プロフィール

schnauzer

Author:schnauzer
脱原発にめざめました。
再生可能エネルギーにも大いに興味あり。
学んだこと、見聞きしたことを綴っていきます。一緒に考えませんか?

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

フリーエリア

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

schnauzerの遠吠え

2012.09.23 00:46|その他
先日、10人ほどのあまり親しくない人々と食事をする機会があり、最後の方で話が尖閣諸島の話になりました。

年上の男女が、日本は領土問題に積極的に発言すべきとか、国有化はちょうどよい機会だったのではとする意見が多くて、びっくり。

新聞とTVから情報を得ていると、とても恐いことになるなと感じました。

挙句の果て、ある男性が「日本も原爆を持てばいいのに~」と宣ったのにはかなり驚き、思わず「私は脱原発なんですけど・・!!」と云ってしまいました。隣の女性が「私もこの地震国に原発はいらないわ」と呼応してくれたのでよかったのですが、何だか白けさせてしまったかもしれません。直ぐお開きになりました。
全く後悔はしていないのですが・・・。

日本では、いつの頃からか、政治の話はタブー、まして原発の話なんて~でしたが、フランスでは人々は政治の話が一番好きで、どこでも誰でも政治の話をしているということです。恐らく市民が政治家を動かしているという自覚であるのでしょう。

原爆と原発を同じと考えてこなかった自分を反省し、政治をもっと身近なものとして、どこでも誰とでも語りあえるような社会がこなければ、原発ゼロにはならないと痛感した日でした。

あの男性は選挙で自民党に投票するだろうな~~。原発について議論して、日本には原発も原爆も必要ないと説得できないのでは、脱原発と吠えていても、イヌの遠吠えに過ぎないのかも。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。