プロフィール

schnauzer

Author:schnauzer
脱原発にめざめました。
再生可能エネルギーにも大いに興味あり。
学んだこと、見聞きしたことを綴っていきます。一緒に考えませんか?

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

フリーエリア

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脱原発議員

2012.12.04 22:03|2012衆院選・脱原発議員
これから脱原発議員リストを更新いたします。選挙の参考にしてください。

リストの元になる指標は以下のサイトを参考にしました。

「さようなら原発1000万人署名」→通販生活
民主党内の「再稼働反対を求める署名」→通販生活
「原子力規制委員会人事案反対署名」→FoEの呼びかけに応えた緊急署名
超党派「原発ゼロの会」
「脱原発基本法案」提出・賛成・賛同議員
反TPP→STOP TPP
消費税増税に反対した議員
「脱原発基本法」賛成の議員に黄色で色かけ

これまでの脱原発に対する行動や意思表示反TPPと反消費税増税の議員そして「日本未来の党」、「社民党」の議員は基本的にはブルーの優等生にしました。

民主党の脱原発議員は残り少ないですがいないわけではありません。
しかし、党議拘束をかけられたら、脱原発法に賛成することも出来ないのではないでしょうか。数も少なくどうして離党しないのか不思議です。よいポストでも保証されているのではと疑いたくなります。尊い一票が無駄になるような気がしてなりません。要注意です。

schnauzerの選挙区には昨日「日本未来の党」から新人が立候補しました。「共産党」と「日本未来の党」の選挙戦をよく見て、有効票としたいと思います。

「日本未来の党」「新党大地」「社民党」には積極的に、次は「共産党」を選ぶことは「脱原発」への近道ではないでしょうか。
また今度の選挙は、国際社会での日本のあり方も問われています。60数年前まではアジアの中で非常に怖れられていたこの国が、どういう道を辿っていくのか?原発をどう扱っていくのか?を、アジア諸国は注視していることも

4日午後9時過ぎには、まだ比例候補の全体像が分かっていませんが、ここまででUPします。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。