子力規制委員会設置法の改正、原子力規制委員会人事案撤回、原発輸出禁止、省エネ20%以上可能、発送電分離などが必要と書きました。


国民の7割が脱原発依存といわれるには、パブコメが集まっていない気がします。

参考になるサイト
パブコメで未来を変えよう

大地を守る会

GREENPEACE

ISEP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。