プロフィール

schnauzer

Author:schnauzer
脱原発にめざめました。
再生可能エネルギーにも大いに興味あり。
学んだこと、見聞きしたことを綴っていきます。一緒に考えませんか?

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

フリーエリア

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外からの原発のニュース

2012.08.15 23:33|海外の動き
米で原発停止 猛暑で海水温上昇 (8/15 NHK)

記録的な暑さに見舞われているアメリカでは、コネティカット州にある原子力発電所周辺の海水の温度が上昇し、タービンなどの施設の冷却に使えなくなったため、この原子炉を急きょ停止させる事態となりました。

原子炉を停止させたのは、北東部のコネティカット州にある原子力発電所、「ミルストン原発」で、13日午後7時ごろ、2つある原子炉のうちの1つを停止させました

停止させた理由について電力会社では、タービンなどの施設の冷却のため外から引き込んでいる海水の温度が、安全基準で定められている23度8分を超え、上がりすぎたためだと説明しています。
電力会社によりますと、海水の温度が原因で原子炉を停止させるのは、1975年に運転が始まって以来初めてということです。
アメリカでは、先月1か月の平均気温がハワイとアラスカを除いてこれまでで最も高くなるなど、記録的な暑さに見舞われており、猛暑の影響が原発にも広がっています。

ベルギー原子力検査庁トップ、再稼働に「懐疑的」 定検でひびの可能性 (8/13 AFP

【8月13日 AFP】ベルギーの原子力検査庁(AFCN)は8日、原子力発電所の定期検査で原子炉容器にひびが入っている可能性があることが判明したことを受け、8月末まで稼働を停止すると発表した。AFCN幹部は10日、この原発の再稼働について「懐疑的」との見解を示した。

ひびとみられる異常が見つかったのはアントワープ(Antwerp)の北25キロにあるドール(Doel)原発3号機。AFCNによれば6月に実施した定期点検で炉心を覆っている原子炉容器に複数のひびが入っている可能性があることが分かった。同国の仏語日刊紙ルソワール(Le Soir)は、長さ15~20ミリのひびが1か所見つかったと報じている。同紙の報道を否定する情報は今のところ出ていない。

AFCNトップのWilly de Roovere氏は公共ラジオ局RTBFに対し、「私の見解が間違っている可能性はある」と断った上で、ドール原発3号機の再開については「今のところ非常に懐疑的だ」と語った。

AFCNはひびの修理は「実質的に不可能」とみている。また、原子炉容器の交換は非常に強い放射線にさらされる危険があるため、これまでどの原子炉でも試みられたことがない。AFCNは「最悪の場合」の選択肢として同原発の恒久停止についても検討している。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。