プロフィール

schnauzer

Author:schnauzer
脱原発にめざめました。
再生可能エネルギーにも大いに興味あり。
学んだこと、見聞きしたことを綴っていきます。一緒に考えませんか?

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

フリーエリア

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脱原発市民が野田首相へ要望書 補佐官へ

2012.09.12 23:57|市民運動
本日9/12 首相官邸前で脱原発を訴えている市民団体メンバーなどが、早期の「原発ゼロ」実現などを求める野田首相宛ての要望書を本多平直首相補佐官に手渡しました。

これに先立って行われた記者会見で、原子力資料情報室の伴英幸共同代表は「米国や経団連などの原発推進派が巻き返しを図っている屈していては第2の福島原発事故が避けられない」と述べ、ルポライターの鎌田慧さんは「私たちの後ろには国民の声があり(野田首相は)素直に聞かなければならない」と強調した。(9/11 共同

飯田哲也 [環境エネルギー政策研究所(ISEP)所長]
鎌田慧 [さようなら原発1000万人市民の会呼びかけ人/ルポライター]
ミサオ・レッドウルフ [首都圏反原発連合]
原田裕史 [首都圏反原発連合]
佐藤潤一 [国際環境NGOグリーンピース・ジャパン事務局長]
満田夏花 [国際環境NGO FoE Japan]
藤本泰成 [平和フォーラム・原水禁事務局長]
伴英幸 [原子力資料情報室事務局長]
海渡雄一 [脱原発弁護団全国連絡会代表/弁護士]
千葉麗子 [実業家]
吉岡達也 [ピースボート共同代表]
他には、後藤政志氏、河合弘之弁護士、渕上太郎氏など

ミサオさんが要望書を読み上げ本多補佐官に渡し、各人が一言ずつ述べた後、先日schnauzerもした署名を満田さんが渡しました。

要望書
2012年9月12日

内閣総理大臣 野田佳彦 殿            

1.国民の意思に従い、新しいエネルギー基本計画における可能な限り早期原発ゼロ実現の確約
2.大飯原発の即時停止
3.原子力規制委員会人事白紙撤回



政府は、この夏「エネルギー・環境に関する選択肢」を国民に示し、「国民的議論」として、全国での意見聴取会、討論型世論調査、そしてパブリックコメントの募集を行い民意を問いました。

その結果は、総理自身がよくご存じのように、意見聴取会では約7割、パブリックコメントでは約9割の人々が「2030年までのなるべく早期に原発比率をゼロに」という「ゼロシナリオ」を支持、約8割の人々が即時原発ゼロを求めました。

総理には、この結果を受けて新しいエネルギー基本計画に2030年よりも可能な限り早期の「原発ゼロ」を明記する義務があります。なぜなら、それは、「原発ゼロ」という選択肢を総理が責任を負う政府自らが国民に提示し、政府自らが決めた方法にのっとり国民が「原発ゼロ」を選択したからです。

もしも、それの義務を果たされない場合、総理は自らの言質を偽り、国民を裏切り、民主主義を踏みにじった総理大臣となります。

一方で「関西地域で今夏、大飯原発を再稼働させなければ電力が不足する」ということが事実に反することも明らかとなりました。この間、一貫して大飯原発再稼働に反対をしてきた私たちは、改めて、大飯原発の即時停止を求めます。

すでに、電力不足という根拠を失った今、破砕帯問題をはじめ専門家から指摘されている深刻な安全性の問題を無視し大飯原発の稼働を続けることは、福島第一原発の事故後の社会において、総理自らが住民の生命と財産を故意に危険にさらす決断をなされたこととなります。

また、私たちは原子力規制委員会人事案の白紙撤回も要求します。福島第一原発事故を引き起こした原子力推進行政の一端を担い、低線量被曝の影響を軽視する人物が委員長候補となっているこの人事案は原子力規制委員会設置法第7条の規定や政府自らのガイドラインにも反しています。

もしも総理が官邸前の抗議行動や多くの署名活動を無視し、国会の同意さえなくこの人事を強行されるなら、もはや民主主義国の総理とは言えないのではないでしょうか。

私たちは、未だ「収束」とはほど遠い福島第一原発事故の現状と、今も16万人もの人々が避難生活に苦しんでいる福島の現実に対して総理が真摯に向き合い、民主国家の総理として最低限の義務と責任を果たし、人として最低限のモラルを守られることを求めます。

以上

原子力資料情報室、国際環境NGOグリーンピース・ジャパン、国際環境NGO FoE Japan、さようなら原発1000万人市民の会、環境エネルギー政策研究所、ピースボート、首都圏反原発連合、フォーラム平和・人権・環境、原水爆禁止日本国民会議、グリーン・アクション、経産省前テントひろば



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。