プロフィール

schnauzer

Author:schnauzer
脱原発にめざめました。
再生可能エネルギーにも大いに興味あり。
学んだこと、見聞きしたことを綴っていきます。一緒に考えませんか?

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

フリーエリア

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が選挙区から脱原発を掲げて出馬する方に会いました!

2012.10.01 22:42|2012衆院選・脱原発議員
世は非常に動いていてブログが追いついていませんが、28日(金)下記集会に参加してきました。

2012/09/28 女が変える!政治も暮らしも原発も!「第4回女たちの一票一揆」(参院議員会館)
■女が変える!政治も暮らしも原発も!
「第4回女たちの一票一揆」

日時:9月28日(金)14時~17時
場所:参議院議員会館講堂(300人収容)

内容:
〈第一部〉福島からの叫び~9月14日の政府間交渉の報告、福島の女たち多数発言
〈第二部〉一票を生かすために / 選挙に向けてできること
(選挙区ごとに分かれて相談します。自分の選挙区の立候補予定者の資料をできるだけご持参ください)
参加費:資料代として500円

※今回は女性限定です。メディアの方も女性でお願いしております。
※申し込みは不要です。直接会場にお越しください。
※13:30より参議院会館入口で、入館証を配布します

代表世話人:泉かおり、谷田部裕子、木村結

少し遅れて(第一部)の途中から参加。9/14の政府間交渉の報告が福島の女性からありました。

福島の復興は、除染や子どもの健康のこと、そして、一部自治体が地域ごと一時期移動することを決めたという報道以外は、具体的にどうように進んでいるのかよく分かりません。報道もめっきり少なくなりました。
福島の女性たちは業を煮やして、直接に政府交渉をしたようで、その報告会でした。

様々な要求が、多岐にわたっているものを、福島みずほ議員の事務所でジャンル分けしてもらって各省庁に申し入れたとのこと。

例えば、復興庁には公的は避難用宿泊施設をつくってほしいとか、県内、県外自主避難者へ公的支援をしてほしい等々。

また、厚生労働省には甲状腺検査におけるセカンド・オピニオンを保障してほしいとか、被ばく手帳または健康管理手帳を配布して、継続的なデータの確認ができるようにしてほしいとか、県内、県外の子どもも大人もホールボディカウンターで検査をうけさせてほしい等々。

文科省には、プールを屋内プールにしてほしいとかエアコンを設置してほしい等々。

国土交通省には、避難先から福島への移動の交通費を支援してほしいとか、二重ローンについての対策を何とかしてほしい等々。

総務省には、住民票を移さないで・・・などの手続きのことや、避難中の人に対する情報について。

消費者庁には食品にベクレル表示をしてほしい等。

屋内プールやエアコンについては地元議会相手では進展しないことが、直接に政府と話し合ってみると、申請すれば支援策があるということを知ったということです。申請は少ないとのこと。
予算が余るわけです。

また、二重ローンなども資料をもらう事が出来たということです。

そして、復興庁の役人は、福島の人と話す機会がないので要求が分からないということだったとか・・・。

立ち上がった女性たちが、それぞれの地元で、どうしていったらよいのかを考えていってもらいたいと思います。
そういう場を地元ですこしずつ広げていって、大きな声にしていくのがよいと思います。

当事者でないと分からないことがあります。少なくともschnauzerには、現状を知らないので立ち入ることは出来ません。そして、この日の女性たちも、広く皆さんからアイデアを出してくださいとのことでしたが、何か余計なことを言うと怒られそうな感じもしました。切羽詰まっているのだと思います。
もちろん出来ることがあったら何でもいたしますが・・・。

後半は、参加者が選挙区別に分かれて、選挙の時に何をしていくかという話合い。
schnauzerの選挙区では、次の選挙に脱原発を表明している議員がいないので、誠に困っています。
ところが、我が選挙区で、グリーンアクティブ「緑の日本」から丸子安子さんが脱原発を掲げて立候補するとのことで、本人がいらしていたのです。これは凄~いことではありませんか。

schnauzerとしては、大いに歓迎するところです。丸子さんの出馬宣言はこちらをどうぞ。
Blog maarenca マーレンカ 
エネシフジャパン「脱原発と総選挙」2/2 この動画の7分くらいから丸子さんが、選挙への熱い意気込みを語っています。その後話をしている山口あずささんも先日いらしていました。
丸子さんは、これまでの政治家とは異なった新しいタイプではないでしょうか。これまで選挙に行かなかった層が一票を投じるようになってくれればいいですね。

先日東京新聞が、選挙にお金がかかるという記事を載せていました。供託金600万円がまず必要だそうです。
これは諸外国に比べて非常に高く、被選挙権の行使へのハードルになっているようです。

選挙が遠のいているという憶測がありますが、3ヶ月か半年かこれからの準備がなかなか大変だと思います。
それから、よく話を聞く機会があればいいと思いますね。
我が選挙区には共産党からも出馬するようですのですが、どうなんでしょう。

「緑の党」やら「緑の日本」、「みどりの風」など緑が沢山ありますね。
一緒に脱原発党を掲げてやってくれると分かりやすいと思いますし、票も集められるでしょうに・・・
それはそうはいかないのでしょうね。政治の世界だわ~~。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。