プロフィール

schnauzer

Author:schnauzer
脱原発にめざめました。
再生可能エネルギーにも大いに興味あり。
学んだこと、見聞きしたことを綴っていきます。一緒に考えませんか?

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

フリーエリア

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海江田万里 号泣 その後関西へ

2011.07.30 19:51|脱原発
毎日突っ込みどころ満載な動きがあります。

昨日29日、総理大臣の記者会見が地上波で見られないので、BSフジのプライムニュース内で冒頭を見ました。
いくら不人気であるとはいえ、一応総理大臣の記者会見なのですから、テレビ中継をするのがマスコミの責任だと思います。
が、昨今のテレビの劣化には目を覆うものがあり、何を望んでももう無理というていたらく。 NHK料金も支払いたくないというのが本音です。国民はバカにされていますよ。

記者会見の内容は、脱原発から少しトーンが下がってしまいました。
総理個人の「原発がなくてもやっていける社会」」の実現という考えを、「エネルギー・環境会議」で、反原発と原発推進の二項対立を乗り越え、意味のある議論をする、「減原発」を政府の方針としたということです。
まあ、政府としては、複雑に絡みあってしまっているムラの塊をすぐに解きほぐすことも出来ないので仕方ないのかなと思います。もうこの力のない政治家たちに任せておられん。という気分です。

原発に対する議論は、個人のレベルにおいては、賛成か反対かの二項対立だと思っています。
中間派とか、エネルギーが確保されたら原発にバイバイすればよいというのはあり得ません。
自戒を込めて云えば、そういう風に長いものに巻かれて黙ってきた国民の能天気さが、この国の劣化を招いているし、こういうことを自分の中で決められない人はよく考えて決めなければなりません。

エネルギーについて自分で考える時代がやっとやってきました。 原発がやはりほしいと決断した人は、将来もしあったら原発からの電気を使って下さい。 schnauzerは少々高くても原発からの電気が入っていない電気を使います。

さて、ウオッチしている海江田経産相が、泣いています。(よく泣きます)
NHKニュース 
何なんでしょう。やることなすこと菅さんに梯子を外され、その確執に悩むかわいそうな人というおかしな論調もあります。
文系で漢文が好きなこの人は、原子力については何も分かるはずもありません。そこへ原発事故がおこり、勉強する暇もなく経産省から云われるままにアヤツラレテしまっているのなら、今こそ自分の未熟を反省し、経産省内の原発推進派を更迭して脱原発の道を歩むべきです。今泣いている場合か!自分の考えを明らかにせよ。

この御仁は、一昨日経産官僚の古賀氏と初めて会い、外の方が活躍できるのではと云ったものの、人事については先延ばしにしたようです。 辞めさせるなら辞めさせよ。 意気地なしですね。今こそ、こういう官僚を使って官僚改革が出来る大きなチャンスなのではないでしょうか。この御仁のいる世界の所謂「男をあげる」ことになると思いますが・・・。

散々泣いた後、夜は、復興対策本部を欠席し関西に飛び、小沢元代表と「つじ恵衆議院議員を飛躍させる会」に出席したそうです。 これはダメですなぁ~。

プルサーマル計画などをめぐる国主催の住民向けシンポジウムで、経済産業省原子力安全・保安院が中部電力以外に四国電力に対しても、参加者に「やらせ質問」をさせるよう求めていたことが29日分かった。他の電力会社でも、社員などにシンポジウムなどへの参加を要請したことが判明。(7/29毎日)

中部電力の件は、どうも電力会社から出てきた情報のようですね。電力会社の社員の中にも、原発反対の人はいるでしょう。 この手のリークが続く予感。

この事実関係を調べる第三者委員会設置は、事務局は同省大臣官房に設置、委員長は法曹界から選ぶ方向で調整中とのこと。 
まだ、分かっていないらしい。外部組織にせよ。

原燃社長、核燃サイクル見直し論をけん制
日本原燃の川井吉彦社長は29日の定例会見で、「原発抜きに国民生活、産業活動、国力の維持、発展は考えられない」と述べ、あらためて原子力の重要性を強調した。菅直人首相の「脱原発」表明を受けた発言で、核燃料サイクルについても「原発の屋台骨を支える必要不可欠な事業だ」と見直し論をけん制した(7/30 デーリー東北)

巻き返しの動きも活発になります。
この方の発言を少し添削して遊ばせていただきます。
原発抜きに原子力ムラの国民生活、原子力産業活動、原子力ムラ国力の維持、発展は考えられない」と述べ、あらためて原子力の重要性を強調した。菅直人首相の「脱原発」表明を受けた発言で、核燃料サイクルについても「原発の屋台骨を支える必要不可欠な事業だが破綻した事業だ

ここまで書いたらまたニュースです
九州電力玄海原発(佐賀県)の説明番組をめぐる「やらせメール」問題で、同県の古川康知事は30日、番組放送数日前に九電の当時の副社長らと面会し「番組で原発の再稼働を容認する意見を出すことが必要だ」とやらせ投稿を促すような発言をしていたことを明らかにした。(7/30 TOKYO web)
九電が「やらせメール」を指示したのは、この翌日だったそうです。これはどこからのリークだったのでしょうか?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。